2012年10月31日

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども

こんにちは、ソノキニです。

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども
ソースはこちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121031-00000003-asahi-soci

マイコプラズマ肺炎が流行しているようです。

マイコプラズマ肺炎は、発熱が続き、熱が下がった後で、
咳が1ヶ月ほどこじれたりするのが特徴です。

咳がやたら続く場合は、肺炎を疑うのも重要なことです。

このポイントは、当然、風邪と同じように感染しないようにすることですが、
マイコプラズマは、風邪のようなウイルス感染ではなく、細菌感染であることを
理解しておいてください。

つまり、抗生物質が効くということ。

尚、元々すごく酷い悪化がみられる病気ではないため、
逆に見過ごされやすくなります。

肺炎は共通ですが、「熱」と「咳」が特に留意ポイントです。

     「長く続く」

     「長く続く」

     「長く続く」

     「長く続く」

     「長く続く」

場合は要注意です。

感染予防の基本は、のどの保湿と、手洗いです。
すごく軽視されますが、すごく重要です。

寒くて乾燥しているのに、頑張っている「のど」と「手」を
労ってあげてくださいね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ





posted by ソノキニ at 10:03| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

ロート製薬 メンソレータム ヒリプロ

こんにちは、ソノキニです。

テレビCMで見ましたので、ご紹介したいと思います。

ヒリプロ.JPG

ロート製薬さんの「ヒリプロ」です。
外用薬は、最近ほとんど「メンソレータム」ブランドになっています。

この商品は、「ひげそり負け」や「アクセサリーかぶれ」向けの外用薬という
位置づけになっています。

成分としては、

  ・リドカイン…2.0g         (局所麻酔剤)
  ・ジフェンヒドラミン…1.0g     (抗ヒスタミン剤)
  ・グリチルリチン酸二カリウム…1.0g (抗炎症剤)
  ・トコフェロール酢酸エステル…0.5g (抗酸化作用)
  ・イソプロピルメチルフェノール…0.1g(殺菌剤)

という感じになっています。
もし、お手元に非ステロイドのかゆみ止めや虫さされ薬がある場合は、
成分の種類を見比べてみてください。(量の誤差はあります)


      あ〜ら、不思議(笑)


ま、そういうわけです。
ちなみにトコフェロールというのは、ビタミンEのことで、血行促進が
主な作用ですが、外用薬の場合は、抗酸化作用と考えてください。
皮膚表面で、活性酸素が騒ぐと、かゆみや刺激が増しますので。

正直、最近のロート製薬さんの販売の仕方は、上手になったなぁと思います。
成分などを中心に据えるのではなく、「切り口」や消費者目線での提案が
すごく増えています。

小林製薬さんと似通ってきた気もしますが(笑)、
マーケティングを駆使すると、そういう風になってくるのでしょう。

一つ気になるのが、最近のひげそりって、すごく進化してきていると
思っていて、ひげそり負けって、減っているのではないのかなぁと
いうことです。

まあ、アレルギー体質や、肌が弱い方が増えているのかもしれませんが。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ




posted by ソノキニ at 12:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

小林製薬 ナイシトールG

こんばんは、ソノキニです。

新製品の紹介です。

ないしg.jpg

「ナイシトールG」です。

従来からある「ナイシトール85」の強化版ですね。

   ナイシトール85・・・ 2500mg
   ナイシトールG ・・・ 3100mg

1日量になりますが、強化されています。
いろんなドラッグでは、このナイシトールは当て馬にされることが多く、

各社のPB(プライベートブランド)商品を勧められることが多いはずです。


   『ナイシトールよりも、含有量が多くて、安いですよ』


聞き覚えがある方もいるのではないでしょうか?(笑)
含有量が600mg増えていますが、それほど大きな違いがないんじゃないかな?
と思います。

人によっては、便が緩くなったりする人もいそうですが、
大きな違いはなさそうです。

まあ、小林製薬さんは、本当に販売がお上手ですから。

ちなみに、医療用の防風通聖散はどのくらいかと言うと、
ツムラさんのやつは、


    ツムラ防風通聖散・・・ 7500mg


う〜ん、レベルが違いすぎる。
これぐらいの量になると、下痢気味になる人が割りと出てきますので、
そういった方で、どうしても飲みたい方は、OTC薬(市販薬)がおすすめです。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ




posted by ソノキニ at 20:03| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。