2012年06月07日

医療用医薬品を常用している人を、どう思いますか?

こんにちは、ソノキニです。

薬の常時服用は、よく問題視される事柄ではあります。
しかし、それはOTC薬(市販薬)に多く、それよりも身体に対する作用が強いはずの
医療用医薬品には、向けられていないような印象があります。

例えば、向精神薬しかり(生活保護を使ったビジネスがあると噂もされています)、
降圧剤(血圧を下げる薬)しかりです。

確かに、お医者さんはプロなんだし、知識も豊富だから従うべきという考えはわかりますが、
考えようによっては、素人が甘い考えで、OTC薬を常用するよりも、医者が漫然と
医療用医薬品を出し続ける方が、罪が重い気がしませんか?そして、そういった薬を出すだけが、


    治療と言えるの・・・?と思うのです。


実際に、患者に伝えているのならばいいんですが、あまり伝わっていないことも
多いんじゃないでしょうか?とくに降圧剤の売上の良さを考えると、不信感がわきます。

降圧剤の一部が、市販薬になる噂ありますので、降圧剤を何のために死ぬまで飲まされているか、
お知らせしておきます。それは、


     脳や心臓、腎臓、その他大きい病気を予防するためです。


つまり、高血圧が引き起こすであろう重たい病気の予防のためなんです。
ですから、血圧のコントロールがうまくいっていれば、飲む必要はないんです。

効き目はともかくとして、意図するところは、健康食品のアミールSと
なんら変わらないことを理解しておいてください。

真面目な人ほど、特に血圧の変動に目を向けるでもなく、薬をちゃんと飲んでいたりします。

そのことで、身体に対して、何らかの影響を与えることがあり、
肝機能が弱ることで、咳を招いたり、降圧剤の副作用で出る場合もあります。
「咳がなかなか治らない」というおたずねに来られる方に、服用している薬を聞くと、
降圧剤を飲んでいる率が目立ちました。(交感神経刺激剤による気管支拡張には、注意)

ちょっと、まとめますね。

   ・降圧剤は、高血圧を治す薬ではない。
   ・降圧剤は、高血圧が引き起こす病気予防のために飲んでいる。
   ・降圧剤を飲まなくても、血圧がコントロールできれば、飲む必要はない。
   ・「降圧剤は、一度飲んだら止められない」と言われるが、止めさせたくない人がいる?

ということです。

日本の高血圧の基準は、WHOと比べても、ちょっと細かくできています。
それが妥当かどうかは、はっきりとは言えませんが、少し高血圧患者を作っているような
雰囲気が漂っています。(ちょこちょこ、変わっていたりする)

当然、いろんな人がいて、いろんな病気があり、いろんな問題があって、飲み続けなくてはいけない薬が
あることは理解しています。ですが、本当に一生飲み続ける薬なのか?ということを
患者が知っていたり、考える必要があるのではないか?と思うのです。

製薬メーカーで、儲けに敏感なところが、頑張っています。
身体をかけて、その歯車になる必要は、何らありません。

自分の身体は、自分で守ることが、もっと必要になります。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:一時、塩分と高血圧の関係のネット広告が、頻繁に出されていました。
   (最終的には、高血圧薬の説明にとぶようになっていましたが)

   あ、塩分と高血圧の関係は、あまり気にしないでいいです。気になる方は、
   安い塩を使わなければ大丈夫です。つまり、「塩化ナトリウム99%」を摂るのをさけて、
   天然塩をとっていれば、大丈夫です。むしろ、イライラやストレスの方が、やっかいです。

   


posted by ソノキニ at 15:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。