2011年01月20日

ロキソニンがついに発売

過去ログを見たいということで、過去ログを右側に設置したら、
記事のアップ数の多少がわかり、すこし恥ずかしい思いをしている

ソノキニです。(前置きが長い、笑)

さて、ついに待望の新製品が出ました。それは、

ロキソニン.jpg

   「ロキソニン」です。


この薬は、病院に行って、痛み止めとして、処方されたことがある方も多いはずです。

商品名がすごく有名で、いつOTC薬になるかと、とても楽しみにしていました。
できれば、現役の時に売ってみたかったです。

え、なぜかって?

それは、効き目が良い割には、副作用が少ない薬だからです。

ヤフーでも記事になっており、コメント欄もあったので、見ていたのですが、
「あーあ、こりゃひどい」と思いました。

同じ体験をしたい変わり者のアナタはコチラ
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000000-jct-soci

インターネット上では、事実とは別に、考えや思想も出回るので、それが情報過多・混乱
に拍車をかけていると思います。
だから、事実だけでなく、考え方も伝えないといけないなぁと思いますが、
中には、面白い意見もありました。

「病院では、必ず胃薬が一緒にでるから、胃に負担のかかる鎮痛剤です」
(プライバシーの観点から、言葉はいじっています)

そういう風に考えることもできるのか?と思いました。

言っておきますが、ロキソニンは、過去の鎮痛剤と比べて、胃があれにくい鎮痛剤です。
従って、医者が金儲けの色気を出さなければ、そんなに出す必要はありません。
(当然、ロキソニンも例外なく、胃に負担はありますし、胃薬が本当に必要な人もいるでしょう)

もし、本当に必要ならば、OTC薬になることもないですし、注意書きに、
「胃が荒れやすいので、胃薬と一緒にお飲みください」とか書いてあるかもしれません(笑)

一応、知識として、知っておいてほしいのが、国はOTC薬にするときの考えの基本は、
効き目重視ではなく、副作用が出にくいかどうかを重視します。

それはそうですよね。簡単に買えるわけですから。

ですから、OTC薬に選ばれる時点で、副作用が高いことは、考えにくいです。
飲むときは、あまり楽観的でも困りますが、緊張せずに普通に飲んでください。

第一類医薬品として、発売されますので、薬剤師登録のお店でしか、購入できません。

この薬は売れそうですが、第一類というのがネックです。
薬店の店舗数は、登録販売者制度に移行してから、薬剤師登録のお店が
減っています。(経営上しょうがない部分があります)

従って、販売店舗が少ないので、それほど売れ方は大きくならないような気はします。

しかし、病院でわざわざもらっている人には、朗報ですね。便利です。

それと、服用は1回1錠で、12回分。値段は680円。
う〜ん、買いやすい(笑)

良い値段設定です。

薬の作用等は、メルマガで説明しますね。
プロドラックの利点と、ロキソニンが効く人、効かない人がわかります。

お楽しみに。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。
posted by ソノキニ at 19:48| Comment(4) | 鎮痛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

回答です!(10/10/31 東京都出題)

こんにちは、ソノキニです。

では、早速、回答編です。
問題ですが、以下の通りでした。

↓↓↓問題はじまり

医薬品の副作用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 医薬品の副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりである。

b 医薬品の副作用は、通常用いられる量で適正に使用しても、生じることがある。

c 一般用医薬品は、通常、重大な副作用を回避することよりも、その使用を中断することに
  よる不利益を回避することが優先される。

d 医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することにより、適切に処置、
  対応し、重篤化の回避が図られることが重要である。

1(a、b)  2(a、c)  3(b、c)  4(b、d)  5(c、d)


↑↑↑問題、終わり。


では、先に答えをいいますね。
答えは、「4」です。

比較的簡単であったと思います。

では、中身について、説明します。

「a 医薬品の副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりである。」(誤)

