2014年01月01日

2014 あけましておめでとうございます。 アラセナSのご紹介

あけましておめでとうございます。
ソノキニです。

今年もよろしくお願いいたします。
正月の雰囲気も、以前とは変わりつつありますが、
せっかくのお正月なので、楽しんでみてください。

(ショッピングモールの店長時に元旦の福袋狙いで、「福男」を決める競争のように
ダッシュしまくる人たちを見ていたのを思い出します。日本は平和で、良かったです)

さて、いろんなところへのご挨拶等や、移動などで、ゆっくりお正月を過ごせない方も
おられると思います。(男性は飲み、女性は働く場合もありますよね。お疲れ様です)

疲れや寒さで油断すると、ヘルペスが出てくる人もいます。
そんなあなたに、口唇ヘルペスの再発に使用する新しい商品が、出ました。

arasera.JPG

佐藤製薬さんの「アラセナS」です。
成分名は、「ビダラビン」と言います。

医療用と処方は同じですので、効き目は良いと思います。
医療用では、「アラセナ-A」という名前で売られていますので、
病院でもらっている方も、なじみのある名前で、なかなかわかりやすくていいですね。

抗ヘルペスウイルス薬は、従来品のアクチビア軟膏(成分名:アシクロビル)が
ありますが、それと比べてみても、大きな優位性はないようです。

成分の特徴としては、アシクロビルと同じようにウイルスの増殖を抑えます。(DNA複製阻害)
それに加えて、このビダラビンという成分は、DNAの構成成分や、
ウイルスの身体自体の構成成分ができるのを抑える働きがあります。

こうみると、ビダラビンの方が良さそうですが、ヘルペスの再発をわかっている人は
早いタイミングでつけることができるので、結果としてそれほど差が出ないかもしれません。

第1類医薬品ですので、薬剤師登録がなされていて、
薬剤師がいるお店でしか、購入できません。
(薬剤師登録があるお店でも、薬剤師が居ない時は、買えない)

軟膏とクリーム基材があります。
お好きな方をつけていただいていいですが、どちらかというと、
軟膏タイプが患部のためには良いと思います。

厳密に言うと、これはヘルペス治療薬ではありませんから、
くれぐれもご注意くださいね。

口唇ヘルペスの症状を軽減、発症から治癒までの期間短縮が目的の薬です。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:ヘルペス症状は、免疫力低下のサインですから、くれぐれも保温と保湿にも、
   気を配ってくださいね。


posted by ソノキニ at 22:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。