2016年04月10日

ステロイドの点鼻薬は効く

こんにちは、ソノキニです。

花粉症は今年は寒波のせいもあって、全体的にピークも遅く、
ズレているようです。(大正製薬セールスさん談)

普通は、4月はかなり沈静化してくるのですが、
場合によっては、5月まで引っ張る人も出てきそうです。

さて、ちょっと遅いですが、新商品の案内です。

【指定第2類医薬品】エージーアレルカットEX<季節性アレルギー>です。


成分は、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルで、
いわゆるステロイド薬です。

症状を抑えるには、点鼻薬は即効性が高いのが便利です。
また、眠気リスクが抑えられることも利便性の一つです。

1日2回の使用で、長時間効くとなっていますが、
個人的にはすこし懐疑的です。

添付文書には、3時間の感覚をあけて、1日4回まで使用可能には
なっています。

エージーアレルカットEXの添付文書
⇒ http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/ag_allercut_ex_1.pdf

ステロイドには、抗炎症、抗アレルギーと血管収縮作用もあります。
したがって、マルチに効く便利な薬ですね。

昔は、ステロイドの点鼻薬といったら、コールタイジンスプレーと
いう薬がありました。



今は、このパッケージでしたが、以前はたしかファイザー製薬だったような気がします。
そして、その時は、血管収縮剤が入っていませんでした。

この商品は、お客さんの反応も良かったので、割と好きな商品だったのですが、
とにかく、規制強化でOTCで売れなくなったり、また売れるようになったりなど、
かなりバタバタしていましたね。どっかの都合なのでしょうが。

ナファゾリン塩酸塩の点鼻薬をよくお使いの方は、だんだん効かなくなりますが、
その時にステロイドタイプを使うと、ビックリするぐらい効き目を感じます。
(鼻詰まりが強い症状の場合)

ただ、ステロイドであっても、血管収縮を長期間行うのは、副作用につながりやすいので、
注意してくださいね。



ちなみにパブロン点鼻は、ナファゾリン塩酸塩で、血管収縮力が強く、愛用者も多いです。
2本まとめ買いも多い商品です。ですが、すぐに効きにくくなったり、
粘膜が分厚くなったり、血管収縮のリバウンドで拡張したりしやすいので、
あまり使ってほしくはないです。

1本分ぐらいでしたら、それほど心配はありませんが。

短期間で便利に使いたいのであれば、下手に安い点鼻薬よりも、
ステロイドの点鼻薬の方がおすすめです。

あ、点鼻薬をお持ちの方は、モーニングアタックという症状を抑えるために、
枕元において、なるべく朝一で点鼻薬を使ってみてください。
朝一のくしゃみは、アレルギー症状を強くしますので。

花粉ももう少しです。お大事に。

追伸:アレルギーでお悩みの方におすすめ本です。
   ⇒ アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!

   この本のポイントは、体内ステロイドを大事にすることで、アレルギーを抑えると
   いう観点があるということです。これは本当に参考になります。
   ぜひ、読んでみてください。アマゾンレヴューも高めです。
posted by ソノキニ at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。