2016年09月29日

トクホ全製品、成分調査やり直しへ 消費者庁が指示

こんにちは、ソノキニです。

トクホ全製品、成分調査やり直しへ 消費者庁が指示
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000102-asahi-soci

消費者庁が舐められていることに気づいたのか、少し本気を出してきました。
でも、厚労省との差はいかんともしがたいです。
(医薬品の許認可を握るとの差は当然ですが)

>トクホの制度では当初は許可が4年更新でその都度、試験結果を審査していたが、
>規制改革で97年から永久許可制となった。岡村和美・同庁長官は
>「現制度では企業の良識に期待せざるをえない。製法や原料などの事情が
>変わればすぐに報告すべきだ」としている。

おそらく医薬品では、製法や原料が変わる場合は、報告がされているはずです。
しかも前もって。

>同庁によると許可済みの製品のうち約半数がすでに市販されていないとみられ、
>その場合は許可を取り下げる「失効届」を出させる。

トクホになっても、売れなかった商品が割とありますからね。
メーカーがいろいろとつくりますが、十分なアナウンスが市場で
できているとも思えませんし、少し専門的になると、
消費者はしっかり聞かなくなります。

値段も高いですしね。

消費者庁は本気モードっぽいですが、さてトクホの許認可を出す実体は
どんななんでしょうね?(知る人ぞ知る)

トクホに過剰な期待はしてはダメですからね。
posted by ソノキニ at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

トクホ、初の取り消し…報告怠り「悪質性高い」

トクホ、初の取り消し…報告怠り「悪質性高い」
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00050093-yom-soci

>消費者庁は23日、日本サプリメント(大阪)が販売している特定保健用食品(トクホ)の
>サプリメント「ペプチドエースつぶタイプ」など6点が、関与成分の含有量が
>必要な量を満たしていないなどとして、表示許可を取り消した。

あのダンカンさんのCMで有名な「ペプチドエースつぶタイプ」から、
トクホの看板が外されます。

>同庁は「2年以上報告を怠り、悪質性が高い」としており、異例の取り消しに踏み切った。

上手にできなかったんでしょうね(笑)
お役所というのは・・・ね。

ま、それはさておき、この記事のポイントが見えていますか?

トクホの看板を外された理由は、

>同庁によると、商品にはカツオ節由来の関与成分が1日摂取目安量で
>5ミリ・グラム含まれるとして、「血圧が高めの方に適した食品」と表示していた。

>しかし同社が自主検査したところ、5ミリ・グラムに満たないことが2014年3月に判明。
>「糖の吸収をおだやかにする」と表示した別の商品では、
>関与成分が含まれていないことが分かり、合わせて今月15日に同庁に報告していた。

効き具合とかではなく、関与成分の含有成分が少なくて、
悪質だからという理由です。

ぶっちゃけ、どれぐらいの効果(厳密には、効果ではありませんが。)があると
判断して、トクホの許可を出してたんでしょうね。

ちなみに、薬を販売している生業をしているとわかるのですが、
「厚生労働省」と「消費者庁」では全然重みが違いますからね。

トクホがすごくいろいろと出ていますが、ちょっとどれも効き目に関しては、
疑ってみてちょうどいいと思います。プラシーボ効果がほとんどのものも
あるかもしれませんね。

それと、こういったことをやったメーカーのことを覚えておくと
いいかもしれません。

でも、健康食品メーカーは割と別会社をもっていたり、
看板の付け替えで、同じ人たちが手を変え、品を変えやってくるので、
わかりづらいんですけどね。

posted by ソノキニ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国

こんばんは、ソノキニです。
こういったのは、アメリカの方がだいぶ進んでいる気がします。

「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000017-jij_afp-int

>米食品医薬品局(FDA)は2日、19種類の殺菌剤を含有する抗菌せっけんなどの
>販売を禁止すると発表した。通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、
>健康に悪影響を及ぼすリスクがあると警告している。

販売禁止にするというところが素晴らしいですよね。
日本だとそこまでは踏み込まないかもしれません。

>19種類の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは抗菌効果をうたう固形せっけんや
>液体せっけんに広く使用されているが、免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

日本で代表的な商品と言えば、これでしょうか。



トリクロカルバンが配合されています。
以前、銀の抗菌効果についても一騒動ありましたよね。

抗菌グッズとかも、本当はどれも相当怪しいのでしょうね。
下手に抗菌グッズに頼るよりも、自分の免疫力を落とさないことの方が
大切だと言えます。

>免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

細菌がいても、対応できればいいですからね。
実際は、細菌に囲まれて生きているわけですから。

ミューズお使いの方は、普通のせっけんを使った方がいいかもしれませんね。



無添加って、ひょっとしたら、人間の身体の邪魔をしないという面も
ありそうですね。
posted by ソノキニ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

