2008年09月28日

レディガードコーワ錠その2

レディガードコーワ錠の続きです。

前回の話をご覧になっていない方は、そちらを見てから、
今回の話をご覧になってください。


では、はじめます。


前回の終わりに書いた、主な働きは、

 ・脳幹の排尿抑制野を活性化する
 ・排尿筋を弛緩する

でしたね。


まず、「脳幹の排尿抑制野を活性化する」ですが、


脳幹という場所の中に、「排尿中枢」という排尿を指示する
場所があります。膀胱に尿がたまった知らせを受けて、
反射的に機能する仕組みになっています。

ところが、いつでも反射的に出せばいいというものでも
ないので、これを抑制する場所がちゃんとあります。

それが、「排尿抑制野」です。


これがなければ、垂れ流しっぱなしです。反射なので。


それで、この抑制する機能を高めるのが、
レディガードコーワ錠になります。


いかがですか?ついてこれてますか?


難しかったら、「わからないぞ!」コメントください。
がんばります(笑)


次に、「排尿筋を弛緩する」です。

尿を出す行為は、排尿筋を用いて行います。

例をあげると、水風船ってありますよね?
水風船に、水をいれて、入り口と逆のタプタプできる所(笑)
そこを、握りつぶすと、押し出されて、水が噴き出します。

それが尿が出る感じです。

タプタプできるところが排尿筋にあたります。

そのタプタプできるところが弛緩して、
のびたらどうなると思いますか?


入る水の量が増えると思いませんか?


つまり、排尿筋がゆるむと、膀胱容量が増えます。

正確にいうと、「尿意を感じる」膀胱容量が増えます。
つまり、ちょっとやそっとの尿量では、トイレにいきたいと
思わないようになるのです。

おさらいしますよ。

膀胱容量が増える→尿が溜まった感知が遅くなる→
脳幹の排尿中枢に情報が行きにくくなる→
行ったとしても、排尿抑制を強めているから、
すぐには出さない。

という流れです。ご理解いただけました?


疑問・質問あれば、お待ちしております。


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓水風船の例えがわかったら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓タプタプが特にわかったら、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:もう一回、レディガードコーワ錠についてします。
posted by ソノキニ at 10:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

レディガードコーワ錠

ご無沙汰しております。ソノキニです。
(最近、この出だしばっかりだな。笑)

さて、今回は、久しぶりに新商品ネタです。
その商品とは、

レディガードコーワ2.gif


レディガード
コーワ錠
です。




テレビCMでもよく、見かけますね。


この薬も、「スイッチOTC」と呼ばれる薬で、
リスク分類においても、第一類に分類されます。

要するに、薬剤師登録のお店でしか、販売ができない薬です。

登録販売者は、販売がすることができない薬です。


この薬は、医療用で、よく使われる薬の一つでもあり、
副作用も少ない薬でもあります。

ちなみに、「スイッチOTC」というのは、
今まで、医療用医薬品だった成分が、一般用医薬品でも
販売できるようになった成分ということです。


スイッチOTC化される際、一番に考えられるのは、
「副作用」の観点です。


従って、薬の性格上、もしくは性能上、良かったとしても、
副作用リスクが高い成分は、市販で販売されることは
ありません。


ですので、「スイッチOTC」に選ばれた成分は、比較的
安全性が高い薬であると思っても大丈夫です。


さて、この「レディガードコーワ錠」は

頻尿・残尿感に対する薬です。

コレ、重要です。

排尿痛・軽い尿漏れ・尿の出渋り等には、効かないので、
一緒に考えないようにしてください。

成分名は、「フラボキサート塩酸塩」です。

頻尿・残尿感の改善方法としては、2つの方法で
行っています。

それは、

   ・脳幹の排尿抑制野を活性化する
   ・排尿筋を弛緩する

という方法です。

何となく雰囲気だけでも、伝わりますか?(笑)
ちょっと無理ですよね?これだけじゃ。(笑)


長くなってきたので、詳しい説明は、次回にします。

最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓気になっている商品なら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓続きが気になるなら、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:ヤマダ電機でも、薬を置き始めていますね。
   思ったよりも、早くダイナミックに業界が動いています。

posted by ソノキニ at 19:54| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

リスク分類という区分 2

前回、「マジで?」で終わったことに関して、
説明したいと思います。


例えば、第一分類の大正製薬「リアップ」と
第二分類のエスエス製薬「イブA錠」を比べた時に、

本当に「リアップ」の方が、リスクが高いんでしょうか?


