2012年06月27日

たまには、こんな話題も・・・ 「ポパイは正しかった! ホウレンソウに含まれる硝酸塩に筋肉増強効果」

こんにちは、ソノキニです。
ちょっとした面白いニュースがありましたので、取り上げたいと思います。

ポパイは正しかった! ホウレンソウに含まれる硝酸塩に筋肉増強効果
ソースは、こちら↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000033-jij_afp-int

>今回の研究で硝酸塩によってカルシウムの蓄積と放出に関与する2種類のタンパク質が
>増えていたことが分かった。これらのタンパク質が増えると筋肉内に放出される
>カルシウムの量が増え、カルシウムの放出量が多いほど筋肉は強く収縮するという。

ポパイのアニメって、今の子どもたちは目にする機会があるんでしょうかね・・・。
ほうれん草の缶詰って、今も売ってあるんですかね・・・。

ファミコンで、「ポパイ」をやっていた世代としては、気になります(笑)

さて、今回の研究内容ですが、知っておいて欲しいポイントは、筋肉の収縮にカルシウムが
関与しているということです。これは、運動だとすぐにピンとくるでしょうが、
実は、それ以外にも身体の維持にすごく重要です。

わかりやすいもので言えば、「心臓」が挙げられます。

心臓の心筋という筋肉は、独立して動いているのですが、カルシウムのおかげで、
動くことができるため、全身に血液を送ることができます。そう考えるとすごいでしょ?


カルシウムの重要性を、感じていただけました?


これを利用した薬もあります。
心臓の主な仕事は、血液を全身に送ることですが、そのことは当然、血圧にも関与します。

ひょっとしたら、OTC薬として、将来的に販売されるかわかりませんが、
降圧剤として、「カルシウム拮抗薬」というものがあります。

これは、筋肉にカルシウムイオンを流入させないようにする薬で、筋肉の働きを
弱くするものです。そうすることで、血管の収縮が弱まり、血管を拡張させたり、
心臓からの圧力を弱めたりして、


      血圧を下げることになります。


単純に「カルシウムを多く摂ればいいとか、少なく摂ればいいとか」という話では
ありませんので、ご注意ください。

言わなくてもご理解いただけているとは思いますが、安易に硝酸を摂ろうとしたり、
ほうれん草を急にたくさん食べたりしないでくださいね。

ほうれん草にもいろんな成分が入っており、そう都合よくはいきません。

このソースの本文を読めばわかりますが、
硝酸塩で実験⇒硝酸塩は、ほうれん草に含まれている
⇒ポパイと掛け合わせたら、面白い記事に?

ということです。ほうれん草を食べたからという研究結果ではありませんから。
それに、あくまでもマウス段階ですからね。

それにしても、最近の記事の見出しというのは、「煽る」のがとても多いですよね。
ご注意くださいね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:カルシウムの摂りすぎは、便秘や骨粗鬆症を招く場合がありますので、要注意です。
   世界的な酪農国の方が、骨粗鬆症が多いという不思議があります。
   (使わないカルシウムを摂ることで、過剰と判断して、骨に蓄えているものを捨てるため)


posted by ソノキニ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。