2016年03月30日

抗炎症作用とはどういうものか?

こんにちは、ソノキニです。

数日前に、こういったニュースがありました。

ロキソニンに「重大な副作用」 実際のリスクは? 厚労省に聞いた
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00010000-bfj-soci

>解熱鎮痛剤として広く使われている「ロキソニン」の使用上の注意に、
>「重大な副作用」として小腸・大腸の閉塞・狭窄などが追記されることになった

割と深刻に受け止めた方もおられるでしょうが、
記事本文にあるように、頻発する副作用ではなく、重たい副作用として、
起こることがあるという意味です。

だから、飲んだら腸の閉塞や狭窄が起こるということではありません。

用語の使われ方が一般と業界では違うので、勘違いが起こりやすいですので、
注意してください。


さて、ロキソニンというのは、成分名がロキソプロフェンといいます。
イブプロフェンと同じ非ステロイド抗炎症剤というものに分類されます。
(略号として、NSAIDを使ったりもする)
鎮痛、解熱、抗炎症が作用としてあります。


さて、この抗炎症剤というのは、文字通り炎症を抑える薬なのですが、
このことがどういうことなのかを、「ザックリ」知っておく必要があります。
そのザックリは何かというと、



     「身体を冷やす」



これは、同じ抗炎症作用を持つステロイド剤でも同じことが言えます。
ステロイドは、血管収縮作用もありますからね。

このことを知っておいてください。
私の知り合いも、痛みを抑えるために、痛み止めを長い期間飲み続けてたら、
冷えの症状が出ていました。

「抗炎症」なので、冷やすイメージは理解できますよね。

日本は鎮痛剤でも、「アセトアミノフェン」ではなく、アスピリン(バファリン)や
イブプロフェン(イブA錠、リングルアイビー等)がよく飲まれています。

ですから、常用している人は、冷えのリスクが常につきまといます。
常用や、長期使用は止めてくださいね。

アセトアミノフェンは鎮痛剤ですが、抗炎症作用がないので、
冷えという意味ではリスクが少ないです。


人間は、恒温動物で、大体、36.5度ぐらいで身体がうまく機能するように
できています。ですから、冷えというのは、機能不全を招きやすくなります。
(もちろん、体内の温度は38度とか、もっと高いです)

細かい知識はともかくとして、抗炎症剤は冷えの元になりうることを
知っておいてください。

特に、

   冷たいものを飲食する
   運動不足
   デスクワークなど同じ姿勢のことが多い

などが普段からある人はリスクが高まりますからね。

この薬がアセトアミノフェン製剤です。
世界的にはすごく売れているんですが、日本ではサッパリです(笑)



追伸:強い薬を使いたくなる気持ちはわかります。
   でも、常用はダメです。私も店頭で、何回も止めたことがあるんですが、難しいですね。
   あ、低体温は細胞のガン化を助けますからね。ちょっと脅しておきます。

posted by ソノキニ at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

2016年の健康診断の結果出る!

こんにちは、ソノキニです。
健康診断の結果が出ました。どの項目も異常なしでしたが、
変化を気にしていた脂質だけ、表記したいと思います。

MEC食をはじめて、半年ほど経ったあとですので、反映していると思います。

中性脂肪 34(前年35)
 基準値:30〜149
HDLコレステロール 109(前年92)
 基準値:40〜119
LDLコレステロール 119(前年79)
 基準値:60〜119

おおっ!コレステロール値が上がりまくっている。
しかも、悪玉の方が特に。
肉の比率が上がっているので、それが影響しているのと、
チーズの補給が影響している気もします。

それと、中性脂肪の値が低くて、自分に突っ込みをいれました。
「基準値が30〜149という風に広いのに、34って何だよ(笑)」

これの面白いところは、コレステロール値がすごくあがっているのに、
中性脂肪値があまり変わっていないということです。

やはり糖質が中性脂肪の値に影響を与えているのだと思います。

LDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールが基準値ギリギリですが、
その基準値は意味がないと思っているので、無視します。
私も40代ですので、それなりにコレステロールを持っておこうと思います。

血圧が少し下がっているので、運動不足による筋肉不足もあるのかなぁとも
思います。温かくなってくるので、身体を動かす機会を増やして行こうと
思います。

そして、MEC食の取り組みとしては、少し変えようと思います。

   肉は気にせずにガンガン食べる。
   卵は1日3個ほど。
   チーズは食べる回数を減らす。

   小麦は減らしたままで、米の摂取を少し増やす。
   果物を摂る。

これはMEC食ではありません。
MEC食は、糖質除去を目指していますからね。

どちらかというと、
ジョコビッチの生まれ変わる食事
の方に近いですね。

この本に書かれている「食事は情報」という考え方が好きです。
あなたは、身体に対して、どんな情報を送ってますか?

コーラ、ハンバーガー、スナック菓子・・・。
身体はどんな情報を受け取っているんでしょうね?(笑)


追伸:糖質制限よりも、グルテンフリーの考えはぜひとも知っておいて欲しいです。
   ⇒ ジョコビッチの生まれ変わる食事
ラベル:健康診断
posted by ソノキニ at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ジスロマック

こんにちは、塩ゆずの次は、「乳酸キャベツ健康レシピ」を
やってみようと思っているソノキニです。
これです。↓↓↓


私は納豆は最近、毎日食べています。
チーズも食べているので、基本的に発酵物質を摂取しています。
これに合わせて、ミネラル摂取も意識しています。

体内で共生しているもの(ミトコンドリア・腸内細菌・皮膚表面の常在菌など)と
仲良くする意図もあります。

ミネラルは、体内酵素を働かせる上ですごく重要ですので、
意識してみてください。特に糖尿関係が気になる人は、
亜鉛とセレンは意識してくださいね。




さて、それでは本題です(笑)

最近、ジスロマックという薬を飲んだので、そのご紹介をしたいと思います。
意外と病院で処方されていると思いますが、この薬いいですね。

DSC05336.JPG

3日飲んだら、7日効くという優れものです。
薬って、飲み忘れがもありますよね。
症状がしっかり出ていれば、あまり飲み忘れはないでしょうが、
あまりない場合は、忘れることもあります。

飲み忘れを防ぎやすいこともさることながら、作用も良くて、
細菌が集中しているところに行って効くので、効き目が出やすいわりに、
その分全身的な(患部と関係ない場所)副作用が出にくくなっています。

また、この薬は「マクロライド系抗生物質」というもので、
抗菌スペクトルが広いです。(対象の細菌が広いということ)

以前、同じ症状で別の病院にかかった時になかなか治りませんでした。
そのお医者さんは好気性(酸素を必要とする)細菌に効く薬を
出していたのですが、結局、細菌を調べたところ、嫌気性(酸素を必要としない)細菌で、
細菌違いでこうも効かないのかと実感しました。

抗菌スペクトルが広い薬というのは、こういったことが防ぎやすくなります。
細菌調べるのにも、お金をとられますからね(笑)

もちろん、医療用医薬品で抗生物質ですので、副作用がゼロということは
ありえませんが、割と優れた薬だと思います。

追伸:ソノキニは、薬はわかって飲むと、効き目が良くなると思っています。
   その気になって、飲んでほしいんですよ。良くなるならプラシーボも使いましょう。
posted by ソノキニ at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。