「本当に?!」


外用薬の成分と、内服の非ステロイド系抗炎症剤と比べた時、
本当に、外用薬がリスクが高いんでしょうか?


人間の身体は、いろんな成分を皮膚から入れるには、
ちょっと大変です。


冷静に考えてください。


化粧品メーカーが浸透させるためにどれだけ頑張っているか(笑)


しかも、「リアップ」は6ヶ月間使用しての臨床データで
効能・効果を標榜しているのです。

6ヶ月、1日2回連続使用。


鎮痛剤で、これやったら、どう思いますか?(笑)


リスク分類の手軽さは、危険な安易さを、産む気がします。

リスク管理の責任はどこに?
消費者にも少しずつ振り分けられていきます。


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓「なるほど」と思ったら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓↓↓「でも」と思っても、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:私も、自分の健康のことを考える時間が
   増えてきました(笑)
posted by ソノキニ at 10:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

リスク区分という考え方

お久しぶりです。ソノキニです。


平成21年4月から施行される薬事法改正の内、
リスク区分について、今回は書こうと思います。

今後、市販薬は三つの区分に分けられます。

第一分類
   薬剤師がいる店舗のみ販売が許されます。

   厚生労働省による定義は、

   「医薬品 その副作用等により日常生活に支障を来す
    程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち
    その使用に関し特に注意が必要なものとして
    厚生労働大臣が指定するもの及びその製造販売の
    承認の申請に際して第十四条第八項に該当すると
    された医薬品であつて当該申請に係る承認を
    受けてから厚生労働省令で定める期間を
    経過しないもの」

   となっています。
   大丈夫ですか?、ついてきてますか(笑)

第二分類
    薬剤師及び登録販売者(旧薬種商)がいる店舗
    にてのみ販売が許されます。

    厚生労働省による定義は、

   「医薬品 その副作用等により日常生活に支障を来す
    程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品
    (第一類医薬品を除く。)であつて厚生労働大臣が
    指定するもの」

    となっています。


第三分類
    薬剤師及び登録販売者(旧薬種商)がいる店舗
    にてのみ販売が許されます。

    厚生労働省による定義は、

    「医薬品 第一類医薬品及び第二類医薬品以外の
     一般用医薬品」

    となっています。


とりあえず、一般用医薬品には、
「3種類あって、薬の程度によって分けられる」
と思っていてください。

そして、この区分は、今後、商品に明記がされ始めます。

つまり、「薬のリスクが目で見て簡単にわかる」
ようになるのです。


マジで?


長くなりましたので、今回はこの辺で・・・。


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓「マジで?」が気になったら、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:ブラックサンダーの問屋品切れ、何とかして欲しい(泣)
posted by ソノキニ at 09:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

登録販売者試験

こんばんは、ソノキニです。

全国で行われている「登録販売者試験」

かなりの地区で終了しています。

終わっていない地区の方々も、
日々勉強をされておられることと思います。

私はめでたく、終了しました。

結果待ちの状態です。


テストに関して、いろいろと言いたいこともありますが、

さらに気持ちを深めたことがあります。それは、

「合格しても、勉強しつづけよう」

ということです。

100点でも、ギリギリの点数でも、合格は合格。
みんな、薬の販売ができます。
だから、それからが本当の勝負だと思いました。

まだまだ、知らないことが多いですが、
数多くの困っている、悩んでいる人に一つでも
役に立つことを伝えることができれば!

と考えています。


登録販売者がゴロゴロと出る中、


一味も二味も違った存在でいたい。


みなさんのアクセスや、ランキングのクリックにかなり
助けられています。勇気付けられています。


いつもありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓何か感じていただいたら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓↓↓何も感じなくても、1ポチッお願いします(笑)
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:自己採点したときは、超ドキドキでした・・・(笑)
posted by ソノキニ at 22:31| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。