2007年03月30日

鉄に勝つ!

タイトルには特に意味はありません・・・

ブログにコメントいただいた「モチコさん」の返事と共に、
「鉄」について今回は書きます。

まず、主な働きは、
赤血球に存在し、酸素を運ぶことです。
極端に言えば、呼吸をしていても、鉄がないとムダです。

主な欠乏症状は、
貧血、蒼白、疲労、動悸、虚弱、発育・認識障害、作業能力・体温調節力の低下などです。

ここからが、「モチコさん」への回答になりますが、
すこぶる役立ちます。大変勉強になりました。

 質問は、以下の通りでした。
あと鉄分を飲んでみようかと思っているのですが、ネットで鉄分について調べていたら「鉄分は本当に必要な人以外が飲むと危ない」といったようなことが書いてありました。

まず、鉄の1日これだけ取って欲しい量(1日の必要量)は、
「7.5mg」(30歳〜49歳男性、女性はもう少し多く)
上限量(過剰摂取による健康障害をおこすことのない栄養摂取の最大量)は、
ナ、ナント「55mg」

えっ!

小林製薬のサプリを例にとると、1日2カプセルで4.8mg
とれるそうです。1日20カプセル飲んでも48mg。

そういう間違った飲み方をしても、まだ健康障害をおこさない摂取量です。

何を根拠に本当に必要な人以外が飲むと危険と言っているのでしょうか?
不思議です。

それと、身体の構造について、鉄の吸収は厳密に調節されているらしく、貯蔵量が十分な場合は、吸収率が低下します。従って、鉄の毒性というのは、きわめて稀であるようです。

一部、ヘモクロマトーシスと呼ばれる遺伝的欠損がある方は、鉄分がすくないために、過剰吸収を引き起こし、臓器に損傷をあたえることがあるようです。

また、動物性の鉄である「ヘム鉄」は約25%程度吸収されますが、植物性の「非ヘム鉄」は5〜7%の吸収量です。

現代人の食生活、特に女性は生理のリスクもあります。
どれだけ、鉄分が補給できているのでしょうか?

いわゆる、普通のサプリは、1日に必要な量の約半分ほど。
しかも、その10倍とってもまだ許容量である。
しかも、鉄が足りていると、吸収量を身体のほうが落とす。

なんで、普通の人が飲むと危険とか平気で言う事ができるのかが
とても理解できません。

文献のちょっとショッキングな内容をひっぱり出してきて、
さも詳しいように名乗り、人を不安にさせてる人が多い。

危険性をいうのは、とても大事なことです。

でも、ちゃんとそのリスクの発生源を言わないのは卑怯です。

鉄のサプリメントを用心のために飲んでもらって全然かまいません。
個人的に大変勉強になる質問でした。ありがとうございます。

参照文献:「日本人の食事摂取基準(2005年版)」
posted by ソノキニ at 11:06| Comment(4) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

寿命を1.5倍に延ばす?

みなさん、長生きしたいですか?

私は、そこそこでいいです。(笑)
でも、楽しく・元気で、逝くときはあっさり!

そのためにぜひとも知って欲しいことがあります。

とある方がとても面白い実験をしました。

動物の腸内細菌を「0」にする。

そうすると、寿命が1.5倍になったそうです。何種類か別の動物でやっても同じ結果が得られたそうです。
と、すると人間も腸内細菌を「0」にすれば・・・

そりゃ、無理です・・・

しかし、腸内細菌の環境悪化が身体に悪いことがわかります。
腸内は最近、いろんな事がわかってきて、免疫の大部分をしめることや、アレルギーに関係していることもわかっています。
(整腸剤でアトピーを治そうとするお医者さんもいます)

血圧を上げたり、肌荒れや吹き出物をつくる炎症物質も、腸内でつくられますし、悪玉菌が多いと、細菌毒素・ガス・発ガン性物質などを多くつくられたりします。

だから、腸内を健康に保つことは、大きい病気をしないことにつながります。

もうひとつ!
私がショッキングだったことがあります。
植木等の訃報もショックでしたが・・・

日本人のガンのトップが

胃がんから大腸がんに変わったこと

これは、本当にマズイ!

なぜなら、日本人はストレス社会とか神経を使う社会だとか言って、胃がんが多いと言われていました。(ちなみにピロリ菌の保有率も多いです)

ところが、大腸がんが抜くということは、精神的な事以上に、食生活が悪くなっているということです。
食事のせいでガンになるってかなり由々しき問題と思いませんか?

