2010年09月09日

薬の飲み合わせ

こんばんは、ソノキニです。

さて、今回は薬との飲み合わせについて、
お話したいと思います。

このブログを読んでいるあなたは、おそらく
薬の服用の際は、水で飲んでらっしゃるとは
思いますが(笑)、中には、

薬を服用する際に、それ以外の飲料や、
毎日飲みつけているサプリメントと一緒に
服用する方も多いです。

悪い飲み合わせがなぜいけないか?というと、

薬の効き目を弱めてしまったり、逆に効きすぎて、
副作用が出たりするからです。

今回は、1つだけ例をあげますが、これ以外にも、いろんなものが
あるかもしれませんし、仮にやってしまったからといって、100%出ると
いうものでもありません。

しかし、身体を守る意味でも、知っておくべきだと思います。
(100%水だけで、飲む人で、サプリの服用をしない方は大丈夫ですが。)

では、今回は、アスピリンを例にしたいと思います。

正式名称:アセチルサリチル酸です。商品では、バファリンが有名です。
(お客様でバッファリンという方がおられると、「カワイイ」と思っていました)

市販薬の観点から見ると、飲み合わせがまずいものは、

   コーラ、ビールです。

これらと一緒に飲むことで、消化管内(胃や十二指腸等)のphが変動し、
アスピリンの吸収速度が遅くなります。

つまり、効き目が遅くなります。

まあ、ビールで飲むことはないと思いますが、
コーラはひょっとしたら、あるかもしれません。

特に、薬は胃内のphを利用して、分解・吸収をはかったり
するものがあるので、他の薬でも飲まないことをおすすめします。
(コーラはph2〜3と、他の飲みものと比べても、強めの酸です)

それと、アスピリンは鎮痛効果以外にも、抗血栓作用を期待して
病院で処方されることがあります。
(市販薬は鎮痛用なので濃度が違います。抗血栓作用は起こりません)

それが目的で、飲んでいる方は、

  ・ビタミンC
  ・ガルシニアカンボジア
  ・アカツメグサ
  ・イチョウ葉エキス

等に気をつけてください。いずれも、出血傾向を招きます。
アスピリンで、血栓ができないようにして、出血傾向になっている
状態に拍車をかけるのです。イチョウ葉エキスは、それを
意図して飲んでいる方もおられますが。

ガルシニアカンボジアは、ダイエットのサプリメントに
よく入っています。そして、何よりビタミンCがちょっと
驚きです。ただ、ビタミンCに関しては、どうしてそうなるのか
がよくわかっていません。

  ・タバコ

コレに関しては、アスピリンの作用を弱めるので、血栓が
出来やすくなります。極力やめてください。

ちなみに、アルコール・タバコは、全てではありませんが、
多くの薬の飲み合わせに、よくないということを、一応、
頭に入れておいてください。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。


posted by ソノキニ at 19:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかく身体のために飲んでいるに・・・
効きすぎたり効かなかったりとはもったいない
ですね。

タバコやアルコールなどもいけないのは
知りませんでした。

なるだけ一緒に摂らないようにしたいと思います。
Posted by 明子姉 at 2010年09月10日 23:05
明子姉さん

コメントありがとうございます。

こうみてみると、薬とは言えないものの、
食べ物もいろんな影響を身体に
与えているんだなあと思います。

効かないのも、もったいないですが、
効きすぎるのは、危険性もあります。

気をつけたいものです。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2010年09月11日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。