2014年01月30日

おそらく、生物の教科書に載るぐらいの出来事です。

こんにちは、ソノキニです。

万能細胞、作製簡単な新型 理研「STAP」 酸刺激のみ
ソースは、こちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000090-san-sctch

これ、メチャクチャすごいことです。
iPS細胞にも驚きましたが、こちらはもっと驚きです。

>弱酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞を
>作製することに理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームが
>マウスで成功した。

ひょっとしたら、ノーベル賞をまたしても日本が受賞するかもしれません。
再生医療が、世界的にすごいレベルで進化します。
おそらく、iPS細胞よりも、こちらの手法が一般的になるかもしれません。

個人的には、歯の再生医療が進んでもらうと、すごく良いかなぁと思います。
辛い治療がなくなりますし、入れ歯の問題がなくなると、年寄りの健康も
よくなると考えるからです。

>水素イオン指数(pH)5・7の希塩酸溶液に約30分浸して刺激

弱酸性での刺激ですが、意外と人間でも、若く見える人とか、元気な人とかは、
こういったことが身体で起きているのかもしれませんね。
(人間の体液pHは、大体7.1ぐらいなので、根拠のない妄想意見です。笑)

また、健康な肌は、弱酸性と言われており、その環境は皮膚にいる細菌とかが、
つくってくれているのですが、それも長時間、弱酸性の環境にさらすことに
なってはいるので、ひょっとしたら、何かが起こっているのかもしれません。

今回の発見は、いろんな分野で一気に発見が加速しそうな気がします。


ただ、私が言いたいのは、治療技術が進むのは良いことですが、
やっぱり、病気や怪我をそもそもしない方が良いですよね、ってことです。

毎日、あなたが自分の身体を大事にしていたとしたら、
それが一番、最高です。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


posted by ソノキニ at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。