こわい!

しかも、人間の身体の構造上、「腸で吸収、肝臓にいって全身へ」という経路をたどるので、大腸でガン物質ができれば、全身に運ばれる可能性があります。大腸ガンが多い国は、必然的にガンの多い国になるのです。

整腸を心がけてください。野菜は大事ですよ。
便秘は絶対にダメです!
防風通聖散(和漢箋・ナイシトール・コッコアポetc)は便通を改善して、脂肪をとります。だから、生活習慣病向きなのです。

わかりにくい箇所があれば、何でも聞いてください。
いつも読んでいただいてる方ありがとうございます。
posted by ソノキニ at 10:30| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

食事のとり方

今日もおいしくたべてますか?
ダイエット順調ですか?

今回は、食事のとり方というかタイミングについて、
書いてみようと思います。

まず1日3食というのが、食事回数の基本ですが、1日の食事回数は
身体を飢餓状態と思わせない、すぐ栄養が入ってくるからと
安心して身体にエネルギーを使わせるのが目的です。
陸上の選手やパンクラスなどの、筋肉重視の身体を
作りたい人たちは、1日6食とったりします。
もちろん、1回の食事量は少ないです。
(調味料を使わずに食べるだけでも、かなりのカロリー減)

しかし、回数を重ねる時に気をつけなければいけないことは、

食事と食事の時間です。

接客では、図を書いて説明するので、文章ではわかりづらいかもしれませんが、

朝・昼・夜で、食事と食事の時間を気をつけた方がよいのが、

昼なんです。

朝7時に食事で、昼12時に食事、夜19時に食事とした場合、
時間の間隔が、5時間・7時間・12時間となります。

昼にしっかりとると、朝の食事が減りきらないうちに、補給する形になり、ピークの栄養摂取量が、夜を超える場合があります。

上記の例ぐらいの間隔であれば、大丈夫ですが、2〜3時間以内に食事をとる場合は、量を減らさないとまずいです。

単純に栄養摂取が多いと、脂肪貯金に入りますから、ピークを高くしないようにする。少しの量がダラダラ入る感じがいいです。

また、間食というのは、糖分・カロリーを問題視されますが、
時間の観念からもあまりおすすめしません。後付で前の食事量が増えている形になります。

夜は1日の中で、1番食事量が増えるので、これを気をつけるのが、当たり前ですが、

昼の食事を考えてみるのもおすすめです。

それと、野生の動物で肥満は、私の知る限りいません。

それは、お腹が減ってから、食べるからです。
しかも、お腹が減ってから、探すので運動も万全です(笑)

あんまり減ってないのに食べてませんか?
口さびしいから食べてませんか?
食べようとする時に、

「本当に本当に本当にお腹減ってる?」って

自問自答してから食べても、遅くないです。(笑)

追伸:和漢箋 防風通聖散錠、絶好調に売れてます。

薬・サプリその他、ドラッグストアで売ってある商品どうなの?
っていう質問でもオッケーです。お待ちしてます。
posted by ソノキニ at 11:24| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

エーザイ「ハイガード」

花粉症でお悩みの方も多いと思います。

エーザイさんの「ハイガード」という薬の問い合わせが目立つので、それについて書きます。

この薬は以前、3月5日に書いていますが、この薬剤に限って少しスポットをあててみます。

この薬は病院名「アゼプチン」といいまして、去年の年末にスイッチOTC(病院用の医療用医薬品が市販で売れるようになること。OTCはover the counterの略)された薬です。1錠あたりの配合量は「アゼプチン」2錠で2mg、「ハイガード」4錠で2mgとなっています。1錠あたりは半分になっていますが、摂る量は一緒になるので、あまり変わりません。

抗アレルギー剤というのは、抗ヒスタミン剤とは違い、ヒスタミンだけではなく、ロイコトリエンという神経伝達物質も抑えるのです。

今までの、市販の鼻炎薬等は、ロイコトリエンを抑えるものがなく、鼻づまり対策が血管収縮剤に頼るしかない状況でした。

ヒスタミンは素早く動くのに対して、ロイコトリエンはゆっくり動きます。そして、ロイコトリエンにも種類があり、1回出ると、仲間のロイコトリエンを呼ぶために、症状が慢性化しやすいんです。だから、ロイコトリエンに対抗する薬が市販で売れることはとても大きいことです。

