2008年02月23日

検索回数が多いんです。

私のブログを最近、検索によって訪れる方の
検索項目で多いのが、

「アクチビア軟膏」

「ヘルペス薬」等です。

今回は、アクチビア軟膏の成分、アシクロビルに関して、
書こうと思います。(ひょっとしたら、書いたかもしれませんが)


あっさり理解したいアナタは、「簡単にいうと」のところだけ、
読んでください。


アシクロビルは、比較的、感染細胞に選択的に取り込まれます。

「簡単にいうと、」ウイルスがいる細胞に多くいきます。

感染細胞に入ると、アシクロビルは酵素の影響を受け、
アシクロビル1リン酸、アシクロビル2リン酸、
アシクロビル3リン酸と変化していきます。

「簡単にいうと、」ウイルスがいる細胞の中で
アシクロビルの形が変わっていきます。


アシクロビル3リン酸は、活性型ですので、3リン酸になって、
抗ウイルス活性を示します。
デオキシグアノシン3リン酸というDNA合成に必要な原料と
拮抗して、DNA複写の酵素を抑制し、
デオキシグアノシン3リン酸がウイルスDNA鎖にとりこまれるのを
自分が取り込まれることにより阻止し、ウイルスDNA鎖の伸長を
停止することによって、増殖を阻止します。

「簡単にいうと、」アシクロビルは、ウイルス細胞内で、
DNAを増やすのに必要なある物質に似た形に変わります。
そうして、DNAを増やすのに必要なその物質のフリをして、
ウイルスのDNAの中に入り、増えるために働かず、
ウイルスが増えるのを抑えます。


わかりましたか?


ちなみにアシクロビル3リン酸は、正常細胞のDNA複写酵素には
ほとんど親和性がないので、正常細胞への影響は少ないです。

「簡単に言うと、」アシクロビル3リン酸は、
普通の細胞を増やす酵素には、なじまないので、
正常細胞が増えるのに影響はありません。



伝わりましたか?心配です(笑)


でも、薬は、何かのフリをして、機能させないというのが
多いなあとつくづく思います。従って、機能しない故の
副作用も起きるのですが・・・



最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓理解できましたら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓↓↓楽しめましたら、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:わかっていただけたか、かなり疑問です(笑)
posted by ソノキニ at 00:05| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

亜鉛の働き

今回は、前回お約束した、亜鉛とセレンについて
語ります。

特に糖尿病関連から、説明したいと思います。

「インシュリン」

ってご存知ですか?
すい臓の中にある血糖値を下げるホルモンです。

このインシュリン、すい臓のβ細胞というところで、
合成されるんですが、ある物質がないと、すぐにどこかに
行ってしまい、すい臓に貯蔵されません。

そのある物質というのが、

「亜鉛」です。

ですから、亜鉛不足の方は、インシュリンを合成してはいるが、
貯蔵していないがために、必要な時に使えない
インシュリン不足状態になってしまいます。
(ちなみに亜鉛はインシュリンの合成にも関与しています)

これが、糖尿病を招き易いんです。


さて、このインシュリンの働きはどういうものかというと、
血管内にある糖分を細胞内に入れるのに役立ちます。


例えるならば、細胞に対して、

「糖分を、おたくの細胞の家に入れてくれ」って頼みにくる係です。

つまり、細胞の数は相当ですから、頼みにいく係が少なければ、
糖分は細胞の家に行けず、血管にいつまでたってもある状態に
なります。

だから、インシュリンの不足はまずいんです。

さて、これからがもう一段階重要で、頼みにきたはいいが、
必ずしも、細胞の家の門を開けるとは限らないのです。


「すいません、インシュリンですけど〜、あけてください」

「インシュリンって言っているけど、誰?アイツ」という状態です。


そこで、

「ほらほら2丁目のインシュリンさんだよ!よく頼みにくるから、
 開けてあげて」っていう係がいます。

これが、「セレン」です。

つまり、細胞の門を開けさせる指令をインシュリンがしても、
セレンが不足していると、十分に開かれず、機能しないんです。


大丈夫ですか?ついてきていますか?(笑)


見方を変えます。

亜鉛・セレン不足だと、糖分が細胞に入りづらい状況でもあります。

そうすると、当然細胞の働きも悪くなるので、疲れにも
つながります。

いろんなサプリメントを飲んでいる場合、ミネラルに必ず
目をむけてください。栄養を受け入れられる身体にしておく事が
とても重要です。
 

ビタミンよりも、まずはミネラルです。


海のものを食べなくなった今の日本人はかなり、

ピンチですよ。




最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓亜鉛不足感じていたら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓↓↓家系に糖尿の方がいたら、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸@:ダイエット関連が動いてきています。薄着になる前が、
    頑張りどころです。
追伸A:ちょっと長くなってしまいました(笑)

posted by ソノキニ at 00:20| Comment(8) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

詳しい人はいるもんだ・・・

先日、会社の先輩に「腎虚」ってどんな状態ですか?
と質問したら、それは〜

「出てくる」「出てくる」

「半日話せるよ、俺」との事。

その先輩は、会社で薬の知識で信頼している人です。
薬剤師でも、薬種商でもないですが、すごいです。


かいつまんで話してもらったんですが、
勉強になりました。

後半は、亜鉛とセレンの話になったのですが、
やはり、


「ミネラル大事」


って事です。
次回、その内容を少しアップします。
特に、糖尿が気になる方は、必見ですよ!

