2020年03月25日

基本的なことができると強い

こんばんは、ソノキニです。

新型コロナウイルスで、欧州が大変なことになっていますね。
EUなのに、国境封鎖や外出禁止、スーパーマーケット等での買い占めなどなど。

イギリスは防疫対策に優れていると言っている人もいましたが、
あれあれ・・・。


今回は、本当に基本的なことを粛々とやり続けることの強さを感じました。
基本的なことは、そんなに大変なことでもありませんからね。


日本で言うと、マスクと手洗いとうがいでしょうか。


これは、かなり効いていると思います。


マスクは、日本人の国民性というか、文化的な理由で出来ていると思います。
それは、「他人にうつらないように」という配慮です。

欧米でこういった発想はあまりないのではないでしょうか。



新型コロナウイルスは、ダイヤモンドプリンセス号をみてもわかる通り、
無症状感染者の扱いがポイントであると思います。

この無症状感染者をPCR検査で多く引っ掛けることで、医療に混乱を招きます。

でも、PCR検査をせずに、自分が感染者かどうかわからなくても、マスクをして、
行動をそれなりに管理すれば、感染は最小限に防げます。


また、手洗いの徹底は病気の予防にかなり寄与しているようで、
インフルエンザが昨年よりも減っています。

厚生労働省プレスリリース インフルエンザ発生状況
⇒ https://www.mhlw.go.jp/content/000611722.pdf


確か去年の12月頃は、インフルエンザが割と多く、2020年は流行するのではないか?と
危惧されていました。ところが、気をつけ始めたら、この結果。

素晴らしいです。


私はいまだにマスクを手に入れることはできませんが、マスクをしている方のおかげで、
感染予防が成立しているのはありがたいことです。



それと、もう一つCTスキャンの使用で、興味深い話を聞きました。

日本は割とCTスキャンがいろんな病院に入っているらしく、それが過剰投資とか、
批判される向きもあるようですが、これが今回活躍しているようです。


病院にかかった人が、PCR検査を待たずに、CTスキャンで肺を確認して、
うまく効率的に対応しているようなのです。

もちろん、その中には新型コロナウイルス感染者も
いるかもしれませんが、

普通に高熱や肺の症状を訴えて来たら、
インフルエンザだろうが、新型コロナウイルスだろうが、マイコプラズマだろうが、
他の感染症だろうが、感染症以外であろうが、

「基本的な検査をして、対応する」

という当たり前な対応をするべきですよね。

どんな病気でも、小さい病院で手に負えない場合は、大きいところに回すなど、
他の疾患でもやっていることを粛々とやるだけです。

基本的な病気の治療の流れでしょうが、それを混乱が起きやすいこの状況で、
しっかりやれているのは、本当に強いですね。
医療関係者の方は大変でしょうが(通常よりも感染対応を厳しくしているはず)、
本当に助かっています。


いろんなイベントが問題になっていますが、どっちにも言い分があります。

ですから、一般の私たちは、粛々と基本の手洗い、うがい(マスクがあればマスクも)を
やっていればいいです。基本は強いですからね。


追伸:欧州の感染拡大はすごいですが、通常のお風呂の回数や、手洗いなどの実施具合は
   日本からすると、ちょっと考えられません。あちらは水道代が高いなど、事情もあるのでしょうが、
   衛生的な習慣がそもそも違っていると思います。
posted by ソノキニ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。