ですが、この「ハイガード」は服用後の効き方が遅い。飲んで5時間後が大体ピークになるので、効き始めるのは服用後3時間後ぐらい。だから、人によっては全く効かないと感じる方もおられます。ただ、終わりの方は急激に効き目が落ちることもなく、しっかり効いてくれます。

症状が1番ひどくなる前に、毎日2回服用し続け、身体に仕込みをする必要があります。それが、できればかなり楽に過ごせるとおもいます。やはり、3週間〜1ヶ月は必要です。

ちょっとお得なのが、今年の花粉症対策として、「ハイガード」を服用したとすると、来年は少し出にくくなっています。飲む価値あるとおもいませんか?

「ハイガード」にはないですが、「アゼプチン」にはアトピー性皮膚炎の効能書きがあります。年中、皮膚のかゆみでお悩みの方にも、向いているかもしれません。原因にも寄りますので、一概には言えませんが。

眠気ですが、従来の市販の鼻炎薬で問題ない方は、大丈夫だと思いますが、弱い方は気をつけてください。

薬の飲み合わせも心配いらない薬ですが、眠気の面と肝臓・腎臓が弱い方は、慎重にお願いします。

医薬品購入の際は、医師・薬剤師の指導の下にお願いします。

追伸:やっぱり長くなった。(笑)これでも、まだ説明が足りないかも?

posted by ソノキニ at 08:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

進歩はめざましい!

アディポネクチンって知ってますか?

新しい食べ物ではありません・・・(笑)

あんまり知られていませんが、脂肪細胞は脂肪の貯蔵庫としての機能だけではなく、内分泌系としての役割も果たしています。

内分泌系というのは、いわゆるホルモンです。以前とりあげた「インシュリン」もそれにあたります。特定の臓器で製造され、特定の場所でしか効かない化学物質です。

脂肪細胞自体が、こういったものを出すというのは、本当にここ最近わかってきたことで、これが、動脈硬化やその他の疾患を起こします。

脂肪細胞は、悪玉と善玉のアディポネクチンを分泌しています。悪玉が動脈硬化を引き起こし、善玉が治したり、予防します。

はっきりと細かいメカニズムはわかってませんが、脂肪細胞に脂肪が貯まると、善玉の分泌が減って、悪玉の分泌量が相対的に増えるのです。それにより、予防効果が薄くなり、どんどん疾患が増えていきます。

善玉の分泌が低い人は、糖尿病が4倍、心筋梗塞が3倍、正常な人よりもリスクが高くなるそうです。

メタボリックシンドロームがなぜいけないのか?

という答えには、「生活習慣病を引き起こすから」という答えしか、聞いたことないと思います。でも、こういったメカニズムがあるのです。

とくに、身体全体にある脂肪細胞が、この働きを使うとすると、脂肪を抱える事が、どれだけ疾患リスクを高めるか、ちょっと考えるだけでも怖いです。

ダイエットはやっぱり、健康になることだと、改めて思います。

もし、聞きづらい質問等があれば、メルアドの方に送ってください。デリケートなこともあるはずですので・・・
posted by ソノキニ at 10:29| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ショッキング!?

実は、伝えなければいけない事があります。

それは、私は薬剤師ではありません。
(民間の資格はもっていますが)

いつも良くしていただいている未宇緒さんのブログに書いてあったので、今のうちに公表しておきます。

薬剤師と信じてごらんになっていた方には、大変申し訳ないです。

しかし、実はこれは私が普段から思っていて、書きたかった内容でもあるのです。

現実と思い込みの差異があります。

一般的に、薬屋では薬剤師が必ず販売していると思われていますが、そんなことはありません。もちろん、薬剤師の登録がないと、出店できませんので、登録はなされています。
(厳密にいうと、薬種商という資格もあり、これも出店できます。薬剤師と比べて、調剤ができない。指定医薬品の販売もできないという点が違います。以下、薬剤師と書いてある部分は薬種商も含みます)

国の法律では、薬剤師がいないと薬を販売することはできません。例えば、19:00に薬剤師が家に帰ったら、法律上、どんなに苦しんでいる人がいても、薬を販売できません。(置き薬が販売できるのが、納得いかない)薬事法違反です。でも、実際は売られています。薬剤師もそんなにいないので、接客する人が違うと薬剤師から買っていない事もあるはずです。

