2020年03月12日

無症状感染者というリスク

こんにちは、ソノキニです。

連日、新型コロナウイルスの報道が続いています。


孫正義氏、「簡易PCR検査100万人」計画「評判悪いから、やめようかなぁ」
…ホリエモンも「やめた方がいいですね」

⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-03110194-sph-soci

この件は、日本のインターネット利用者のリテラシーの高さが発揮できていて、
頼もしい限りです。


孫さんは、おそらく金儲けのために言い出したことですが
(検査キットが関係グループがらみで、テレビに出ている上さんがらみ)、
感染拡大を危惧したネット民によって、抑えられそうです。



さて、日本は世界的にみても、防疫的に上手く行っている方かもしれません。
もちろん、落ち度は探せばでてきますが、政府は比較的上手くやっていると思います。


それは、おそらくダイヤモンドプリンセスから得たことを活かしているのではないか?と
いうことです。

それは、「無症状感染者」の存在です。

>現場からの概況:ダイアモンドプリンセス号におけるCOVID-19症例
>(2020年2月19日掲載)
⇒ https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9410-covid-dp-01.html

これは国立感染症研究所の記事ですが、検査で感染が陽性で出ていても、症状が出てない人が
結構な数確認されています。

>暫定的な結果
>2月18日の時点で、65名の乗員と466名の乗客を含む、531名が確定例であった(2月5日時点の乗船者の14.3%)。

>合計2,404検体が検査され、延べ542検体が陽性(22.5%)であった。

>発症日の情報が確認できたCOVID-19症例(n = 184)のうち、
>終日検疫が実施された最初の日である2月6日より前に発症した人が33名(18%)、
>2月6日以降に発症した人が151名(82%)であった。

>確定例のうち255名(48%、乗員8名、乗客247名)は、検体が採取された時点では無症状であった
>(ただし、これらの人が下船後症状を発症したかどうかは現時点では不明)。


>また、23名の発症日は同室の乗客が陽性と診断された後であった。
>2月13日から現在までに報告された発症日のわかる確定例のうち、81%にあたる22名が乗員(13名)、
>あるいは同室の乗客が確定例であった乗客(5名)であった。


検査で陽性は出たけど、無症状。
この存在が広がることが、おそらく感染リスクをかなり高めます。


ここで重要なのは、PCR検査という精度があまり期待できない検査をすることが
非常にリスクが高いということです。

精度が悪いと、本当は陽性なのに、陰性と出てしまう人が、多数出てきます。
この人たちは、安心して、活動的になり、感染を知らず知らずのうちに起こしてしまう
可能性が高くなります。


    だって、陰性って言われたから。


と思いますよね。普通。

それよりも、検査を誰彼構わずに行わないことで、用心に努めた方がかなり感染拡大は防げます。


マスクは受け取る側としては、感染予防にはあまり効果が期待できないと書きましたが、
無症状感染者がマスクすることは、他者への感染予防にすごく役立ちます。

世界から揶揄されたりもする日本のマスク習慣ですが、今回は非常に役立っていると感じます。


特に今回は若い人が症状が軽いことから察するに、休校措置は効果があったかもしれません。
無症状感染者の濃厚接触が減りますからね。


それにしても、テレビ・新聞の報道はひどいようです。
メディアリテラシーは健康に限らず、社会や経済においてもかなり重要です。
お気をつけを。

posted by ソノキニ at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。