感覚的にも、自分ではわからない異変があるよなぁと思うはずですが、
できれば、登録販売者の方は、それが何なのか?を具体的に説明できると
いいです。

例えば、風邪薬を飲んで、便秘になったとしても、あまり気づかないと
思います。

「水分不足かなぁ」とか、「具合が悪いからかなぁ」とか、
普通では、考えがちです。ひょっとしたら、便秘も気づかないかもしれない。

咳止め成分が、便秘を促すということをご存知の方は、通常少ないと思います。
(ちなみにモルヒネも強い便秘が副作用であります)

OTC薬も何か簡単な一言を添えるのもやった方がいいのでは?と思います。
(調剤がちゃんとできているとも思いませんが)


「b 医薬品の副作用は、通常用いられる量で適正に使用しても、生じることがある。」(正)

まあ、これはわかりますよね。
風邪薬を飲んで、眠たくなるのも、適正使用での副作用です。


「c 一般用医薬品は、通常、重大な副作用を回避することよりも、その使用を中断することに
  よる不利益を回避することが優先される。」(誤)

これが、ちょっと重要で、猫耳将軍さんもコメント欄に書かれていましたが、
一般用医薬品ではなく、医療用医薬品の考え方になります。

それに対して、一般用医薬品、つまりドラッグストアで売られている薬に関しては、
重大な副作用の回避が優先されます。

これを覚えておいてください。

つまり、病院で行われる行為と、ドラッグストアでアドバイスする行為は、
相反することもあるのです。

日本の医療というのは、原則として「医者の治療方針が優先される」と
いう風になっています。

例えば、「どう考えても、この処方おかしいだろ?」と思えても、
医者の治療方針が優先です。「不利益の回避のため」ということなのでしょうが。

一応、それが実態です。

当然、副作用の状況にもよりますので、「それぐらいの副作用だったら・・・」と
いう判断で行われると思います。

みなさんも、「眠くなるぐらいだったら・・・」と思って、鼻炎薬や風邪薬飲む事は
ありますよね。そういった判断です。

繰り返しますが、医療用と一般用では、判断基準が違うということを知っておいて下さい。

ですので、今、服用中の薬がある場合は、薬店には必ず言ってくださいね。

例は、『問題です!(10/10/31 東京都出題)』のコメント欄で、猫耳将軍さんが挙げて下さって
いますので、それをご参照ください。(猫耳さんありがとうございます。)

特に血圧に関する薬は、日本の医療用医薬品の売上トップ3を取っていますので、
かなり多くの人が飲んでいる可能性があります。要注意です。

あ、余談ですが、この血圧薬の処方量の多さは、血圧の数値に関して、日本が殊更
厳しいものにしているという批判があります。

ようするに、「そんな設定にしたら、どいつもこいつも高血圧じゃん」と批判している
お医者さんもいることを知っておいて下さい。(だから、トップ3独占?作られた患者?)


d 医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することにより、適切に処置、
  対応し、重篤化の回避が図られることが重要である。(正)

うん、立派な文章ですね(笑)
ただ、どうやって実践するの?というのを思います。

初期段階の認識?適切に処置?対応?、一般の人が?

接客する人のレベル差は、かなりマチマチです。
運良く良い人に当たればいいが、そうでない場合は・・・ということもあります。

ですので、用心してください。


「知は力なり」(フランシス・ベーコン)


引いては、当ブログの更なるご愛顧をお願い致しまして、
本日の回答に変えさせていただきたいと思います(笑)

本日は、誠にありがとうございます。



追伸:なぜか最後は挨拶口調になってしまいました(笑)
posted by ソノキニ at 14:55| Comment(9) | 登録販売者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

問題です!(10/10/31 東京都出題)

こんばんは、ソノキニです。

東京で出された問題です。
この回は、合格率41.7%と、結構下がってきました。
(いろいろな理由がありますが)

今回は、副作用に関する問題です。
こういった問題も出ることも知っておいてください。


↓↓↓問題はじまり

医薬品の副作用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 医薬品の副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりである。

b 医薬品の副作用は、通常用いられる量で適正に使用しても、生じることがある。

c 一般用医薬品は、通常、重大な副作用を回避することよりも、その使用を中断することに
  よる不利益を回避することが優先される。

d 医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することにより、適切に処置、
  対応し、重篤化の回避が図られることが重要である。

1(a、b)  2(a、c)  3(b、c)  4(b、d)  5(c、d)


↑↑↑問題、終わり。


比較的、答えやすい問題ですが、ある重要な考え方の違いが隠れている部分があるので、
それについて、次回説明しますね。

数多くのコメント回答、お待ちしております。
気軽に答えてくださいね。気軽に出してますから(笑)

ありがとうございます。
posted by ソノキニ at 21:33| Comment(8) | 登録販売者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

ちょっとでも広がれば・・・

お正月、いかが過ごされましたでしょうか?