でも、詳しい人がいると安心します。
まだまだ精進します。

最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓次回が気になるアナタ、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓ソノキニを救いたいアナタ、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸@:1/28日の別名の答えを言ってなかったですね。正解は、
 
   アスコルビン酸     →ビタミンC
   複方ヨードグリセリン  →ルゴール
   トコフェロール     →ビタミンE
   レチノール       →ビタミンA

   です。遅くなりました。

追伸A:ブログの内容の編集を考えています。ですので、何個か
    記事を削除しますので、全部見たいという方はお早めに。



posted by ソノキニ at 23:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

また新しく副作用が見つかりました・・・

寒いと動きが止まるソノキニです。温かいテナントのお店で
本当にラッキーです。

さて、最近、新たに

「アナフィラキシー

ショック」


が見つかった成分が出てきました。

その成分は、「カルボシステイン」です。

「アナフィラキシーショック」とは、メルマガをお読みの方は、
ご存知ですが、簡単に説明すると、

顔や上半身の紅潮、冷や汗、息苦しさ、胸苦しさなどが現れ、
症状の進行が非常に急激(24時間以内)で、適切な処置が
遅れれば、命に関わる場合もある副作用のことです。


全ての医薬品におこる可能性があります。


しかし、起こる可能性は、極めて稀です。
だから、大騒ぎする必要もなく、そんなに心配もいりません。


只、カルボシステインは、比較的身体に優しいと言われている
成分だったので、少し残念でした。

主に去痰剤や咳止めに配合されています。
私も結構好きな成分なので、よく売っており、お客様の反応も
いいです。

今、仮に服用しているとしても、心配は要りませんが、
でも、薬を飲んでいるということを、自覚する上で、
こういったことも起こっていることは、知っておいてください。


食べ物ですら、非常に危険なアレルギーがありますからね。


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓やっぱり薬は薬だな〜と思ったら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:アナフィラキシーショックはうがい薬でも起こる成分が
   ありますから。
posted by ソノキニ at 23:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

これはいかが?

2月に入り、寒さが厳しくなってきました。

インフルエンザも地域によっては、少し出てきています。
くれぐれもご注意を!

今回、ご紹介する薬は、コレです!

画像 105.jpg

建林松鶴堂の

「扁鵲」です。






この薬の製造は、「建林松鶴堂」が行っていますが、
販売元がいろいろあり、いろんなメーカーが中身同じで
販売してます。
ちなみに写真の販売元は「大鵬薬品」のものです。
(チオビタドリンクやソルマックを販売しているメーカー)

この薬はもともと、「九味半夏湯」という漢方薬に
生薬を足したり、引いたりして、作られた薬です。

さて、漢方薬といえば、大事なことがありますね。
ソノキニ薬局通いの人はマスターしておいて欲しいです。
わかりますか?

それは、

「証」(体質ということ)

の考え方です。

漢方薬において、どんな体質に合うか?というのは、
非常に重要です。同じ目的の薬であっても、「証」に合わせて、
何種類もあったりします。

それで、この「扁鵲」の「証」は何かというと、

「中間証」です。

ちょっと乱暴にいうと、どんな人にでも合う薬になっています。

流行りに流行った「防風通聖散」は「実証」の薬です。
体質的には、食欲もあり、ガッシリしたタイプです。
主に男性に向く薬です。

体質があった方は、本当に良く効いたはずです。

しかし、あまり効かなかった方、ひょっとしたら、「実証」タイプ
ではないのかもしれません。そんなアナタにも効くのが、
この薬です。

働きとしては、「余分なものを捨てて、代謝を促進する」薬です。

それと、かなり重要なことをいいますよ。
フォントを小さくしましょうか?(笑)

「防風通聖散」は冷え性には、あまり効かないです。

だから、冷え性の多い女性には、あまり向かない薬なんです。
(通じが悪い女性には、効果的ですよ)

この「扁鵲」は通じと血行を改善する成分を足した薬なので、
日本人の女性には、結構効く処方になっています。
(さすが、日本人がつくった薬ですね。)

「和漢箋」防風通聖散やナイシトール、コッコアポを飲んでいるけど
「効かない」というアナタ、

「体質にあってないかも?」

特に冷えがあるならば、コチラをおすすめします。

薄着になってくる季節まで、あと少し。早いほうが素敵です(笑)


↓↓↓防風通聖散から変えたくなったら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:本日、隣の店の店長が風邪を引かれて来店されました。
   そして、風邪薬を接客していたところ、
   最後にこう言われました。「さすが、プロですね」
   嬉しいですが、どこで、そう思われたのかが、
   全然わかりません(笑)残念!
posted by ソノキニ at 23:50| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。