2013年01月26日

胃腸と肝機能を知る(5)

こんにちは、ソノキニです。

今回で、第5回目です。
こういった体のことは、一見複雑なような気がしますが、
「理」で動いていますので、細かいことを見るよりも、

ザックリでいいので、把握しておいて、
そして、何かしらのイメージを持っておいてください。

『胃が動いて、腸に送っているなぁ』とか、
『腸で吸収して、肝臓に送っているなぁ』とか、

『肝臓で、解毒してくれているなぁ』とか、
詳細なメカニズムよりも、まずイメージを持ってください。

そうした方が、身体にも優しくしやすいですし、
全く知らない誰かに伝える際も、役立ったりもしますから。

さて、今回は前回の補足から入ります。

肝機能について、ザックリと話しましたが、
要は、心臓に送って、全身にばらまいてもいいかどうかを
取り締まっているわけです。

有毒なものは、送れませんし、また過剰すぎるものは、肝臓で貯蔵したりします。
糖分もグリコーゲンという形で、貯蔵したり、脂分(脂溶性のもの)を貯蔵したり、
鉄も貯蔵してたりします。
(動物のレバーに鉄分がタップリなことでもご理解いただけると思います。)

ちなみに、ウコンで肝臓に関するトラブルが起きるのは、この鉄分が関与していまして、
ウコンの中には、鉄が入っています。

健康な人はいいんですが、肝臓にリスクがある方が、ウコンをとることで、
鉄分が多くなる場合があります。

鉄というのは、錆びることを考えても、活性酸素と結びついて、
酸化を起こしやすいですので、肝臓もご多分にもれず、
酸化しやすくなります。

そうなると、肝細胞が繊維化してしまい、肝細胞の役割を行いにくくなることに
つながります。肝臓の病気にまっしぐらということですね。

肝臓は「沈黙の臓器」として、有名です。
痛くなりませんし、最後の最後まで、懸命に働きます。

ですから、症状としては直接肝臓に現れることはありませんが、
じんわり別の形で現れることがあります。

  ・身体のだるさ
  ・皮膚疾患
  ・長期の胃の不調

などなどです。黄疸などは、割と目立つので、すぐにやばいとわかります。
(目の白目の部分が黄色がかる。)

治らない上の何かがあった場合は、可能性として考えられます。
もちろん、肝臓の問題ではなく、その前の吸収するもの自体が悪いことも
ありますので、食生活や通じ等も重要になります。

さて、そうやって、良い状態にしたいろんなものを、血液を使って運びます。
心臓に送って、全身にばらまいてもらうのですが、例えて言うと、

  血管というのは、あくまでも道路です。
  血液というのは、配送の車です。

細胞というお家に、栄養とか酸素とかいう荷物をとどけるという感じですね。

道路が混んでいても、うまくいきませんし、
配送の車の調子が悪くてもいけません。
また、荷物をもってきても、やりとりがうまくいかないと、
届けることもできません。

荷物がとどかないと、その家では、ご飯も満足に食べれません。

どうですか?イメージできますか?

糖尿病という病気は、「糖分」という荷物をいっぱいもって、発送に出ているんですが、
各、家に届けられていないんですね。

インシュリンという名前の配送担当の人がさぼっている場合もあれば、
せっかく届けても、家の人が不在で、渡せないのです。

インシュリンさんは、働き者なのですが、渡せない状況がつづくと、
ふてくされて、サボります(笑)

家に「亜鉛」さんという執事がいれば、ちゃんと家のドアをあけて、
荷物を受け取ってくれるのですが、いないと受け取れません。

結果として、「糖分」という荷物を積んだくるまが、
血管という道路にあふれかえるのです。

ああ、どうしよう・・・。

甘いものや炭水化物(糖質)を多く摂る方は、ミネラル補給もしっかりしてくださいね。

全身に栄養や酸素を届けるには、血行が良くなることが大事ですが、
細胞と血管とのやりとりも重要だということです。
そして、ここでも人間のエネルギーであるATPが使われてもいます。


「胃腸と肝機能を知る」は、今回で終わります。


わからないところ、気になるところがあったら、遠慮なく
質問してくださいね。

ありがとうございます。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ







posted by ソノキニ at 11:43| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。