2014年02月11日

大量精神科薬で搬送、156病院…問われる処方

こんにちは、ソノキニです。
私はあまり危険を煽るのは、好きではないのですが、
こっちの方の処方には、かなり懐疑的ですので、伝えます。

大量精神科薬で搬送、156病院…問われる処方
ソースは、こちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140210-00001105-yom-soci

>精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、
>2012年は全国で少なくとも156病院に上り、うち約3割にあたる
>46病院は年間50件以上搬送されていることが、読売新聞の調査でわかった。

>昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の救急科専門医指定施設の
>計498病院にアンケートを送り、164病院から回答を得た(回収率33%)

164病院から回答を得て、156病院が搬送を受けています。
もし、全病院がアンケートに答えていたのであれば、もっと数は増えるでしょう。

>大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、
>最も多い病院では約500件と回答した。

その地区の処方量というのは、すごいのでしょうね。

中には、処方のおかげで治ったという方もおられるかもしれません。
それは、それで良いですが、それはその方の努力の賜物だと思います。

処方される薬の薬理は、麻薬に似ています。
麻薬を飲んで、うつ病が治ったとするのは、どうかな?と思うのです。

ほんの一時の症状変化を、「改善」としてしまい、
その治療をOKとしてしまうのは、いかがなものでしょうか?
全然、科学的ではないですよね。

私は、ほとんどの薬は「対処療法薬」であると思っています。
そして、病気の治療を本質的に行っているのは、自分自身の身体だと思っています。

その本質的な自分の身体に損傷を招くような治療が、身体に負担を強いる治療だと
考えています。

病院で、医者に処方されたら、ほとんどの人は、納得してしまうでしょう。
それぐらい権威もありますし、他にも手段が見つからないかもしれません。

でも、現時点ではリスクはあるが、治る治療法ではなく、
リスクがあり、治るわけではない治療法なのです。

心の問題が、一概にアレコレ簡単に対処できる問題ではないことを
あなたは、よくご存知のはずではないですか?

それなのに、なぜ薬を飲んだら、簡単に解決に向かうと考えられるのでしょう。


心理的な側面で言えば、プロがいるので、譲りますが、
まずは、ジャンクフードではない、ちゃんとした生きていたものを食べる。
朝日を浴びる。歩くだけでいいので、身体を動かす。

これだけでも、やってみてください。
これをやれば、絶対に治るというわけではありませんが、
これをやらないことで「うつ」になることはあります。

セロトニン不足による「うつ病」説も疑われてきています。
後に『処方していた薬は、なんの役にも立っていなかった。ごめんね。テヘっ!』
と言われても、困るのは服用していた側だけです。

あなたにも、できる基本的なことがありますし、意外とそこに解決策は
あるかもしれません。



「心の病に薬はいらない」
精神科医の著書です。病院に行く前に、目を通していただけたら、幸いです。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


posted by ソノキニ at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。