2007年04月21日

早くも検索されていました。

ゼスパート
だんだん店頭でも、水虫薬をごらんになってらっしゃる方が増えてきてます。

現在は、特に女性も、ブーツ履きが目立つようになり、寒い季節でも水虫になる方が増えてきており、季節感がだんだんなくなりつつあります。

水虫の大半は長年もっている人が多く、

日本人の4人に1人は水虫

と言われています。

それでは、薬をつけた時の基本的な白癬菌の動きを説明してみようと思います。

@まず、薬をつけます。そうすると、白癬菌は皮膚奥に逃げ込みます。
Aそれで、奥から様子をうかがう形になるので、この時、皮膚の症状が
 治まったようになります。
Bでも、死んではいないんです。そして、「あーよくなった」と思った人間が
 薬をつけるのをやめる。
Cそうすると、また上がってきます。また症状が出る。

長年、水虫をお持ちの方はこの@〜Cを

エンドレスで繰り返しているんです。

では、薬はどんな働きなのか?というと、

Aの時に追っかけていって、殺菌もしますが、

白癬菌の動きを止めてしまうんです。

そうすると、また奥に逃げられなくなります。

逃げられなくなると、周りの皮膚と一緒にだんだん上に上がらざるを得なくなってきます。この時は、身動きがとれないので、症状も出なくなってきてます。

そして、一番上まで到達し、垢となって

皮膚と一緒に白癬菌を捨てるんです。

そうして、完治します。

だから、昨日書いたとおり、

「治ったと思ってから」
(奥にいった水虫の動きを止めて逃げないようにしてから)

「1〜2ヶ月間使い続けてください」
(動けない白癬菌を皮膚毎捨てるために、下から上まで行く皮膚の入れ替わり期間1〜2ヶ月使い続ける)

というのを実践してください。

じゃあ、薬の違いは何かというと、

いかに奥まで白癬菌を追いかけていけるか?
いかに何時間も白癬菌を殺し、動きを止め続けることができるか?
いかに多様な白癬菌を相手にすることができるか?(何種類もいます)


ということです。

上記の「いかに?」の質問に対する市販の薬の最良の答えが、

現時点では、「ウインダム」もしくは「ゼスパート」です。

根気良くつけることが重要なのは、わかっていただけたでしょうか?

ちょっと長くなりましたが、最後までお読みいただいてありがとうございました。

質問、感想、疑問、お待ちしております。
メールでもコメントでもOKです。


ラベル:水虫
posted by ソノキニ at 00:38| Comment(29) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またしても質問です。
皮膚が剥がれるのは治ったときなのですか?
わたしは悪くなると皮膚が白くなってきて剥がれてきます。
皮膚の色が元に戻ったら薬を塗るのをやめていたので繰り返しになっていました。
それで継続して塗ることにして1年経過しています。
もともとあまりひどくなかった左足は症状はまったく出ていませんが、
右足は微妙で、小指の付け根の皮膚がいまでもときどきぽろっと剥けます。
それで現在でも毎朝欠かさず塗り続けているのですが、
これは最終段階と判断しても良いのでしょうか?
いま、小指の付け根の色が白くなることはありません。
臭いもありません。湿ってもいないです。

薬を替えれば一気に治りますか?
それともやっぱり毎朝塗っておいた方が良いのでしょうか?
完治しないならしないでずっと塗っておけば厭なかゆみに襲われずに済む
などと考えているのですが……。
質問ばかりですみません。
Posted by 未宇緒 at 2007年04月21日 11:17
 未宇緒さん

質問ばっかり全然OKです。
ありがとうございます。

症状がでないから、治ったという判断は確かに難しいです。

ただ、皮がむけているので、皮膚を食べられているのでは?
つまり菌がいるのでは?と思います。

白癬菌というぐらいなので、患部が白くなったりするのも特徴の一つなのです。
(必ず白くなるとも限りませんが)

ちなみにそのはがれた皮膚にもいっぱい菌がいますので要注意。
それと、患部をむりやり剥いだり、軽石とかでこすったりはしないでください。
菌の侵入率が高まります。

それと1年つけっぱなしで治らない場合は、薬を変えた方が良いです。

スペクトルといって、白癬菌の中でも、薬剤によって効く効かないがあるんです。

「ラノコナゾール」はスペクトルが広いので、ほとんどの白癬菌に効きます。
そして、貯留性が高いので、風呂上りに1回つけておけば、十分です。かなり効きます。
数年前の薬は1日2回とか言っていたことを考えると、どれだけ薬剤の差があるかわかると思います。

