2016年09月29日

トクホ全製品、成分調査やり直しへ 消費者庁が指示

こんにちは、ソノキニです。

トクホ全製品、成分調査やり直しへ 消費者庁が指示
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000102-asahi-soci

消費者庁が舐められていることに気づいたのか、少し本気を出してきました。
でも、厚労省との差はいかんともしがたいです。
(医薬品の許認可を握るとの差は当然ですが)

>トクホの制度では当初は許可が4年更新でその都度、試験結果を審査していたが、
>規制改革で97年から永久許可制となった。岡村和美・同庁長官は
>「現制度では企業の良識に期待せざるをえない。製法や原料などの事情が
>変わればすぐに報告すべきだ」としている。

おそらく医薬品では、製法や原料が変わる場合は、報告がされているはずです。
しかも前もって。

>同庁によると許可済みの製品のうち約半数がすでに市販されていないとみられ、
>その場合は許可を取り下げる「失効届」を出させる。

トクホになっても、売れなかった商品が割とありますからね。
メーカーがいろいろとつくりますが、十分なアナウンスが市場で
できているとも思えませんし、少し専門的になると、
消費者はしっかり聞かなくなります。

値段も高いですしね。

消費者庁は本気モードっぽいですが、さてトクホの許認可を出す実体は
どんななんでしょうね?(知る人ぞ知る)

トクホに過剰な期待はしてはダメですからね。
ラベル:消費者庁 トクホ
posted by ソノキニ at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

トクホ、初の取り消し…報告怠り「悪質性高い」

トクホ、初の取り消し…報告怠り「悪質性高い」
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00050093-yom-soci

>消費者庁は23日、日本サプリメント(大阪)が販売している特定保健用食品(トクホ)の
>サプリメント「ペプチドエースつぶタイプ」など6点が、関与成分の含有量が
>必要な量を満たしていないなどとして、表示許可を取り消した。

あのダンカンさんのCMで有名な「ペプチドエースつぶタイプ」から、
トクホの看板が外されます。

>同庁は「2年以上報告を怠り、悪質性が高い」としており、異例の取り消しに踏み切った。

上手にできなかったんでしょうね(笑)
お役所というのは・・・ね。

ま、それはさておき、この記事のポイントが見えていますか?

トクホの看板を外された理由は、

>同庁によると、商品にはカツオ節由来の関与成分が1日摂取目安量で
>5ミリ・グラム含まれるとして、「血圧が高めの方に適した食品」と表示していた。

>しかし同社が自主検査したところ、5ミリ・グラムに満たないことが2014年3月に判明。
>「糖の吸収をおだやかにする」と表示した別の商品では、
>関与成分が含まれていないことが分かり、合わせて今月15日に同庁に報告していた。

効き具合とかではなく、関与成分の含有成分が少なくて、
悪質だからという理由です。

ぶっちゃけ、どれぐらいの効果(厳密には、効果ではありませんが。)があると
判断して、トクホの許可を出してたんでしょうね。

ちなみに、薬を販売している生業をしているとわかるのですが、
「厚生労働省」と「消費者庁」では全然重みが違いますからね。

トクホがすごくいろいろと出ていますが、ちょっとどれも効き目に関しては、
疑ってみてちょうどいいと思います。プラシーボ効果がほとんどのものも
あるかもしれませんね。

それと、こういったことをやったメーカーのことを覚えておくと
いいかもしれません。

でも、健康食品メーカーは割と別会社をもっていたり、
看板の付け替えで、同じ人たちが手を変え、品を変えやってくるので、
わかりづらいんですけどね。

posted by ソノキニ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国

こんばんは、ソノキニです。
こういったのは、アメリカの方がだいぶ進んでいる気がします。

「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000017-jij_afp-int

>米食品医薬品局(FDA)は2日、19種類の殺菌剤を含有する抗菌せっけんなどの
>販売を禁止すると発表した。通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、
>健康に悪影響を及ぼすリスクがあると警告している。

販売禁止にするというところが素晴らしいですよね。
日本だとそこまでは踏み込まないかもしれません。

>19種類の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは抗菌効果をうたう固形せっけんや
>液体せっけんに広く使用されているが、免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

日本で代表的な商品と言えば、これでしょうか。



トリクロカルバンが配合されています。
以前、銀の抗菌効果についても一騒動ありましたよね。

抗菌グッズとかも、本当はどれも相当怪しいのでしょうね。
下手に抗菌グッズに頼るよりも、自分の免疫力を落とさないことの方が
大切だと言えます。

>免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

細菌がいても、対応できればいいですからね。
実際は、細菌に囲まれて生きているわけですから。

ミューズお使いの方は、普通のせっけんを使った方がいいかもしれませんね。



無添加って、ひょっとしたら、人間の身体の邪魔をしないという面も
ありそうですね。
posted by ソノキニ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

