2013年01月24日

胃腸と肝機能を知る(4)

こんにちは、ソノキニです。

第4回になります。

前回が吸収の話でした。消化して、吸収する。

その次は、肝臓に運ばれます。
肝臓に運ばれますが、全てというわけではありません。
主に水溶性のものを中心に運びます。

脂溶性のものは、リンパの流れにのりますので、後ほど肝臓に到着します。

さて、肝臓に運ばれたものは、各細胞で問題なく使えるように、
加工されます。有毒なものであれば、解毒をします。

薬やアルコールなども、酵素を用いて、まずは無毒化します。
薬ではチトクロムというのが、比較的有名な酵素です。
この無毒化具合を計算して、薬はつくられています。

完全に無毒化されたら、薬は効きませんからね。

アルコールだと、アルコール脱水素酵素というので、アセトアルデヒドと
いう形にして、アセトアルデヒド脱水素酵素というので、酢酸にします。

そして、酢酸を水と二酸化炭素にして、無毒化完成です。

         アルコール
           ↓   ←アルコール脱水素酵素
           ↓
        アセトアルデヒド(二日酔いの原因物質)
           ↓   ←アセトアルデヒド脱水素酵素
           ↓
           酢酸
           ↓
           ↓
        水、二酸化炭素

この流れですね。

二日酔いを起こすのは、このアセトアルデヒドを
分解するのが、うまくいかないからです。

基本的に酒は才能です。

これらの酵素があるかないかが、明暗をわけます。
元々、お酒に強い人は、これらがしっかりあるので、
ご先祖様に感謝してください(笑)

日本人は、比較的下戸が多いと言われますが、
それはこの酵素をたくさん持っている人が欧米人に比べて
少ないからと言われています。

さて、ここで問題があるのですが、
お酒が弱い人が、多く飲んだときにはどう対処するのでしょうか?

気合と根性でどうにかなればいいですが、そうも行きません(笑)

そこで登場するのが、


     「解毒系」(MEOS酵素系)です。


これで処理をするのですが、この系は、「活性酸素」を使用しますので、
肝細胞を傷つけてしまうことがあるのです。

ちなみに最初はお酒が弱かった人がだんだん強くなるのは、
ここが鍛えられていくからです。
その代わり、肝細胞を傷つけるリスクも上がっていきますが。

お酒に対する対応方法としては、
ウコンやハイチオールCに代表されるような、肝機能アップ系と、
ヘパリーゼEXに代表されるような、肝細胞復活系があります。

ウコン(クルクミン)やハイチオールCは、肝機能を高めて、
アルコールの分解等を促進します。

ヘパリーゼEX等は、肝臓水解物といういわゆる肝細胞の材料のようなものが
入っており、損傷した肝細胞を修復するのに役立ちます。

肝臓は、自分で自分を製造できる臓器で、生体肝移植をしたとしても、
数年経つと、かなり元の大きさまで戻ったりします。
お酒が弱い人は、解毒系をよく使うので、活性酸素による肝細胞の損傷が
目立つと思うので、こちらの方がおすすめです。

肝臓をガンガン動かそうとすることと、
弱った肝臓、損傷した肝臓を修復することは、
違います。

このニュアンスをわかっていただけるでしょうか?

それよりもまず、これらの話に
ついてきていただけてますか?(笑)

ざっくり言うならば、あまりお酒を飲まない方が、今日だけ飲む場合は、
ウコン(個人的にはおすすめしませんが)やハイチオールCの系統で、

お酒を飲んだ後、具合がよくないとか、飲み会が続くとか、
お酒が弱くなったとか、そういった方には、ヘパリーゼ等がおすすめです。

ちょっとわかりづらい部分もあるかもしれません。
そんな時は、遠慮なく質問くださいね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ






追伸:チョコラBBに配合されている、ビタミンB2B6も肝機能が働く際に
   役立ちます。


posted by ソノキニ at 16:00| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。