但し、私が問題にしたいのは、こういった現状というよりも、薬のこと、からだの事をあんまり知らない人間が、薬を売る事です。

以前、私の後輩が他の薬局に試しに、ステロイドを買いにいったところ、「これはステロイドではありません」といいはったそうです。知らないのはまだしも、調べることすらしない。

また、薬剤師も実はあんまり、薬をしらない。体の事は、もっと知らない。もちろん、詳しい方も大勢いることも知っています。
(パブロンの成分、一つ一つがわかっても、どういった症状に向いているかはわからないといった感じです)

私の、この業界のメンターがいるんですが(私が勝手に思っているだけです)、この方が勉強会で教えていただいて本当に感謝していることがあります。この方はお医者さんですが、
@「医者のいうことは信用するな」
A「自分への投資は常に怠るな」
ということです。

@に関しては、「あなたも医者でしょ?」と心で突っ込みを入れたのですが、その方がよく言われたのが、「医者で、免許とって勉強しているのは少ない。毎日、毎日医学は進歩しているだから今まで当たり前だったことがコロコロ変わる。だから、日ごろから勉強していない。最新の状況を知らない医者は信用するな」ということでした。

これは、薬剤師にもあてはまり、私は薬剤師に薬を教えています。(笑)くれぐれも、薬剤師が無知といっているわけではありません。私の会社にも、恐ろしく詳しい薬剤師がいます。勉強量も半端ではありません。私の認識不足も多聞にあります。
(ちなみにアメリカの薬剤師は資格をとっても毎年試験があるそうです。落ちたら、剥奪。そりゃ、ドライブスルーで調剤できるはずです。)

国は、今回久々薬事法を改正します。これを気に、この現実との差を解消すべく、薬を販売できる資格を拡大させようとします。
もちろん、国家資格なので、試験あります。
私は、この流れには賛成です。ただ、質を落とさないようにして欲しい。

それじゃ薬を買う際に、どういった人が信用できるか?
見分け方があるのか?という問いが発生すると思いますが、

私が思うに、2点あります。これは、自分自身でも気をつけて
いることです。

@体のことを知っていること。
A販売する際に、体の状態を必ず問診すること。


風邪薬だろうが、鎮痛剤だろうが、なんだろうが、症状で違います。それを、一切聞かずにすすめるのは、正直???です。

体の事を知らない人は、問診できません。だって、症状を聞いても体の中で何がおこっているかわからないから。
体の中で、何がおこっているかわからないのに、なぜ薬をすすめられるのが私には不思議です。

薬剤師でも薬をしらない。
薬剤師じゃなくても薬をしっている。
こういう現実があることも知っていてください。

私より、知識がある人が数多くいることをわかっていますが、あえて書かせていただきました。

かなり長文でごめんなさい。最後まで読んでいただいた方に
とても感謝いたします。

何か意見をいただけたら幸いです。
posted by ソノキニ at 10:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

酵素パワー!食べすぎがダメな理由

「酵素」って効いたことありますか?

人間の体は酵素で動いています。体の物質も酵素の働きで変化したり、痛み止めも酵素の働きを抑える事で、効果がでるものもあります。

さて、酵素はいろいろありますが、今回は「代謝酵素」と「消化酵素」に絞ってお話します。

いきなり重要な事を・・・

「代謝酵素」は外からはとれません。

「消化酵素」はとれるけど・・・

だから、「代謝酵素」は自分で作り上げるしかないんです。
但し、つくることのできる酵素量は決まっています。

食べ物をいっぱい食べます。そうすると、体は食べ物を消化するために、「消化酵素」をたっぷりつくり、「代謝酵素」をあんまりつくりません。(「消化酵素」優先です)

食事量を減らすと、「消化酵素」の生産量が減り、「代謝酵素」の生産量が増えます。ですが、食事量がすくないと、根本の酵素の作られ方も変わってくるので、極端に減らすことはできません。(ちなみに、酵素はアミノ酸でできてます。)

では、どうするか?

