2007年08月16日

消えていった成分A

非常に残念な成分がありました。

その成分の名は「塩酸フェニルプロパノールアミン」


略して、「PPA」


と呼ばれる成分です。

鼻づまりの成分として、効き目がよく、しかも持続性があるという
とても優れた成分でした。

しかし、ある日のこと、20代の女性が

「過量服用」

してしまったのです。(薬の名前はベン●●●●ク)

過量服用によって、血管を収縮し過ぎた結果、血圧が血管壁を
突き破り、脳出血を起こしてしまったんです。

正確ではありませんが、2倍量を短時間で複数回飲んだようです。

幸いにも、この方のお命に別状はなかったようです。
しかし、この日を境に、「PPA」は製造中止になってしまいました。

ずっと、鼻炎薬をお飲みの方が、この当時よく言われていました。


「最近の薬は効かなくなった」


確かに効き目は落ちました。本当に不満を訴える声が多かったですね。

当時、鼻炎薬ではTOPシェアを誇っていた「コンタック600」は
あっという間にシェアを各社に取られてしまいました。

ちなみに、この成分アメリカでは、ダイエットのサプリメントに
使われており、死者もでています。

日本では、それよりも少ない量で、薬として使われていたのですが、
こういう結果になってしまいました。


「過量服用」怖いでしょ?

でも、している方、実際いるんですよ。


イブAを2錠以上飲んでいませんか?
コーラック何錠のんでいますか?

やめて欲しいといいますが・・・なかなか受け入れてもらえません。
私のブログ今読んでいて、過量服用しているアナタは、

「絶対やめてください」


最後までお読み頂きありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓少しでもお役に立てたら1ポチッお願いします。
banner_02.gif

  
↓↓↓↓↓↓↓↓少しでも危険感じたら、1ポチッお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ


追伸:血管収縮系の成分は、ほとんど交感神経刺激剤です。
   高血圧・高血糖は要注意です。
posted by ソノキニ at 17:45| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソノキニさん、お久しぶりです。
過量服用ではないのですが、かつて
風邪薬で中毒?になったことがあります。
その時は付添い人もおらず、体調が悪すぎたので
今でも原因が曖昧なままなので、出来れば原因を
一緒に考えていただけると嬉しいです。
また他の読者の方への注意喚起にもなるようでしたら
取り上げて欲しいです。

ある日、出かけ先で「喉が痛い、風邪かな?」
とドラッグストアで市販の風邪薬を買いました。
何を買ったかは忘れましたが、喉の痛み、引き始めに
良いと勧められた結構メジャーな薬です。

カプセル状の薬で、急いでいたため、その場で水を貰ったり
買ったりすることなく、薬だけを口に放り込みゴクリと
飲みました。多少喉に引っかかってる感がありましたが
それまでは、そんな感じで薬を飲むことが多かったので
気にせず夜になり、帰宅しました。

夕食後、いつも飲んでいる風邪薬(粉状)を今度は
きちんと水で飲みましたが、眠った後、息苦しくて
目が覚めました。気道が圧迫されている感じがして
横になっても起きても、ぜいぜい、ひゅうひゅうとしか
呼吸が出来ず、やっとの思いで朝を迎え、一向に楽に
ならないので、119番に電話をして休日の急患指定の
病院を探してタクシーで行ったところ、何本もの
点滴を受け、救急車を呼ぶべきだったと注意されました。

昼の薬を水なしで飲んだこと、昼と夜で違う薬を飲んだこと
で薬がなんらかのワルサをしたのだと
思うのですが・・・。
自業自得とはいえ、市販の薬でこんなに怖いことも
あるんだよ、と身内には一通り話しました。
お手すきな時に回答お願いします。
Posted by nopi at 2007年08月16日 18:48
夏風邪の方、最近いらっしゃいますね
ぐすぐす鼻炎の方なのかしら?とも思います。
ソノキニマニアの明子です

今回の市販のお薬でも、過ぎると怖い
と思いました。

私の父も用量よりたくさん飲めば
早く治ると言っていたものです

何もなかったから良かったようなものの
敏感な方は救急車を呼ばなくては
ならないほどになることもあるんですね・・

知っていれば避けられることもたくさん
ありますよね。ただ、やはり自分の身に
起こらないとなかなか・・・

使えなくなった<PPA>も正しく飲んでいれば
良かったのに・・悔やまれます。

今日も深いお話ありがとうございました。
それでは、応援2ポチッ!!

Posted by 明子姉 at 2007年08月16日 22:44
    nopiさん

コメントありがとうございます。
お久しぶりですね。元気でしたか?

ちょっと薬が何かわからないので、
何とも判別しづらいですが、

まず服用間隔はどのくらいだったのでしょう?
普通の薬であれば、大体4時間ぐらいで、
代謝されるので、市販薬の影響は少ないと
思います。持続性であれば、別ですが。

断定はできませんが、成分自体は、
鎮痛解熱成分のような気がします。
呼吸器系にでるのは、
「アスピリン」「イブプロフェン」等が
多いですね。他の成分でもないことも
ないですが。

あとは、その対応をみると、ひょっとしたら、
「アナフィラキシーショック」かもしれません。
薬のアレルギーの一種で、重篤です。
(似たようなものでは、蜂に2回刺されたらダメとかいうやつがあります)

その薬暦がわかる・わからないに関わらず、
病院にかかった時、薬買うときは、その事を必ず言ってください。

貴重な体験談ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年08月17日 00:53
    明子姉さん

コメントありがとうございます。
「多く飲めば効く」という方って
いまだにおられます。
近くにおられたら、違うことをお伝えください。

接客をしてて、驚きます。
おっしゃられる通り、知っていれば
避けられることは薬は、本当にあります。
少しでもお力になれればと思います。

PPAは本当に残念だったです。

応援ありがとうございます。
Posted by ソノキニ at 2007年08月17日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。