2007年06月06日

アロマで癒されるってホント?!

毎日、毎日大変な「アナタ」

自分の癒し方もっていますか?

音楽・写真・風景・場所・言葉・本etc・・・

いろいろあると思いますが、

アロマテラピーをやってらっしゃる方も結構いると思います。

ヨーロッパでは医学の一つで、ちゃんと効能・効果もあります。
妊婦が嗅いではダメな香りなど、医薬品並みに決められているものもあります。
日本がここまでなるには、まだまだ先でしょう・・・

本格的にやっていないにしろ、お香を焚いたりなど、良い香りを嗅ぐ習慣があるかたも多いはずです。特に女性は、男性に比べて、香りに敏感というか、嗅ぐのが好きな方が多い気がします。

それでは、なぜ「アロマテラピー」が癒しになるか、ストレス緩和に役立つかですが、

人間には、五感がありますよね。視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚です。

この中で、

「嗅覚」だけが、

「大脳直行」なんです。


例えば、あなたがとても面白い本を読んでいたとします。とても、集中しています。

その時に、肩をたたかれたり、何か物音がしたり、飴を舐めていたりしていたとしても、気にせずに本に没頭することができます。
(以前、キュリー夫人だっだかな?本を読んでいた時に、周りでいたずらされてるのにも関わらず、気づかなかったという話がありました。)

しかし、すごいおいしそうな、ニオイがしてきました。
あなたは、おそらくそのニオイが気になって、何のニオイだろうと思うはずです。
(嫌なニオイでもいいですが)

五感の内、聴覚・触覚・味覚でもアナタの読書を邪魔できなかったのに、おいしいニオイだけがあなたの読書に横入りできたのです。

脳は「嗅覚」を優先します。

つまり、ストレスや嫌な事で思考がいっぱいの頭に、簡単に割り込みその思考を中断させることができるのです。

良い香りの人に「魅かれる」のもわかる気がします(笑)

好きな香り探してみてはいかがですか?


最後までお読み頂きありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
banner_02.gif




追伸:私の仕事中の最高の癒しは、以前、薬を説明して販売した方に
   「勧められた薬、本当に良かった」と笑顔で言われることです。


posted by ソノキニ at 21:00| Comment(2) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アロマテラピーとか香水の匂いならともかく、
加齢臭が漂ってくると大脳直行で嫌われますね……。
そろそろわたしもヤバいかも。
加齢臭対策の記事も書いてください。
いまのところそんなに酷くないと思うので、
身体から匂いの出るガムでやってます。
風呂は1日2回。
いろんな対策があると思いますが、
商品と一緒に網羅していただけるとありがたいです。
ぜひお願いします。
老人臭いコメントで申し訳ない。
Posted by 未宇緒 at 2007年06月07日 06:40
 未宇緒さん

コメントありがとうございます。
加齢臭対策は、流行りそうだと思ったのですが、
それに追従する動きがあまり見られません。
資生堂が情報公開をあまりしていないんでしょうか?

一応、うちの店にもそれに関係するボディソープとかも売ってあるので、
いつか取り上げますね。
身体から匂いがでる「ふわりんか」はうちでも、ものすごく売れています。

ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年06月07日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。