酵素をとるんですよ。

納豆やヨーグルト、豆腐等の酵素を入っている食品をとるのです。そうすると、摂った酵素を「消化酵素」の方にまわし、「消化酵素」の生産を抑えて、「代謝酵素」の生産を増やすことができます。

一時期、みのもんたの番組で、ヨーグルトにビール酵母を混ぜて飲むとやせるっていうのがありましたが、この理論を使っています。当時、痩せたっていうお客さんがちょっといたのを覚えています。

この考え方を利用した「ファスティングダイエット」は、小川直也、アントニオ猪木、小池栄子、保坂尚輝が実践して成功したと言われてます。

この理論は、立ち読みでかなり熟読し、私もやりました。

プロテインを飲んで、運動をさぼったら、5kg太っていて、体がかなり重かったので、このやり方で、絞りました。

一応、一週間で5kg落ちましたね。リバウンドもしませんでした。詳しい内容は、また後日書きたいと思います。

話が脱線しましたが、腐りにくい食べ物を多くとる人は、比較的「代謝酵素」ができにくいと考えてもいいです。(インスタント系はこの点においては、最悪ですね。おいしいけど・・・)

食生活改善のキッカケにでもなれば、幸いです。
posted by ソノキニ at 14:09| Comment(5) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

マイクロダイエットA

マイクロダイエットの秘密それは・・・

「栄養バランス」です。

な〜んだと思われた方、読んだあと栄養バランスの重要性の認識が変わっているかも?変わらないかも?(笑)

よく栄養バランスをよくしなさいとは言われるものの、なんで栄養バランスをよくしなくちゃいけないかは、そんなの常識でしょ?で流されて、あまり語られない気がします。

いろんな理由があるでしょうが、栄養士ではありませんので、マイクロダイエットが意識した面から、2つだけ紹介しようと思います。

まず、一つ目。
「ダイエット」は健康になるのが、まず基本的な意味合いです。
それじゃ、健康とは何か?これもいろいろ定義づけがありますでしょうが、当たり前に体が機能すると仮定します。

この場合において、栄養1個1個が独立して機能を果たすというのはほとんどありません。だから、ひとつを過剰にとっても、そんなにうまくいくことがないです。

例をあげます。流れ作業で、仕事をしているとします。商品がきます。
(1)ハンダ付け
(2)カバーをかぶせる
(3)商品をダンボールに入れる
(4)商品をトラックに積む
という手順があったときに、

(1)ハンダ付けをする人が94人いて、(2)(3)(4)担当のひとが、2人ずつの場合と
(1)(2)(3)(4)25人ずついる場合とどっちが、早く多く商品を送れるでしょうか?

当然、後者ですよね。(まあ、適切な割合があると思いますが)

つまり、栄養バランスが悪いと、代謝や他の機能がうまく果たせないのです。

簡単にいうと、痩せにくい体質になるわけです。

2つ目は、
栄養バランスが悪いと、体は心配するんです。

「この人栄養状態が悪いけど、大丈夫かな?もしものことがあってはいけない。栄養いろいろ貯蓄しておこう。脂肪という形でも」

やさしいですね。

時として、やさしさが仇になることもあります・・・(笑)

例をあげます。
(これはあくまでも例なので、良いとか悪いとかいうことではありません。)
例えば、あなたの月収入が、先々月が100万円、先月1万円、今月10万円、来月もどうなるかわからない状態だったとします。

そうなると、来月以降のために、お金をいくらかとっておきませんか?使いたいけど、ちょっと躊躇しませんか?

でも、毎月の給料が、20万円と決まっていると、これぐらいは使っていいかな?と思えませんか?

栄養バランスがとれていると体は安心するんです。使うことを覚えるのです。エネルギーに変えれる体にできるのです。かんたんにいうと痩せやすい体。もちろん運動も必要ですが。

だから、心配させてはいけないんです。
安心させてください。


マイクロダイエットもはじめ、落ちるんですが、停滞期が訪れます。
そのとき体は、「カロリーおちたけど大丈夫かな?計算してみよう。」という状態です。

それで、「あ、でも栄養がちゃんととれているから大丈夫だ」と思ったら、またそこから落ち始めます。

だから、低カロリーであっても、栄養状態の良いものでないと痩せきれないのです。ダイエットに成功したあとも、栄養バランスがとれて、運動がソコソコできれば、維持はできるはずです。

「栄養バランスの飢餓状態(偏食)」をつくったら、「リバウンド」きますよ。

「リバウンド」は体の防衛反応なので、止められません。

安心させてください。心も体も。

追伸:ロート製薬「和漢箋 防風通聖散錠」が少しですが、品切れ解消されつつあるようです。ひょっとしたら、並ぶところが増えはじめるかも?

posted by ソノキニ at 10:56| Comment(4) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

マイクロダイエット @

マイクロダイエット知っていますか?