MEC食をやりはじめて、約1年経ちました。

こんにちは、ソノキニです。

早いもので、MEC食をやりはじめて、
1年ほど経過しました。

卵とチーズと肉を食べるのが、もう習慣になったので、
大変さはありません。

ただ、料理のバリエーションがないので、ありきたりになってます。

渡辺徹、週に3回の人工透析・・・成人病のデパートに
⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160730-00511059-shincho-ent

渡辺徹さん、大変みたいですね。

私も父が人工透析ををしているので、その大変さは身近で感じています。
自分だったら、週3回、1回4時間はつらいですね。

腎臓がいきなり悪くなることもあるかもしれませんが、
やはり糖尿病からくることが割合として高くなります。

糖尿病はやはり糖の摂り過ぎからきますので、
それの用心が必要です。

糖を摂り過ぎてはいけないと言っても、あくまでも過去の自分を相対化する
だけではあまりうまくいかないと思います。

私もついつい、前に比べたら摂っていないからと言い訳して(笑)、
食べてしまうことがあります。

「糖質を制限する」という風に構えると、どうしても大変さが
先にきます。

ですから、渡辺先生が言っておられるように、先に肉と卵とチーズを
食べてください。それから、どうしても食べたければ食べるというとこから、
スタートするといいです。

お米や麺類、パンを抜いたとしても、調味料を含めて、
いろいろと糖質は必ず摂取しています。
今の日本で、完璧に逃れるのは難しいです。

健康のためにたまねぎを大量に食べている人もいますが、
糖質の摂り過ぎを危惧してしまいます。

糖尿病になってからはじめるか、糖尿病にならないように、
たった今からゆるやかにでもはじめるか?


ソノキニは実感を込めていいます。


1年なんてアッという間です。

やろう、やろうと思ってるだけで、数年すぐに経ちます。
あなたの摂った食事で、あなたの目、皮膚、脳、血管、心臓、腎臓、肝臓が
つくられています。

糖の摂り過ぎと認知症も無関係ではありません。
糖のコントロールしてください。



1000円ほど払って、おいしいラーメンを食べたくなる気持ちもわかりますが、
数百円で、健康の知識を、1回だけ、たった1回だけ買ってみませんか?

私の経験の範囲であれば、何でもお答えします。
いつでも、コメントしてくださいね。
posted by ソノキニ at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

大麻の議論の助けになるのか?

こんばんは、ソノキニです。

大麻の成分、脳の神経回路を破壊…阪大チームがメカニズム解明
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00050032-yomidr-sctch

大麻というのは、たまに議論になります。
「たばこよりも身体に悪影響がないのだから、合法化すべきだ」
という人もいれば、

「いやいや麻薬なんだから、合法化したらダメでしょ」
という人もいます。

>「カンナビノイド」と呼ばれる物質で、幻覚や鎮痛の作用がある。
>日本では大麻取締法で所有、栽培、譲渡などを禁止されている。
>一方、欧米では医薬品として合法化する動きが広まっており、
>大麻が脳に悪影響を及ぼすかどうか、詳しいメカニズムは分かっていなかった。

>チームは、マウスにカンナビノイドを注射する実験を実施。
>その結果、正常なマウスでは、脳の神経細胞から延びた突起が、
>回路のようにつながっているが、注射したマウスでは突起が減ったり、
>消えたりすることを確認したという。注射した量が多いほど
>突起の消える割合が多かった。

神経細胞に悪影響を及ぼすということが、マウス上では確認されたようです。
ただ、神経細胞への悪影響というのは、偏った食生活でも起こりそうなので、
何ともいいづらい部分はあります。

また、現在使用している医薬品の中でも、神経細胞の悪影響を調べたら、
見つかるものもおそらくあるでしょう。

ですから、この実験結果が大麻の議論に大きな助けになるかは微妙ですが、
こういった影響があるかもしれないということは知っておいた方がいいですね。

大麻は嗜好性が出てくると思うので、別の麻薬にエスカレートしそうなのが、
怖いですよね。

この意見に関して、「大麻が合法化されれば、覚醒剤の使用が逆に減る」と
指摘する人もいます。わかる気もしますが、
それは現実的に把握が難しそうなので、微妙な気もしますが。

まぁ、危険ドラッグや麻薬には手を出さないことです。
何が起こるかわかりませんからね。

追伸:糖質やグルテンの摂り過ぎも、当然神経に悪影響を与えるでしょう。
   ケトンという言葉の理解はしておいた方がいいです。特に40代以降は。
   すごく一般の人向けに書かれています。おすすめですよ。
人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる
posted by ソノキニ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

エコノミー症候群で50代女性死亡 熊本地震後に車中泊後に車中泊

こんにちは、ソノキニです。

エコノミー症候群で50代女性死亡 熊本地震後に車中泊
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000024-asahi-soci

