2015年10月17日

ギャクリア 小林製薬

こんにちは、ソノキニです。
新商品紹介です。



小林製薬さんのギャクリアです。
⇒ http://www.kobayashi.co.jp/brand/gyakuria/index.html
 (小林製薬さんのサイトです。)

主成分は、「六君子湯」という漢方薬になります。

小林製薬さんが標榜する効能効果は、
「体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で
手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐」

となっております。

漢方薬はその人の体質や状況によって、薬を変えるので、症状があっていたとしても、
「体力中等度以下で・・・」の部分があまり当てはまらないと聞きません。
また、同じ漢方薬でも、メーカーによって、表記も変わります。

例えば、

 ・ツムラさん
胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの
  次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐。
 ・コタローさん
  貧血、冷え症で胃部圧重感があり、軟便気味で疲れやすいもの。
:胃炎、胃拡張症、胃アトニー症、胃下垂症、胃神経症、つわり、虚弱児の食欲不振。
 ・三和さん
  貧血、冷え症で胃部に重圧感があって、疲れやすいものの次の諸症。
  慢性胃腸カタル、胃下垂、胃アトニー症、悪阻、虚弱児の消化不良、胃潰瘍。

という感じですね。

この薬は少し身体が虚弱の方に向いている薬です。

働きとしては、胃腸周りを温めて、胃の機能を回復するような感じで、
どちらかというと、補うような感じの薬です。
直接的に胃酸が逆流するのを抑えるというよりも、胃の働きを高めて、
胃に長く停滞しないことを目的とした薬と言えます。

ネーミングというか、打ち出し方というか、コンセプトづくりは、
小林製薬さんの上手な売り方です。

この薬は、水分をうまく捨てる方向に向かわせる働きもあるので、
やたら冷たいものを飲みたがったりする人にも向いていると思います。

単純に冷たいものや水分補給が多い人は、胃が冷えて、何かとトラブルが
出やすいですからね。

それと、薬と直接関係ありませんが、逆流性食道炎が気になる方や、
胃酸が上がってくる方は、自分の食事の「糖質摂取」を見直してみてください。

  肉、摂れていますか?
  気づいたら、小麦をいろんな形で摂っていませんか?

それを改善したら、意外と落ち着くことも多いです。
米を減らすより、まず小麦(麺類、パン、お好み焼き等々)を減らしてみてください。
簡単に改善できることもあります。

当然、この薬は漢方薬になりますので、なるべく食前・食間などの空腹時の服用で
お願いします。


posted by ソノキニ at 15:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。