2007年04月19日

彼らも一生懸命生きています

そろそろ水虫薬の季節です。
水虫でお悩みの方、今年はかなりお力になれると思います。

今年は、「ラノコナゾール」という成分配合の

「ウインダム」 「ゼスパート」

という商品がおすすめです。

「ウインダム」はゼファーマという会社から出ていたのですが、
今は、第一三共という会社になっています。
(この会社は、第一製薬、三共製薬、藤沢薬品、山之内製薬という4社が
くっついた会社です。薬業界も大変です。)

「ゼスパート」は全薬工業という会社から出ています。

どちらとも中身が一緒なので、安い「ウインダム」がおすすめです。(笑)

さて、水虫薬と言えば、「ダマリン」「ブテナロック」「タムチンキ」「ラミシール」等が有名ですが、

今回のこの薬は、はっきりいってダントツに中身が良くなっています。
(詳しい中身はまた今度)

私の知っている人が、ずっと「ブテナロック」を使っていたのですが、
あんまり改善が見られませんでした。

その人に、「ゼスパート」を使ってもらったら、

ナ、ナント・・・1週間で、

「かなり治ってきている」

というコメントをいただきました。

そして、2週間後・・・

「もう治ったみたいだから、
つけてません」


す、すごい。
(でも、治ってないよ。笑)


それぐらい劇的でした。
だから、来る人、来る人にすすめています。


これだけだと、あんまり中身のない回になりそうなので、
知っておくと、水虫予防が簡単にできることを一つ。

水虫の菌は、白癬菌という菌です。

この菌は、感染するのに、
24時間かかるのです。


従って、菌が皮膚にいても、24時間以内にしっかり洗えば、
感染しません。
だから、不潔にしてはいけないということなんです。
(注意:しっかり洗うのが大事ということと、環境によっては早まります)

また、温泉センターのマットのように、風呂上りに触る場合は、
次回洗うまで、時間がかかるので、感染リスクが高まります。
ご注意を!

質問・疑問・感想・意見お待ちしております。

追伸:手塚先生、漫画「ブラックジャック」で水虫を治せたら
   ノーベル賞って書いていたのを私は、生涯忘れません。(笑)


posted by ソノキニ at 00:29| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いただきます!
この薬をいただきます!
ブテナロックは全然ダメで(効かないしすぐになくなった)
ロート製薬のエクシブクリームという女性用で抑えています(けっこう効くし、塗りやすい)
わたしは液体タイプが嫌いなので、クリームはありますか?
あればぜひ買いたい。貴重な情報ありがとうございます。

ところでメールを受け取りました。
現在、非常に仕事が忙しいので、送るのは週末になります。
teacupは不具合ばっかりだし、イライラが募ってます。
Posted by 未宇緒 at 2007年04月19日 21:35
 未宇緒さん

コメントありがとうございます。

クリームタイプありますよ。患部の状態とかで使うのが、液かクリームか軟膏か変わってきます。
患部はどんな感じですか?

あと、養生法とかもアップしますね。

送るのは、いつでも良いですよ。気にしないでください。時間がある時でオッケーです。

seesaaもちょっと遅いかな?
ストレスたまりますね。

いつもありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年04月20日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。