2013年03月17日

自殺者の3分の2は、健康によるもの

こんにちは、ソノキニです。

気になる記事がありました。

自殺の原因、「経済・生活」が大幅減 12年の状況分析
ソースは、こちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000030-asahi-soci

おそらく、経済状況がちょっと改善しているということを匂わすような、
記事なのかな?と思って見たのですが、

以下の部分がすごく気になりました。

>自殺の原因・動機を推定できた2万615人について分析すると、
>病気など「健康」が原因となった自殺者が1万3629人で、3分の2を占めた。

(あくまでも、原因や動機が推定できたものということを念頭においておいてください)

約14000人の方が、健康に悩んで自殺している。
これって、すごく大きなことだと思うんです。

病気って、風邪を引いただけでもつらいのに、病気が重たくなれば
重たくなるほど、より悩みは深刻になります。

また、本人が一番つらいでしょうが、周りのご家族もいろいろな面で
大変だと思います。

自殺者は、一年毎に出される数字ですが、今、こうしている間にも、
自殺を考えて人がいるでしょうし、周りで苦悩されているご家族も多いでしょう。

「日本は、裕福なのに自殺者が多い」と言われたりしますが、
その3分の2が「健康を理由に」ということを考えると、

裕福なことがもたらす面もあったりするのかもしれません。

病気って、患ってから慌てる人が大半だと思います。
ドラッグストアや病院に行くのも、ひどくなってから、症状が出てからです。

ですが、本当はその前にやることがたくさんあるでしょう。

薬を売る側も買う側も、養生法とかは、ついつい面倒に感じたり、
あんまり大したことがないからと思いがちですが、
隠れた重要性があります。


     『知は力なり』


最後に、背中を押された言葉を・・・。

「たいしたことができないからといって、何もしないのは最悪の間違いである。
今すぐ、自分ができることをせよ。」


banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ





ラベル:健康 自殺者
posted by ソノキニ at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

薬ネット販売を全面解禁へ…規制改革会議が方針

こんにちは、ソノキニです。

薬ネット販売を全面解禁へ…規制改革会議が方針
ソースは、こちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000041-yom-pol

>ネット販売を巡っては、最高裁が1月に、副作用の強弱で3分類している市販薬のうち、
>特にリスクが高い「第1類」と比較的高い「第2類」を一律禁止した厚労省の省令を「
>違法で無効」とする判断を示している。

これを受けての全面解禁だと思われます。

基本的に「医療用」から「OTC(市販薬)」にする場合は、
かなりの圧力があったりなどしますし、慎重になる場合も多いです。

ですから、第一類医薬品であっても、医療用に比べると、
それほどリスクは高くありません。

これからは、手軽に薬が買える様になりますので、利便性も増します。
また、相談したり、対面で購入するのが恥ずかしいという問題も
解決できます。

避妊具系統が、何気にネットでよく売れているようですから。
(以前、問屋・メーカーさんが言っていました。精子を殺す薬とか)

ただ、より自分の責任度合いが高まりますから、その点はご注意くださいね。
もし、購入の判断材料があまり見つからなかったら、お気軽にご相談ください。

ちなみに、この規制緩和がグローバル化とは言いませんが、
日本は今後、グローバル化にまきこまれていきます。

今までのローカルルールがどんどん撤廃されていきます。
ピンチの人も多くでるでしょうが、チャンスの人も多く出ます。

ピンとこないかもしれませんが、グローバル化とは、
「完全分業制」に向かう過程です。

米も作れず、魚も捕まえられない私が、おいしくご飯を食べられるのは、
「分業」の賜物です。

分業が進むほど、豊かになっていきます。
豊かになるのを望めば望むほど、分業化は避けられません。
(豊かの基準は個人差があるので、何とも言えませんが)

もし、現代的な豊かさを放棄するのであれば、ブータンのような国に
なるということです。あれはあれで良いと思いますが、みんなで同じことを
仲良くやる感じですね。

分業化はワークシェアリングではありませんから、勘違いしないでください。
創造を伴う分業です。「あなた」ができることがちょっと特別であれば、
これからも楽しく生きることができます。

市販薬のネット販売に特化した企業が出るでしょうね。
それもある意味分業化です。競争が激しくなるでしょうが、ネットで購入が
当たり前になってくるかもしれません。

もし、相談しにくい薬があったら、この記事のコメント欄でも
結構ですので、ご相談ください。参考程度の知見をお届けできると思います。

尚、市販薬は、登録販売者並びに医師・薬剤師にご相談の上、
ご購入ください。


banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ





posted by ソノキニ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。