2007年07月28日

ちょっと時期はずれましたが・・・

もう梅雨があっちこっちで明けてきて、使用頻度が落ちてきていますが、

「エタノール」

について、記事にしたいと思います。


「エタノール」の売り場で「ジーーーーーーーーーーっ」と
見比べているお客様が時々おられます。

大体は、

「消毒用エタノール」と「無水エタノール」の違いです。


まあ、確かに


「何が違うんだろ?」


とは思いますよね。


何が違うか?それは、


濃度が違います。


消毒用エタノールは、76.9%〜81.4%の濃度で、
無水エタノールは、99.5%以上の濃度です。

一見、濃度が濃いほうが効きそうな気はしますが、
殺菌力・消毒力が高いのは、


「消毒用エタノール」です。


消毒用エタノールは薄めずに、そのまま使えて便利です。
尚、無水エタノールも使う際には、薄めて使うことになります。

そういったら、あんまり利用価値がなさそうですが、

へちま化粧水等を、自分でつくる場合は、そっちの方が都合が良いのです。
ヘチマやアロエ等の水分が出て、

「薄まる」からです。


消毒に使うなら、迷わずに「消毒用エタノール」を買ってください。


それと、最近安い消毒用エタノールが出ていますが、
よーくみると、「イソプロパノール」という文字もあると思います。

この「イソプロパノール」というのは、安くて消毒・殺菌には良いですが、
どちらかというと、人体には向きません。

傷のないところだと、まだ使えますが、傷とかには、


「使用しないでください」


非常に刺激が強い成分ですので。


エタノールも刺激はありますが・・・


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓殺菌・消毒の意識が高いアナタ、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:今年は、あまり食中毒のニュースを聞きませんでした。
   良かったです。


posted by ソノキニ at 01:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソノキニさん

こんばんは、脱サラの星水谷です。
いつもありがとうございます。

今日のエタノールの記事は、高校
時代の科学の時間を思い出しました。

私も22年間ラグビーをやっていましたが、
直接傷口に消毒薬をぬって大変な思いを
したことがありますよ。

では、今日も・・・
応援2アタック!!

Posted by 脱サラの星 at 2007年07月28日 22:40
    脱サラの星水谷さん

コメントありがとうございます。
水谷さん自身もラグビーやられてたんですね。
消毒薬の刺激はすごいでしょ?

くれぐれも気をつけてください。

ありがとうございます。
Posted by  ソノキニ at 2007年07月29日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。