MEC食をやりはじめて、約1年経ちました。

こんにちは、ソノキニです。

早いもので、MEC食をやりはじめて、
1年ほど経過しました。

卵とチーズと肉を食べるのが、もう習慣になったので、
大変さはありません。

ただ、料理のバリエーションがないので、ありきたりになってます。

渡辺徹、週に3回の人工透析・・・成人病のデパートに
⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160730-00511059-shincho-ent

渡辺徹さん、大変みたいですね。

私も父が人工透析ををしているので、その大変さは身近で感じています。
自分だったら、週3回、1回4時間はつらいですね。

腎臓がいきなり悪くなることもあるかもしれませんが、
やはり糖尿病からくることが割合として高くなります。

糖尿病はやはり糖の摂り過ぎからきますので、
それの用心が必要です。

糖を摂り過ぎてはいけないと言っても、あくまでも過去の自分を相対化する
だけではあまりうまくいかないと思います。

私もついつい、前に比べたら摂っていないからと言い訳して(笑)、
食べてしまうことがあります。

「糖質を制限する」という風に構えると、どうしても大変さが
先にきます。

ですから、渡辺先生が言っておられるように、先に肉と卵とチーズを
食べてください。それから、どうしても食べたければ食べるというとこから、
スタートするといいです。

お米や麺類、パンを抜いたとしても、調味料を含めて、
いろいろと糖質は必ず摂取しています。
今の日本で、完璧に逃れるのは難しいです。

健康のためにたまねぎを大量に食べている人もいますが、
糖質の摂り過ぎを危惧してしまいます。

糖尿病になってからはじめるか、糖尿病にならないように、
たった今からゆるやかにでもはじめるか?


ソノキニは実感を込めていいます。


1年なんてアッという間です。

やろう、やろうと思ってるだけで、数年すぐに経ちます。
あなたの摂った食事で、あなたの目、皮膚、脳、血管、心臓、腎臓、肝臓が
つくられています。

糖の摂り過ぎと認知症も無関係ではありません。
糖のコントロールしてください。



1000円ほど払って、おいしいラーメンを食べたくなる気持ちもわかりますが、
数百円で、健康の知識を、1回だけ、たった1回だけ買ってみませんか?

私の経験の範囲であれば、何でもお答えします。
いつでも、コメントしてくださいね。
posted by ソノキニ at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

大麻の議論の助けになるのか?

こんばんは、ソノキニです。

大麻の成分、脳の神経回路を破壊…阪大チームがメカニズム解明
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00050032-yomidr-sctch

大麻というのは、たまに議論になります。
「たばこよりも身体に悪影響がないのだから、合法化すべきだ」
という人もいれば、

「いやいや麻薬なんだから、合法化したらダメでしょ」
という人もいます。

>「カンナビノイド」と呼ばれる物質で、幻覚や鎮痛の作用がある。
>日本では大麻取締法で所有、栽培、譲渡などを禁止されている。
>一方、欧米では医薬品として合法化する動きが広まっており、
>大麻が脳に悪影響を及ぼすかどうか、詳しいメカニズムは分かっていなかった。

>チームは、マウスにカンナビノイドを注射する実験を実施。
>その結果、正常なマウスでは、脳の神経細胞から延びた突起が、
>回路のようにつながっているが、注射したマウスでは突起が減ったり、
>消えたりすることを確認したという。注射した量が多いほど
>突起の消える割合が多かった。

神経細胞に悪影響を及ぼすということが、マウス上では確認されたようです。
ただ、神経細胞への悪影響というのは、偏った食生活でも起こりそうなので、
何ともいいづらい部分はあります。

また、現在使用している医薬品の中でも、神経細胞の悪影響を調べたら、
見つかるものもおそらくあるでしょう。

ですから、この実験結果が大麻の議論に大きな助けになるかは微妙ですが、
こういった影響があるかもしれないということは知っておいた方がいいですね。

大麻は嗜好性が出てくると思うので、別の麻薬にエスカレートしそうなのが、
怖いですよね。

この意見に関して、「大麻が合法化されれば、覚醒剤の使用が逆に減る」と
指摘する人もいます。わかる気もしますが、
それは現実的に把握が難しそうなので、微妙な気もしますが。

まぁ、危険ドラッグや麻薬には手を出さないことです。
何が起こるかわかりませんからね。

追伸:糖質やグルテンの摂り過ぎも、当然神経に悪影響を与えるでしょう。
   ケトンという言葉の理解はしておいた方がいいです。特に40代以降は。
   すごく一般の人向けに書かれています。おすすめですよ。
人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる
posted by ソノキニ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする