2010年10月22日

良い流れになってきました。

こんにちは、ソノキニです。

ニュースです。

今回、開かれた「薬事・食品衛生審議会安全対策調査会」において、
「新世代」といわれた成分が、数種類区分変更になりました。

第1類から、指定第2類へ
  ・ケトプロフェン(医療用モーラステープが有名)

第1類から、第2類へ
  ・アゼラスチン(アレルギー用市販薬:ハイガード)
  ・ケトチフェン内服薬(アレルギー用市販薬:ザジテン)
  ・ラノコナゾール(水虫用市販薬:ウインダム)
  ・トリアムシノロンアセトニド(口内炎用市販薬:ケナログ)
  ・アデノシン三リン酸(滋養強壮市販薬:パニオンコーワ錠)

いつから、店頭で開始かはわかりませんが、かなり良いものが、
売れるようになりますね。

特に、ハイガードやザジテン、口内炎薬は問い合わせで苦労した
店も多いと思います。

特にソノキニは、どれもおすすめしていた成分なので、
本当に良かったなぁと思います。

しかし、一つ気になるのが、ケトプロフェンの貼布薬です。
これは、正直驚きでした。これは、光過敏性の副作用があるので、
気軽な市販薬にはしないと思いましたが、思い切りましたね。

結構、積極的な規制緩和だと思います。

ちなみにこの流れは、何を意味しているのかというと、
ズバリ、

  「医療費削減」です。

実際には、本当にやらなくてはいけないことが、奥には
まだ控えているのですが、とりあえず前段階で、

「病院でもらう薬が簡単に買えますよ。だから、病院に行かないでね」
「国のお金で、薬もらわないでね」

ということなんです。

モーラステープは、病院での処方量の多い薬ですから、
特に意識して踏み切った感があります。

ケトプロフェン貼布薬は、ヨーロッパでは、医療用から緩和することに
慎重な国も多く、市販薬になっていないところもあります。

しかし、国家予算の半分が医療費という、税金とって、借金を未来に残して、
医療費を支える状況を変えたいのはわかります。

病院で、安く薬をもらっても、保険料が高くなったり、税金が上がったりしたら、
何をやっているかわかりませんからね。

これからの国の本気度に期待したい気持ちです。

そして、登録販売者のみなさん、キッチリとした接客をよろしくお願いします。
(特にモーラステープはね)

最後まで、お読みいただいて、ありがとうございます。


posted by ソノキニ at 14:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モーラステープ家にはたくさんあります!
母が病院に行っては使わないのに
安いからもらってきたって言ってます

医療費〜(笑)

良い方向に向かっていますね。良かったです

Posted by 明子姉 at 2010年10月23日 21:49
       明子姉さん

コメントありがとうございます。

モーラステープって、意外とどこの家庭にも
あったりします(笑)

湿布って、もらいやすいんですかね?

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2010年10月24日 21:52
ほほ〜。モーラス人気ありますものね。
登録販売者しています。ケトプロフェンパップ入荷できるか試してみようかな。モーラスの袋持参して同じのくださいってこの前いましたから。情報ありがとうございます
Posted by やんばるママ at 2013年01月02日 13:49
      やんばるママ さん

コメントありがとうございます。

>モーラスの袋持参して同じのくださいって
>この前いましたから。

袋持参って、商品の特定が容易だから、
とても助かりますよね(笑)

効き目もさることながら、薬の認知が
本当にある薬ですからね。売り上げへの
貢献もありそうです。

この記事が2010年であることを知って、
ちょっと驚きました。
時が流れるのは早いですね。

もし、また何かありましたら、
またコメントくださいね。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2013年01月04日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。