2013年12月20日

善悪から離れることが重要

こんにちは、ソノキニです。

タイトルを「善悪から離れることが重要」としましたが、
スピリチュアルな話や哲学の話をしたいわけではありません。

<自閉症>ホルモン点鼻薬を投与で改善 東大臨床試験で効果
ソースは、こちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000061-mai-soci

>自閉症やアスペルガー症候群など「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれる発達障害がある
>男性患者に、ホルモンの一種「オキシトシン」の点鼻薬を投与すると、
>一時的にコミュニケーション障害が改善した

>オキシトシンは子宮を収縮させる作用があり、日本では点滴で陣痛促進剤として承認され、
>海外では母乳の分泌を促す薬としても使われている。

セロトニンを研究している人の中では、オキシトシンがセロトニン生成につながると
言っている人もいます。(確か有田秀穂さんが著書で書いていたような)

薬では、こういったある目的をもった薬が別の目的に使われることが多々あります。
また、副作用が別の薬の主要な効能効果になることもあります。
(抗ヒスタミン剤⇒アレルギー反応を抑える。副作用⇒眠気 別の薬で⇒睡眠導入剤)

副作用の定義というものの中には、悪い状況を生み出すことを言うことがありますが、
私はあくまでも

  「主」作用  と  「副」作用

という風に考えます。

メインの作用があって、それに伴う作用もある。
そこに善悪はありません。

薬は、身体の部位部位にいき、それぞれの反応をしているだけです。

今では、あまり言わなくなってきていますが、コレステロールも然りです。
あれも、本来善悪なんてなく、それぞれに必要な働きをしているだけなのです。

ですが、「善玉コレステロール」とか、「悪玉コレステロール」とか
呼ばれていました。(今も呼ばれていますが)

もし、悪玉コレステロールがいなかったら、細胞をどうやって作るの?って話です。
みんなカサッカサッですよ(笑)

サリドマイド児を産み、一気に悪名を轟かせたサリドマイドも今や、
その血管新生を阻害する効果(このため、胎児の身体が発達が困難になる)で
ガン治療への道が開かれたりしています。

勘違いして欲しくないのは、副作用に目をつぶれと言っているわけではないですからね。
あまりに極端に受け取る人がいるといけないので、念の為にいっておきます(笑)
(また儲けるための改竄や、その他の不手際等は、別問題。)

これからは、薬や健康に関することも、善悪や評判だけにとらわれずに、
見れるようになることが重要なのかなと思います。

なぜならば、インターネットというのは、ある意味究極の「評判世界」だからです。

さあ、下のボタンをクリックして、ソノキニの評判を上げてください(笑)

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:クリックありがとうございます(笑


posted by ソノキニ at 18:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薬の主作用、副作用と考えると
分かりやすいですね。

善悪ではなく見ること
大変勉強になりました。

では評判アップにポチポチ(^^)
Posted by 明子姉 at 2013年12月20日 21:15
      明子姉 さん

コメントありがとうございます。

細かな作用を覚えるよりも、
ザックリ「どう身体に作用するか」を
覚えた方が、近道です。

それがある程度積み重なってくると、
ある日突然、薬の理解が異常に深まります。

なぜならば、薬の作用の仕方や、
狙いというのは、大体同じ理屈だからです。
場所が違うだけなのです。

評判アップありがとうございます(笑)
Posted by ソノキニ at 2013年12月21日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。