薬変えたら治ると思いますよ。あと、養生法等は
ブログにアップしますね。
Posted by ソノキニ at 2007年04月21日 13:19
今は左足だけに感染していて,病院で処方されたアスタットクリームとパスタロン20ソフトの2種類をまぜてつかっています。右足は感染していないのですが右足にも塗るべきでしょうか?足をそろえて立ったりこすったりしているかもしれないので今後うつるかもしれないとふあんです
Posted by ゆみこ at 2007年06月04日 23:10
追伸なのですが,病院で処方されたものとドラッグストアのものは効き目が違うのでしょうか?病院に通う時間があまりないので市販でも同じようならそっちがいいなと思うのです。よろしくお願いします
Posted by ゆみこ at 2007年06月04日 23:11
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。

それぞれのコメントに答えるようにしますね。
ですので、2回コメントします。

薬から推察するに、かかと周りのガサガサ的なものでしょうか?
万全を期すのならば、右足にも塗るべきです。
その場合は、片方に少し多めにつけて、
足同士をこすりあわせるようにしてつけると良いですよ。

それと、感染が気になるのであれば、弱酸性の石鹸またはボディソープを使ってください。
白癬菌は酸性が苦手ですので。
それと、24時間以内にしっかり洗浄することができれば、
感染は防げますので、泡立てて足を洗ってください。
足をしっかり洗う人って意外といなかったりします。

角質型は少し手強いですからね。

つづきます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月05日 00:34
 ゆみこさん

追伸への返事です。

お使いの薬は、市販で対応できます。
というか、今年から対応できるようになりました。
「アスタットクリーム」の成分名が「ラノコナゾール」
従って、「ウインダム」か「ゼスパート」です。
病院と市販のは変わりませんので、十分に対応できます。
「パスタロン20ソフト」は成分名が「尿素20%」です。
従って、「ケラチナミン20%クリーム」とかでも良いです。
佐藤製薬の尿素系は「パスタロン」で出ているので、
市販でも取り扱っている所があるはずです。

あと、角質型でなぜ、クリーム基剤を出したのかがよくわかりません。
固ければ、液剤の方が浸透が良いので・・・
「パスタロン」でやわらかくするということだと思いますが・・・

尿素を使っているので、間違いないと思いますが、
乾燥ガサガサでなくジュクジュクであったのなら、クリームでオッケーです。

とりあえず、市販で十分対応できますよ。

わかりにくいところがございましたら、再質問してください。何でもオッケーです。

ありがとうございます。

追伸:もし、市販の薬を買いにいって、「ラノコナゾール」以外を勧められても、無視してください。現時点で、市販の薬では、「ラノコナゾール」が断然良いですから。
Posted by ソノキニ at 2007年06月05日 00:47
すごく詳しい説明ありがとうございました。私のなっている部位は,足の内側のやわらかい部分と外側の両サイドです。昨日皮膚科に行って診断され偶然このサイトを発見し,お返事もいただけてすごくありがたいです。というのも個人病院でさんざん待たされたあげく,水虫で薬をだされただけで,詳しい説明をしてもらえずすごく不安だったんです。3週間前に発症しました。今回が初めてです。1ヶ月くらいぬっていたら治ると言われたのですが,水虫は完治するんですかね?何だか昨日からショックな心地でいます。今は左足だけなのですが,寝ていて気づいたら両足くっつけていたりして,右にも感染したらいけないと思って靴下をはいてみたり何だか神経質になってしまします。アドバイスいただいたように石鹸でこまめに洗ってみます。1つ変な質問なのですが,ネットでみていたら田虫と同じように書いてありました。もし足を触った手でそのままトイレに行ったりしたら,田虫にも一緒になりうるんでしょうか?お忙しいのに質問ばかりすみません。よろしくお願いします。
Posted by ゆみこ at 2007年06月05日 20:46
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
お気持ちが伝わってきます。さぞ、嫌な思いをされたことでしょうね。
不安を解消するのも、医師や薬を扱うものの努めだと思います。

