2013年10月25日

武田薬品工業 アリナミンEXゴールド

こんにちは、ソノキニです。
新商品紹介です。

武田薬品工業さんの「アリナミンEXゴールド」です。

arinamingolud-takeda.jpg

アリナミンEXゴールドの商品ページは、こちら
⇒ http://alinamin.jp/lineup/alinaminexgold.html

処方は、以下の通りです。

  ・フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)109.16r)
  ・ピリドキサールリン酸エステル水和物
  ・メコバラミン
  ・コハク酸d-α-トコフェロール
  ・ガンマーオリザノール
  ・葉酸

武田さんが、アクテージブランドではなく、アリナミンブランドで
神経の痛み系の商品を出しました。アリナミンブランドで出す意味が
あったのかは微妙な気がしますが、アクテージの売上が微妙なのでしょう。

この処方の特徴は、「メコバラミン+葉酸」です。
エーザイさんが、ナボリンSという商品で発売したのが、おそらく最初で、
その後、いろんなメーカーがこの処方を真似しました。

ナボリンSとの違いは、ガンマオリザノールが入っているぐらいですが、
間脳の視床下部というところを安定化させて、自律神経の働きを整えるのが、
目的です。(医療用では、コレステロールの吸収抑制で使われる場合あり)

まあ、OTCでは、あまり期待しないでください。

特徴はそんなにない様ですが、興味深いのが一つあります。


  ピリドキサールリン酸エステル水和物


活性型ビタミンB6です。ビタミンB6の活性型って、結構珍しい気がします。

「活性型」というのは、ざっくり言うと、すぐに効くということです。
ビタミンB群をとった場合、体内に入りますが、

実際に身体に使われる際は、「安定型」⇒「活性型」に移行して使われます。
したがって、はじめから活性型になっている方が、効率がいいんです。

これに入っているメコバラミンも活性型です。
効き目が早い成分ですね。

特にこれは「コバラミン(ビタミンB12の名前)」に「メチル基」が
ついて、メコバラミンという名前になっていますが、メチル基が入ると、
神経への移行がスムーズにいきます。

そのため「メチル」水銀が原因となった水俣病は、神経症状が出やすかったんですね。

ビタミンB6の活性型を使うことが、どれだけ効き目があがることに貢献するかは
よくわかりませんが、そこがちょっと違いますね。

それと添付文書を読んでいたら、興味深い一文がありました。

==================================
<成分に関連する注意>
本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、葉酸によるものなの
で心配ありません。
==================================

これを服用して、おしっこが黄色くなってもあわてないでくださいね。
添付文書も、良かったら読んでみてください。
ためになりますよ。


banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


posted by ソノキニ at 19:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。