2007年07月18日

漢方で治す

風邪と言ったら、


「葛根湯」


かな?という意識が、以前よりもかなり広まっています。
私が入社したころは、こんなに葛根湯も一般的ではありませんでした。

さて、当ブログを以前からお読みの方はご存知ですが、

もともと

「肩こり薬」

の葛根湯は、初期の風邪に効くのですが、あくまでも「寒い風邪」用です。


熱い風邪には、

「ギンギョウサン」

です。(ギョウの漢字がなかったので、カタカナにしてます)

結構、これも効きがよくて、対象者としては、のどの痛みが強く、
寒気ではなく、熱感が強い風邪用です。

飲む時は、冷たい水で飲むと効果的です。気管支の熱を抑えることもできますので。


店頭で「漢方薬が良い」というお客様に私は、

「熱いですか?」「寒いですか?」

とおたずねして、薬を選びますが、結構、どっちでも関係なく葛根湯を
飲まれる方も多いです。


日本人は、熱かろうが、寒かろうが、風邪だと基本的に「温めます」が、
熱かったなら、

「冷やしてくださいね」

熱い時に葛根湯飲んでも、あまり効きませんから。


「状態によって、ちゃんと薬と対処法を選ぶ」
当たり前ですが、とても大事なことです。


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓少しでも風邪が嫌なら、1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:水虫薬がすごい勢いで売れ出してます。今年で治しましょうね
   おすすめのアレで(笑)


posted by ソノキニ at 03:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。