さて、本題ですが、水虫は完治するはします。
(表立って断言はできませんが)
但し、根気がいります。1ヶ月ぐらい塗っていれば治るといわれたみたいですが、
正直厳しいです。できれば、2〜3ヶ月つけてください。

薬をつけて1ヶ月ぐらいで、見た目はよくなると思います。
それから、最低1ヶ月、できれば2ヶ月つけて欲しいです。
皮膚のサイクルが約1ヶ月周期なので、動けない状態の白癬菌を古い皮膚毎捨てるのです。

よくなったと思ってから、1ヶ月ですよ。
(これすごく大事です。出来れば、2ヶ月)

それと、水虫は、「乾燥」と「冷却」が大事なので、靴下はあんまりおすすめしません。
「ラノコナゾール」を信じてください(笑)

それと、しらくも(頭)・はたけ(顔)・たむし(陰部)・みずむし(足)は全て白癬菌が原因なので同じです。

「もし足を触った手でそのままトイレに行ったりしたら,田虫にも一緒になりうるんでしょうか?」というおたずねですが、
可能性としては、全くないとは言い切れませんが、白癬菌は感染するのに24時間かかるので、それ以内にキチンと1回でも洗えば心配いりません。右足も同じです。

神経質になるお気持ちはわかります。
でも、安心してよいですよ。ゆみこさんはちゃんとできそうですから(^▽^)

質問は気にしないでどしどししてくださいね。
嬉しいですから(笑)

あ、それと皮は意識的にバリバリ剥かないでくださいね。
治りにくくなりますので。

ありがとうございます。


Posted by ソノキニ at 2007年06月05日 21:32
お忙しいのに親身に相談にのってくださってありがとうございます。最低2ヶ月ですね。結構根気がいりますが,皮膚のサイクルの話など,すごく納得いきました。ラノコナゾールを信じて塗り続けます。今も靴下をはいて右足を隔離していました。しかし逆効果ですね。それが分かり今早速開放したところです。乾燥させて古くなった皮がはがれやすい環境にしておくべきなのですね。薬を使い終わったら上で推奨されている市販のラノコナゾールを購入してみます。
 しかし,今2種類の薬を重ねぬりしているのですが本当にこの重ねぬりが有効なのでしょうか?皮膚が弱い方なのですが2ヶ月くらい使用したとして副作用はどうなのでしょうか?なってしまった以上,副作用など気にしても仕方ないと思うのですが一応心構えとして水虫薬の副作用を知りたいです。相談するところがないので,頼ってご負担かけてすみません。いつでもよいので教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。
Posted by ゆみこ at 2007年06月05日 21:53
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。

「ラノコナゾール」の副作用はあんまり心配いらないです。
塗り薬の副作用は、ほとんど接触性皮膚炎です。
つまり、成分がどうかというよりも、クリーム基剤が触れてカブれるという感じです。

むしろ、パスタロンの「尿素」の方が刺激性があって気になります。
「尿素」つけた時に「ピリピリ感」がないかチェックして下さい。

固い皮膚には重ね塗りは意味があると思いますが、
やわらかい所は、ラノコナゾールだけでいいですよ。

やわらかい場所がジュクジュクしていなければ、
買い換える時に「液剤」に変えて、「尿素」をやめてもいいかもしれません。
(お医者さんの考えもありますから、こういうことは余り言えませんが)

早く良くなるといいですね。
ありがとうございます。

追伸:薬は患部の少し外側から、内に向かってつけるようにしてください。内から外はダメですよ。広がりますから。
Posted by ソノキニ at 2007年06月05日 23:25
お返事ありがとうございました。パスタロンでなのか分からないのですが,2種類をつけてしばらくするとピリピリします。私なりに,きっと今菌が苦しんで逃げ回っているんだよね,など考えていました。じゅくじゅくしたようなものではなく,けっこう乾燥系で皮がはげているって感じの患部です。
 今までとにかく薄くのばすことばかり考えて,のばす方向を考えていませんでした。外から内へですね。ありがとうございました。間違った塗り方に気づかないところでした。外から内に患部の足は塗るようにこれからはしていきます。ただ,これは広がらないようにするためなんですよね。ということは,今まで,患部ではない足にも神経質に同様に塗っていたのですが,患部に塗ったその手でそのまま患部でない足にぬるのは控えた方がいいのでしょうか。今まで,患部の足に塗ってそのままもう片方の何でもない足に薬をつけて移行していました。これってもしかしたら,逆によくないのでしょうか。
昨日からお風呂マットや玄関マットなど洗濯に追われています。ですが,このように丁寧に相談にのっていただけるとすごく心強く,治してみせるぞって感じです。お蔭様です。ありがとうございます。
Posted by ゆみこ at 2007年06月06日 22:32
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
そのピリピリ感はおそらく尿素(パスタロン)です。場合によっては、
使用を見合わせた方が良いです。
薬を患部につけて、その状態で、ほかのところに触っても、大丈夫ですよ。
薬も何もない状態で触れるのがまずいです。

