2012年07月23日

類似名称の薬剤取り違え、約5年半で20件−日本医療機能評価機構

こんばんは、ソノキニです。

ちょっと気になるニュースを・・・

類似名称の薬剤取り違え、約5年半で20件−日本医療機能評価機構
ソースは、こちら↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120723-00000001-cbn-soci

薬の取り違えはあってはいけませんが、やはり人間が介在するので、
発生することはありえます。

ただ、約5年半で20件が本当であれば、割と少ないような気がします。
実際には、隠していたり、報告していなかったり、把握していないことも
考えられますので、何とも言えませんが、多いという数字ではない気がします。

この記事の中で、気になったのが、

>院外薬局の薬剤師は、疑問を感じながらも病院側に確かめず、3か月分を調剤した。
>服用を続けた患者が、次の処方のためにほかの医療機関を受診した際、
>薬剤が違うことが分かった。

というところです。

医薬分業とか言われていますが、実際はこうだろうなぁと思います。
院外処方の利点は、薬剤師がチェックできるところにあるはずなのに、

「疑問を感じながらも病院側に確かめず」状態。

まあ、意味がないですよね。
お医者さんに尋ねづらかったり、面倒だったり、いろいろあるでしょうが、
やって欲しいですよね。(イジメを放置した先生みたい)

当然、ここに上がっていない、間違いに気づいて、訂正してらっしゃる
薬剤師もいると思います。それだからこそ、この低い数字である可能性も
あります。

今後も、間違いが無いように、関係各所は気をつけていくはずですが、
それでも、間違いが出る可能性があります。

それは、「仕方がない」部分もありますが、自分がその対象になるのは、
絶対に嫌だと思いますので、薬をもらうときには、


『何のために、これを飲むんですか?』


と聞いてください。

お医者さんと薬剤師を信じることも大事ですが、素人の素朴な質問は意外と、
核心をついていたりしますので、イージーミスが防げます。
ちょっとでも、疑問、違和感、感じたら遠慮なく尋ねてください。

ちゃんと教えていただけるはずですので。

自分で自分の身を守ることを、頭の隅にでも、入れておいてください。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:単純にミスが悪いと言っているわけではありません。ミスは起こります。
   チェックができる気持ちを持っているかが、重要です。







posted by ソノキニ at 20:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薬の取り違えではないのですが。。。

つい先日風邪をひきまして
風邪薬、抗生剤もらいました。

先月も風邪でお薬をもらって
内容はだいたい同じでしたが

抗生剤の飲み方の説明が違っていたので
なんかおかしいなぁって思いました。

一人の薬剤師さんは朝と夜2回と言われたし
もう一人の方は朝1回2錠飲んでと
言われて。。。

そのとき聞けば良かったんですが
なんとなくそのままにしてしまいました。

効き方などでずいぶん違うのでは
ないかな?と疑問に思っても
つい面倒でそのままってこわいですね?

今度そのようなことがあれば
ちゃんと聞きたいとおもいます。
Posted by 明子姉 at 2012年07月23日 22:07
      明子姉さん

コメントありがとうございます。

お風邪はどうですか?
暑い時期の風邪は、冷たいものの摂取が
多いせいで、治りづらくなります。

それと、種類や症状にもよりますが、
風邪には抗生物質は効きませんので、
そのことは知っておいてください。

病院は処方しますけれど。
(二次感染予防とか、いろいろと言います)

何か聞きづらいとか、タイミングを失うとかは
わかります。でも、知っておいて損はない
ですし、万が一ということもありますので、
勇気を出して、聞いてみてください。

それと、お客で行くときには、自分は1回目
ですが、薬を渡すほうは、何人もしているので、
ついつい流れ作業的な感じになることも
あります。

慣れというか。

ですので、それもちょっと知っておいて
ください。

いつもありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2012年07月24日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。