2011年10月20日

気まぐれ登録販売者ロード(4)

こんばんは、ソノキニです。
前回の問題は、以下のようなものでした。

以下は、「コルゲンコーワIB『1日2回』Tカプセル」の添付文書の記載です。
これが記載されているのは、どの成分が配合されているためでしょうか。
1つ選んでください。

次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
・授乳中の人。
・高齢者。
・次の診断を受けた人。(一部抜粋)
 甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧

 1.イブプロフェン
 2.d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
 3.ヨウ化イソプロパミド
 4.デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
 5.dl-メチルエフェドリン塩酸塩
 6.無水カフェイン


正解は、「5」番のdl-メチルエフェドリン塩酸塩でした。

乳汁中への移行が知られており、高齢者では何かと副作用が起こるおそれが高くなります。
特に高齢者は何かしらの薬を飲んでいる人がいますので、相互作用にも気をつける必要が
あります。

この成分のポイントは、交感神経刺激作用です。
甲状腺機能障害の悪化や、心拍数増加、血圧上昇、血管収縮、などがあるため
心臓病、高血圧を悪化させるおそれがあります。

肝臓でのグリコーゲンの分解促進もあるので、糖尿病を悪化させるおそれもあります。

交感神経と副交感神経をしっかり理解しておくと、すごく薬のことが
わかりやすくなりますので、頭に入れておいてください。


  交感神経優位  ・・・ケンカモード
  副交感神経優位 ・・・温泉でリラックスモード


といった感じです。どっちかが優位になるかということなので、片方が強いと、
片方の作用がなくなるということではありませんので、生きている限り両方のモードは
動いています。どっちが強いかの問題です。


それと、この問題でのポイントは、「してはならない」ではなく「相談すること」に
なっているところです。これらの人が服用してはならないというわけではありません。

それと、乳汁中への移行率に関しては、6番のカフェインがおそらく一番高いものに
なると思います。赤ちゃんの、夜泣きや疳の虫がなかなか治らない場合は、
樋屋奇応丸を試すのもいいですが、授乳しているお母さんが、コーヒー・緑茶などの
高カフェイン系の摂取をやめるだけでも、効果があります。

過去、これをすすめて、『夜泣きがなくなった』と言われたこともあります。

ちなみに樋屋奇応丸は、子供のヒステリー用の薬と考えておいてください。


では、問題です。

「スルーラックデトファイバー」の使用上の注意で、「してはいけないこと」に、
「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください」と
記載されるのは、どの成分を配合しているためでしょうか?1つ選んでください。

 1.プランタゴ・オバタ種皮末
 2.アロエエキス
 3.ジュウヤク末
 4.センノサイドカルシウム

今回は、「してはいけないこと」ですからね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ




posted by ソノキニ at 19:48| Comment(6) | 登録販売者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

漢方薬のことでいろいろ情報探してて、こちらに巡り合いました。
お薬の情報満載で、最初にさかのぼって読ませていただこうと思います!

宜しくお願いします。
Posted by あすか at 2011年10月22日 16:59

4番の、センノサイドカルシウム・・・でしょうか?

以前、ソノキニさんに授乳中の便秘対策で、ウィズワンと言う便秘薬を飲んでも良いか?を相談させて頂いた時に、「センナが入っている為に、オススメ出来ません」と言う、アドバイスを頂きました!

しかしセンノサイドカルシウムと、センナは、似ているようで、ちょっと違う気もします。

素人なので・・・と言う、言い訳を前提に、ハズレ覚悟でコメント参加させていただきます(笑)


すみません。あと、TPP参加には私も反対です。
ソノキニさんの記事を読み、少しTPPについて学び始めました。

私もいち国民として、日本の将来を政治家の責任にせず、きちんと情勢を把握して意見出来る国民でいなければと、反省しました。


いつも応援しています!







Posted by 抹茶味 at 2011年10月22日 19:42
こんばんは、このコーナーは自分の知識の整理に大変役立っていてありがたいコーナーです。

では、さっそく答えを。
答えは4.センノサイドカルシウムですね。
センノシド(センノサイド)はセンナから抽出された成分で、乳汁移行し、赤ちゃんが下痢をする可能性があるため、授乳中は×。確か、ダイオウにもセンノシドが含まれていたはずなので、それも注意が必要。
センノシドの作用としては大腸の腸内細菌による分解産物が大腸を刺激することによる瀉下作用。

あと、この商品に関して店頭でお伝えしたいポイントとしてはプランタゴ・オバタの効果を十分に出すために「コップ一杯の水で飲む」ということですね。

こんな感じでしょうか。


P.S.先日、登録販売者試験の合格発表があって、無事合格していました。
Posted by ひぃ at 2011年10月22日 22:04
     あすか さん

コメントありがとうございます。

幣ブログを見つけていただき
ありがとうございます。

これも何かの縁だと思いますので、
いろいろと疑問がありましたら、
お気軽にコメントくださいね。

Posted by ソノキニ at 2011年10月24日 09:32
     抹茶味 さん

コメントありがとうございます。

別に間違えても、罰ゲームもありませんし(笑)
お気軽にどうぞ。

間違えることや失敗すること、他人と違う事を
あまりにも嫌悪しすぎる風潮もありますが、
ここでは無視していただいて結構です。

『自分を高めたい人なんだな』としか
思いませんから。

TPPを調べていただいたんですね。
その行動がとてもご立派です。

いつもありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2011年10月24日 09:35
       ひぃ さん

コメントありがとうございます。

それと合格おめでとうございます。
今までの努力が結果になってよかったですね。

従来、薬を販売することを生業としてきた
人間にとっては、薬を販売できる権利を
有するとは大きなことです。

その権利に責任を加味して、がんばってくださいね。

プランタコ・オバタの一言も大事ですね。
その仕組みも一緒に合わせると、より水を
少し多めに飲む意識をお客さんに伝えられると
思います。

いつも素敵な向上心ですね。
ありがとうございます。

Posted by ソノキニ at 2011年10月24日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。