「ラノコナゾール」を信じてください(笑)

ゆみこさんのそういうお気持ちになっていただいただけでも、すごく幸せです。

こちらこそありがとうございます。

追伸:もしよければ、新着記事でも、ご覧いただいて、
  一言コメントいただければありがたいです。気楽にどうぞ。

Posted by ソノキニ at 2007年06月07日 01:57
お返事ありがとうございます。ぬりはじめて3日がたちますが,なかなか治る気配がありません。いまだに皮がはげてきている感じです。3日くらいじゃあ効果はまだ見えないものなんですかね?今日は革靴をはかないといけなかったので,つらかったです。今まで履いていた靴はいったん干したり,今までの靴下は履かない方がいいですかね?んー,なかなか根気がいりますね
Posted by ゆみこ at 2007年06月07日 23:34
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
返事遅くなりました。ごめんなさい。

3日だと、まだですね。結構、乾燥がひどいところは、
しっかり入るのにもちょっと時間がかかります。
入るスピードを上げるために、「パスタロン」を処方されたと思います。

周りのものは、とにかく乾燥させてくださいね。
暑い時期の革靴は本当に危険ですからね。大変だったと思います。

根気はいりますよ。特に、角質型は普通のタイプよりも時間がかかります。
やわらかくなってきたら、治るスピードが上がりますから、
根気良くお願いします。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月09日 01:33
お返事ありがとうございます。根気ですね。
乾燥と根気で乗り越えなくちゃなりませんね。
薬が浸透して菌をやっつけてくれるのを願ってます(笑)
最近お風呂上りと朝の二度つけてます。
1度の方がいいんでしょうかね。
お風呂上りに塗るとどうしても寝るまでに歩いたりして薬がとれてしまうんじゃないかと思って。
どうしたらよいんでしょうか。
できればまたアドバイスお願いします
Posted by ゆみこ at 2007年06月10日 02:52
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
そうです!根気で乗り越えてください(笑)

お風呂上りだけで良いですよ。それでも効くのが、
ラノコナゾールの特徴です。
「ラノコナゾール」を信じてください(2回目、笑)
浸透率と「貯留性」が効き目を上げています。
大丈夫です。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月10日 10:42
なるほどです。ありがとうございます。
根気強く使っていきます。それにしてもチューブ1本使い切るのがけっこうはやいですね
Posted by ゆみこ at 2007年06月10日 22:31
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
使う範囲の広さで決まります。
感染防止でもつけてらっしゃるので、
その分もあるでしょうね。
でも、それだけの決意があれば、ちゃんと
治りますよ。
Posted by ソノキニ at 2007年06月10日 23:16
すこーしばかり気持ち程度症状が治まってきている気がします。かゆみは全くなくなったけど,古い皮がはがれてくるって感じです。
感染防止に塗る量の方が多いです(笑)
Posted by ゆみこ at 2007年06月12日 21:07
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
かなり治ってきてますよ。かゆみがなくなって良かったですね。
でも、かゆみが無くなると薬つけなくなるから良し悪しなんですが・・・

皮膚はもう少しって感じですね。
従来のくすりだと、そんな早くかゆみ取れないですよ。
薬もゆみこさんの身体もがんばってますから、
焦らず応援してあげてください。

皮膚がきれいになったら、感染防止用は減らせますよね(笑)

