2012年05月11日

イブプロフェン含有商品の添付文書変更が行われています。

こんにちは、ソノキニです。

イブプロフェン製剤は、かなり商品化されていますね。

世界的に見ると、鎮痛剤はアセトアミノフェン製剤が多いのですが、
日本だと、バファリン(アスピリン)やイブA錠(イブプロフェン)などが、
人気です。

また、総合の風邪薬にも多く、「ルルアタックEX」「パブロンエース」「ベンザブロックL」など
有名ブランドも多いです。

確かに、イブプロフェンは飲んだ場合に、効き目を実感される方も
多いでしょうし、効き目も実際良いです。

ですが、得てして、効き目の良さは、その反作用も生みますので、ご注意ください。

添付文書というのは、薬を買ったときに入っている「説明書」ですね。
それに「してはいけないこと」とか「相談すること」とか、その他の注意点とか、
いろいろ書いてあります。

さて、添付文書の今回の改訂ですが(細かいのはチョコチョコ変更されます)、

イブプロフェン製剤では、今までになかった注意喚起があります。
(全ては取り上げていません。目立ったものを取り上げています。
詳しくは各メーカーHPをご参照ください)

「してはいけないこと」の欄に追加されました。
   1.次の人は服用しないで下さい。
    (4)出産予定日12週以内の妊婦

が追加されました。これは、結構気になっていたんですよね。する人がいますから。

さすがに妊娠初期には、服用をしないでしょうが、2人目、3人目になると、女性もなれたもので、
安定期になると「大丈夫だから」と服用する方がおられます。

これ、知っておいてくださいね。

特にイブプロフェン系統の薬剤は、全身に効くタイプですので、注意が必要です。

 「相談すること」の欄に追加されました。

     再生不良性貧血
     無顆粒球症

再生不良性貧血というのは、骨髄で血液(血球)がつくられなくなる病気です。
先天性の場合もありますが、鎮痛剤や抗生剤等で起こることもある病気です。
(発生数は少ないですが)

青あざ、鼻血、歯ぐきの出血などが起きたり、気分が悪くなりくらっとしたり、
血尿等があらわれたりします。

無顆粒球症というのは、免疫力が低くなる病気です。
顆粒球という免疫に深く関係した、外から体内に侵入した悪いやつを退治するものがあるのですが、
それが出来なくなるのです。

突然の高熱、さむけ、のどの痛み等が症状として現れるのですが、免疫力が下がるので、
当然こういった症状が現れます。

特に危険なのが、高熱・さむけ・のどの痛みというのは、一見風邪の症状のようなので、
風邪を引いて、風邪薬を飲んでいたら、気づきにくいということです。

原則として、「薬を飲んで悪化したら、病院に行く」ことを行ってください。

薬を飲んで悪化することは、ドラッグストアだけでなく、病院でもあることですが、
その対処方法は病院に頼るほかはないからです。

そして、何よりも薬を飲んでいても、自分の体調の変化には気をつけてくださいね。
がんばる人ほど、要注意です。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:第一三共さんのHPを参考にさせていただきました。


posted by ソノキニ at 14:41| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!
いつも楽しく拝見しております。質問なのですが、薬局やCMで沢山流れいるコンドロイチンとグルコサミン。どちらもすごく効きそうな感じがするのですが、一体なにが違うのでしょうか?
母が手足の痺れ、膝の痛みが酷いので買ってあげたいのですがどちらが効果的か良くわかりません。しかしどちらもそんなに安くないので迷ってしまいます。是非よろしくお願いします。
Posted by メル at 2012年06月03日 14:29
      メル さん

コメントありがとうございます。

グルコサミンもコンドロイチンも
身体を構成している要素ですが、
ざっくりお伝えすると、

コンドロイチンは、関節同士がぶつかるのを
防止するクッション代わりで、
グルコサミンは、関節の側面に存在します。

そして、体内では
グルコサミン⇒コンドロイチン
⇒コンドロイチン硫酸という形に
変化して使うので、

コンドロイチン硫酸のものを摂った方が
効果は早いです。

そして、年齢と共に、グルコサミンから
コンドロイチン硫酸まで変える力が弱く
なってくるので、グルコサミンよりも
コンドロイチンが良いかもしれません。

一応、現状ではそうなっていますが、
最近、チラホラ、コンドロイチンの効き方に
疑問を呈している実験結果や論文が出ています。
(それが間違いかもしれませんが)

今後はどうなるかはわかりませんが、
そういった状況はあることは知っておいて
ください。

とりあえず、市販薬であれば、
ゼリア新薬さんのが、おすすめではあります。

ちなみにコンドロイチン○○○mg配合と
書いてあっても、コンドロイチン「硫酸」
換算にすると、大した量ではないことも
多いので、コンドロイチン硫酸を買う事を
おすすめします。

また、質問があれば、お気軽にどうぞ。
ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2012年06月04日 13:58
すっごく分かりやすい回答ありがとうございます!
早速母にプレゼントしてあげようと思います♪
やっぱりただ広告を見ているだけではわからない事沢山ありますね。薬って奥が深いな〜とおもいました。
コロリと騙されないよう気をつけます。

Posted by メル at 2012年06月11日 22:33
       メル さん

コメントありがとうございます。

広告だけじゃ、本当にわかりません。
そして、実際にそういったことを
教えてくれる人もあまりいません。

何を優先して、生きて仕事をしているかは、
人それぞれですが、「教えない・知らせない」
という新しい嘘がマスコミはやるので、

その辺を見るようにすると、
意外とわかってきます。

また、お気軽に質問してください。
ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2012年06月12日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。