ソノキニです。

お正月、早速、お餅による事故が多発しました。
残念ながら、死者も出ているようです。

その時に、思いました。

「少しでも伝われば・・・」

常連さん、一見さんも含めて、このブログにも様々な方が
訪れています。

その方々が、ほんの少しでも誰かに話して、伝わればと
思います。

残念だと思うんです。

「餅をつまらせて」死ぬ。
というのは。

ご本人のお気持ちは、察して余るべきもので、気軽には言えませんが、
悔しいはずです。

いろんな知識・情報は、人によって、重みや価値は変わります。

例えば、認知症にしても、若いうちに気にすることは、ほぼないはずです。

「もし、家族が認知症になったら」と思うことはあるかもしれませんが、
すごいアドバイスがあったとしても、頭に入らないと思います。

しかし、もし同居の両親が認知症になったら・・・

ちゃんと聞いて、頭に入ると思うんです。
情報や知識は、思いや熱さが伴って、さらに効果が増します。

全てのことにそれを求めるのは、無理ですが、
知っていれば、かんたんに防げることはあるのです。

けれども、思いや熱がなくても、それを覚える、活かせる方法はあります。

それは、

    「人に話す」

です。私も、勉強会やメーカーさん等に聞いた話は、お客様や同僚、
友達等に話していました。ブログにアップすることも(笑)

人に伝えると、頭に残りやすいです。

私の場合は、「すご〜い、誰かに言いたい」という気持ちが
かなり強かったですが(笑)

ちょっとした話でも、誰かに伝えてみてください。

いろんな意味で驚かれるかもしれませんが、楽しいですよ。

少しでも広がって、小さい助けができれば嬉しいです。

ありがとうございます。
posted by ソノキニ at 14:04| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

ソノキニです。

新年、いかがお過ごしでしょうか?

「ゆっくり」過ごせていますか?それとも「お仕事でしょうか?」

いきなりですが、お正月と言えば、「お餅」です。
おいしいお餅ですが、事故が多い食べ物でもあります。

毎年、年配の方を中心に事故が起こっています。

それに対して、書いてみようと思います。

お餅は、その性質上、すんなり流れてくれないことが事故の原因となります。

  ・口内の水分が不足している。
  ・食道の動きが悪い。
  ・しっかり噛んで、細かくなっていない。

等の原因が挙げられますが、これは年配の身体の状態に近いものでもあります。

やはり、口内が乾燥しやすいですし、消化管の動きも悪くなっています。
歯も悪くなっていたりするので、しっかり噛めない。

そういった結果として、起こりやすくなります。

対策としては、
 
  ・水分をとってから食べる。
  ・一回の口に入れる量を小さくする。
  ・完全に飲み込んでから、次のを食べる。
  ・よく噛む。

などが挙げられます。

それでも、もし詰まったりなどの事故がおきたときは、
速やかに119番に連絡するか、

ハイムリック法等の処置をとってください。
わかりやすい説明がありましたので、どんなものか知りたい場合は
こちら⇒ http://bit.ly/7FsvNb

あなたにとって、素敵な2010年になりますように。

ありがとうございます。

追伸:今、上記に気をつけながら、雑煮を食べています(笑)
posted by ソノキニ at 12:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解決します。

薬店ですら、教えてくれないとても大事なこと。
知りたくありませんか?

@下のURLをクリックしてください。
A簡単に登録できます。
Bパソコンでも、携帯電話でもOKです。

今すぐ、
↓メルマガ登録はコチラ
http://sonokini1.xsrv.jp/sub3.html

また、今日も悩むんですか?
posted by ソノキニ at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。