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月12日 23:14
かゆみはなくなって,少しずつ目立たなくなってきましたー。
これからも継続して使いマース。
2週間も経たないのに薬がきれかけています。
今までの人生で,薬のチューブを使い切るというのは初めてで,何だか変な達成感があります(笑)
Posted by ゆみこ at 2007年06月14日 18:28
追伸,いつもお返事くださりありがとうございます。大変心強いです。これからもおねがいします
Posted by ゆみこ at 2007年06月14日 18:34
すみません,質問があります。
私は現在アスタッドクリームとパスタロンを塗っているのですが,今日友達が同じ病院で水虫と判明し,パスタロンは同じなのですが,もう1本がアスタッドクリームではなく,ゼフナートクリームを処方されました。
これって何で違うんですかね?
もし同じものだったら,1本多くもらってきてと頼むとこだったんですが,違うみたいで。
同じ水虫宣告を受けても違うものなんですね。
お互いもし交換してつけても効かないものなんですかね。
Posted by ゆみこ at 2007年06月14日 19:14
何度もすみません。友達が質問してというもので。
お互い違う薬を処方されているわけですが,もし同じ種類だとしたら,どちらが効果が高いんですかね。
効果が高い方を使おうとはなしています(笑)
Posted by ゆみこ at 2007年06月14日 19:16
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
失礼と存じますが、まとめてコメントさせていただきます。

「何だか変な達成感があります(笑)」

↑可笑しい(笑)でも、わかります。軟膏とかは最後まで使った記憶が私もあまりないです。
面白い観点です。ちゃんとつけていただいて嬉しいです。

それと、違う薬というのが面白いですが、お友達が勧められたのが、「チオカルバミン系」という系統の薬剤で、白癬菌にしか、効きません。他の真菌系には全く効かないので、おそらく白癬菌だとかなり高確率で判断されたのではないでしょうか?(ひょっとしたら違うかも?)

それに比べて、ラノコナゾールは「イミダゾール系」という系統の薬剤で、カンジタ菌や癜風菌という真菌類に幅広く効きます。ですので、結構重宝する薬剤です。

ゆみこさん、お友達、調べ方はどうだったんでしょうか?ちゃんと皮膚をとり検査されたんでしょうか?

あくまでも、推測ですが、
ゆみこさん・・・白癬菌と他に菌がいた。
お友達さん・・・白癬菌のみ。
かもしれません。どういった診察内容かわかりませんので、断定はできませんが。

答えになっているか、疑問ですが、また何かありましたら、質問ください。

ありがとうございます。

Posted by ソノキニ at 2007年06月14日 23:21
お返事ありがとうございます。なるほどです。友達にきいたら,はじめの問診で,水虫になりましたと書いたようです。一応調べることは調べたらしいですが,はじめから水虫だと宣言するかしないかの点で薬が違うのかもしれません。何だかかなり面白いですね。
友達は私の足を見て,自分も水虫に違いないと思ったらしく,自己判断で問診に書いたようです。
白癬菌の薬は色んな系統があるんですね。
薬がきれたら,ストアデビューします。
今日ちょっとウォンツに行ってみました。
水虫コーナーがありましたが,誰も近寄っていませんでした。
あのコーナーはある意味近寄るのに勇気がいりますね。
特に女性にとっては最悪な気持ちです。
お父さんの薬を買うふりをしながら行こうか。だけど,ふりをするということは独り言を言いながら行くのかな。それってもっとやばい感じ・・・
デビューまでもう少しです。
Posted by ゆみこ at 2007年06月15日 19:39
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
独り言はやめた方がよいです。誰も近寄ってきません(笑)
それは、冗談ですが、
ウインダムを買ってきてって頼まれたんですけど・・・って
店員に聞くのがよいかも?

ソノキニ薬局で調べて、お店では、時間をかけずに速攻買うというのがおすすめです(笑)

ウォンツってことは、中国地方辺りですか?
こっちにはないので、以前広島?鳥取?島根?
辺りに行ったときに見たような気がします。
結構、大きいところですよね。
ストアデビュー楽しみですね。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月16日 02:08
なるほど、時間をかけずに買う。これ大切ですね。
ウォンツは中国地方だけなんですね。
こっちにはザグザグ,ひまわり,マツモトキヨシなんかがあります。
地方によって色んなストアがあるんですね。
全国にあるのかと思っていましたー。
お返事ありがとうございました
Posted by ゆみこ at 2007年06月16日 23:29
 ゆみこさん

コメントありがとうございます。
マツキヨは知っていますが、
ザグザグ・ひまわりはわかりません。
世間は広いです(笑)

私の地域もいろんなところからドラッグストアが
来ており、薬屋だらけです(笑)

負けないようにがんばります。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月17日 02:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。