2011年10月03日

気まぐれ登録販売者ロード(2)

おはようございます。ソノキニです。

コメントもいただきまして、ありがとうございます。
どしどし、コメントくださいね。答えだけでもいいですよ。
何かのキッカケでもいいので、使ってください。 


問題:乗物酔い防止薬に配合されているアリルイソプロピルアセチル尿素の作用として、
    正しいのはどれか。1つ選んで下さい。

1.鎮吐作用
2.鎮暈作用(乗り物酔いを鎮める)
3.鎮静作用

という問題でした。

正解は、『3』番の鎮静作用ですね。

乗物酔いに影響を及ぼす不安、緊張を取り除く
目的で乗物酔い防止薬に配合される場合があります。

働きとしては、脳の興奮を鎮めるというものになりますので、
脳の働き、脳の反応が弱くなります。

それが結果として、眠気という副作用になったりしますが、
痛みの反応が弱くなったりする利点もあります。(←頭痛薬に配合するのはこれが目的)

それと、常習性があるのと、胎児の催奇性も注意が必要です。

以前、佐藤製薬さんにあった薬で、この成分が主成分の薬がありました。
記憶が定かではないのですが、睡眠の効能効果はありませんでしたが、
眠れない方がすごく気に入って飲んでいました。(製造中止になったと思います)

特に眠れない方というのは、薬に頼る傾向にあります。
それが薬の成分による常習性なのか、心理的なものなのかはわかりにくいので、
別の薬をすすめる手立てを知っておくことも重要です。

この成分というのは、ブロムワレリル尿素と同じように、鎮痛剤を中心に
割と多くのOTC薬に配合されています。

一般の方も知っておいて欲しい成分です。

それでは、次の問題。

問題:胃腸薬に配合されるメタケイ酸アルミン酸マグネシウムのはたらきはどれか。
2つ選びなさい。

 1.胃酸を中和する。
 2.胃酸の分泌を抑える。
 3.胃粘膜を保護する。
 4.胃粘膜血流量を増加する。

気軽にコメントくださいね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


posted by ソノキニ at 09:31| Comment(2) | 登録販売者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
答えは1と3ですね。
副作用としてはアルミニウム脳症/骨症に注意(←長期連用×)。
透析を受けている人は服用×。腎臓が悪い人も注意。
風邪薬や解熱鎮痛薬などでアルミニウムやマグネシウムが入っている物もあるので重複に注意。
こんな感じでしょうか?

2はファモチジン(ガスター)とかピレンゼピン(ガストール)、4はテプレノン(セルベール)とかですかね…?
Posted by ひぃ at 2011年10月06日 12:55
       ひぃ さん

コメントありがとうございます。

気をつけるべき点を理解していていいですね。
薬理等も、もしわかる部分があれば
書いてみてください。

必ずしも知っておかなくてもいいですが、
ちょっと楽しくは覚えられたりしますからね。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2011年10月08日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。