ちなみにうちの店では扱っています。

さて、マイクロダイエットに関しては、書くことがいっぱい
あるので、とりあえず@とさせていただきます。

マイクロダイエットの質問も店頭では多いので、それに対して、
私の意見を書こうと思います。

まずは、

「マイクロダイエット」で痩せますか?

答え:痩せます。

これは、実際いろんな医療機関(500〜600ぐらいだったと思います。)で「マイクロS」という名前で使われています。

医療機関で使われているということは、切実さが違います。

命かかってます。

安全性からも実績があるということにもなります。
約20年ほどの実績ですから。メーカーも国際肥満学会とかに
情報提供とか、積極的に参加をしています。

だから、基本的に痩せるのですが・・・

正直、生活習慣が大事になってきます。

カロリーとはエネルギーなので、摂取量が落ちると、
代謝エネルギー量も落ちます。いわゆる代謝が落ちます。

そうなると、マイクロダイエットで成功したからとマイクロダイエットをやめて、
別の食事をすると、代謝が落ちた状態で、カロリーが高いものをとることになるのです。

そうすると、
摂取カロリー<消費カロリーが、摂取カロリー>消費カロリーになり、
マイクロダイエットをやってた時と逆転した状態になるのです。

これはわかりづらいかもしれませんが、「リバウンド」とはちょっと違います。これについては、後日説明します。

では、カロリー摂取をおとして、代謝を維持するには?

運動になるわけです。

サプリメントで運動の代わりに代謝をあげようとするものがありますが、人間の体は必要としないものは、あんまり貯めず・あんまり使いません。(必ずではありません)

従って、サプリメントを効かせる上でも、運動は必要なのです。

だから、きちんと運動して、マイクロダイエットをやって、
間食をおさえて、カロリーを1日の基礎代謝量以内にすれば、
まず痩せます。

その後は・・・

ちょっと一工夫いります。また、これは次の機会に!

でも、私が入社した時にくらべたら、味は格段によくなりました。

以前の味といったら・・・ 思い出したくないこともあります。
posted by ソノキニ at 15:45| Comment(4) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

早食いはおいしいけどダメ!

早食いっておいしいですよね。
(私だけかもしれませんが)


だけど、ダイエットにはマイナスです。それは、なぜか?

早食いもしくは、糖分をとるときの注意点を今日は書きたいと思います。

糖分をとると血糖値があがります。(仕事中疲れたときは、ブラックサンダーを食べます。笑)

体は基本的な機能として、現状を維持する(ホメオスタシスといいます)ってことを頭にいれておいてください。リバウンドしかり。

血糖値があがると、体は血糖値を下げにかかります。この時に体は、
インシュリンという物質を出します。


これが、出ると糖分の約半分が脂肪になります。
ここ重要!テストに出します(笑)


つまり、糖分を脂肪にすることで、血糖値を下げるんです。

それじゃ、ダイエットしたければ、糖分取れないじゃん!

と思った方、そんなあなたにしっかり読んで欲しい。

ここからがミソですよ。

インシュリンが出たら、糖分の約半分が脂肪になるんですよね?

だったら、インシュリンを出させなければいい。

インシュリンの出る量は何に左右されるか?

急な血糖値の上昇なのです。

つまり、早食いはダメ!ってことです。
(ドンブリもの危険だなぁ〜笑)

だから、甘いものもダラダラ食べてください。急に血糖値が上がらないように。

ちなみに、飲み物でゆっくり糖分を体に入れるのもあります。
大正製薬「グルコケア」ヤクルト「バンソウレイチャ」カルピル「健茶王」等です。成分名は「難消化性デキストリン」

これらは食事の時に、食べながら飲むんです。そうしたら、ゆっくり、糖分が吸収され、血糖値が急に上がらず、脂肪も増えにくいとなります。

ちなみに、食物繊維はそれだけで、糖分の吸収抑制も少しあるので、食事の時は野菜は必ず一緒にとるようにしてください。

いつも、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
質問、感想、意見何でもよいので、お寄せください。
posted by ソノキニ at 09:14| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。