2013年02月20日

久光製薬 アレグラFX

こんばんは、ソノキニです。

花粉症関連のアクセスがすごい増えてきています。
人気ページでも過去記事がどんどん上がっています。

今回は、かなり遅くなりましたが、嵐の大野くんがCMやっている

「アレグラFX」です。

4987188166048_7.jpg

成分は、フェキソフェナジン塩酸塩というもので、
すでにスイッチOTC(医療用から市販薬へ)されている
「ザジテン」や「スカイナーAL錠」、「アレジオン10」と同じような薬です。


    ですが、


従来品と比べて、圧倒的に眠気が減っています。
特にザジテンやスカイナーAL錠とは、かなりの差があります。

私も以前、ザジテンを飲んだことがあるんですが、
かなり眠たくなりました。

眠気が気になる方には、とてもおすすめできません。

このアレグラFXは、病院でもかなり頻繁に使われている薬で、
同分量がスイッチされるのは、ちょっと驚きでしたが、
この辺の規制緩和はスムーズに行っているのかもしれません。

薬自体のリスクは、ゼロではありませんが、確率的にはかなり低いです。

そして、薬としては身体の中のアレルギー反応を抑える薬ですが、
予防的な側面が強い薬になります。

今、症状が出ていて、とにかくどうにかしたい場合には、向きません。
あくまでも、次の症状を軽くするための薬になります。

ヒスタミンをメインで抑える薬なので、「鼻づまり」がやたら酷いとか、
くしゃみ・鼻水はあまりない方には、ちょっともの足りないかもしれません。
(鼻づまりを止めないわけではないが、鼻づまりを引き起こすのは
ヒスタミンがメインではない)

ですから、フェキソフェナジン塩酸塩と血管収縮剤を配合した薬を販売しようという
動きがあっています。
(ソースはこちら⇒ http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=39888

服用機会は1日2回です。
そして、薬の性格上、ある程度飲み続けないと、本当の効き目が
出ませんので、1〜2回程度しか飲まないのであれば、買わない方が良いです。

第1類医薬品になりますので、薬剤師に相談の上、お買い求めください。
取扱店は限られます。

ガスター10、リアップ等を売っているお店ならば、あるはずです。


banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ






追伸:久光製薬さんにイメージのない分野の薬なので、ちょっと違和感がありますね。
posted by ソノキニ at 19:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。