エコノミー症候群とは

>飛行機など、長時間同じ姿勢で座ったりしているときに
>注意したいのが、「旅行者血栓症」です。

>これは下肢が圧迫されてうっ血状態となり、血栓が生じることにより発症します。
>この血栓が肺に詰まってしまうことを「肺塞栓症」と言います。
>この2つを合わせて「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」と言います。

大塚製薬さんのサイトからの引用です。
⇒ http://www.otsuka.co.jp/health_illness/jama/

湿度が低くなったり、水分が不足することでも発症しやすくなりますので、
注意が必要です。

今回、熊本地震は、余震の回数が多く、車中泊をする人が結構います。
座っている姿勢が続いている人はくれぐれも注意してください。

姿勢を変えたり、足首を動かしたり、足をマッサージしたり、
身体を締め付ける洋服をつけないなどをやってください。

天災も含めて、自分には関係ないと思わないようにしてください。

エコノミー症候群に警戒してくださいというのも、言われていました。
もちろん、テレビを見れなかったり、ネット環境が使えなかったすることも
あるので、知りあいに危険があったら、ぜひ教えてあげてください。

大体、「自分は大丈夫だ」と思っているはずですから。

でも、現実に起こる可能性はあります。
特に被災者はいつ改善されるのかもわからないので、
無自覚に続けてしまいかねません。

車中泊ではなく、一時避難を促すことも大事ですね。

水分補給や足を少し上げて寝るなども覚えておくといいです。
(被災地では、水分も不足するでしょうから)
posted by ソノキニ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

被災者になった時にも、まずは健康

おはようございます。ソノキニです。

今回の熊本・大分を中心とする地震に被災された方、
大変だろうと思いますが、くれぐれも安全を優先で、
人やいろんなものに遠慮なく頼ってくださいね。

お見舞い申し上げます。

昨日、歯を磨いていて、ふと思ったのですが、
地震というのは、急に起こりますよね?

歯医者に通っていて中途半端な状態の方や、
病院に通っていて、いよいよ明日・・・と
いう方もおられたはずです。

そういった方は本当に身体的にも大変でしょう。
ただでさえ、被災している時は、精神的にも大変ですし、
しかも今回の地震は、余震の数も多いので、心が休まる暇もないはずです。


      身体=心


だと思っているので、どっちかが悪くなると、
もう片方も悪くなります。

栄養状態や生活環境は通常の生活よりも確実に悪くなるはずなので、
殊更、健康でいることの意味があるはずです。

くれぐれも勘違いして欲しくないのは、健康でないことが悪いのではなく、
自分の身体を普段から大事にしようとしないことが悪いのです。

明日は我が身かもしれません。
避難するにしても、健康であるとその分有利です。

いろんなものが制限されてくると、本質が見えやすくなることもありますが、
「健康」に関しては、わかりきっています。

風邪を引いた時だけ、健康のありがたみを感じるのは、もう卒業しましょう。

人間には、「まさか」がありますからね。
posted by ソノキニ at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

ステロイドの点鼻薬は効く

こんにちは、ソノキニです。

花粉症は今年は寒波のせいもあって、全体的にピークも遅く、
ズレているようです。(大正製薬セールスさん談)

普通は、4月はかなり沈静化してくるのですが、
場合によっては、5月まで引っ張る人も出てきそうです。

さて、ちょっと遅いですが、新商品の案内です。

【指定第2類医薬品】エージーアレルカットEX<季節性アレルギー>です。


成分は、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルで、
いわゆるステロイド薬です。

症状を抑えるには、点鼻薬は即効性が高いのが便利です。
また、眠気リスクが抑えられることも利便性の一つです。

1日2回の使用で、長時間効くとなっていますが、
個人的にはすこし懐疑的です。

添付文書には、3時間の感覚をあけて、1日4回まで使用可能には
なっています。

エージーアレルカットEXの添付文書
⇒ http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/ag_allercut_ex_1.pdf

ステロイドには、抗炎症、抗アレルギーと血管収縮作用もあります。
したがって、マルチに効く便利な薬ですね。

昔は、ステロイドの点鼻薬といったら、コールタイジンスプレーと
いう薬がありました。



今は、このパッケージでしたが、以前はたしかファイザー製薬だったような気がします。
そして、その時は、血管収縮剤が入っていませんでした。

この商品は、お客さんの反応も良かったので、割と好きな商品だったのですが、
とにかく、規制強化でOTCで売れなくなったり、また売れるようになったりなど、
かなりバタバタしていましたね。どっかの都合なのでしょうが。

ナファゾリン塩酸塩の点鼻薬をよくお使いの方は、だんだん効かなくなりますが、
その時にステロイドタイプを使うと、ビックリするぐらい効き目を感じます。
(鼻詰まりが強い症状の場合)

ただ、ステロイドであっても、血管収縮を長期間行うのは、副作用につながりやすいので、
注意してくださいね。



ちなみにパブロン点鼻は、ナファゾリン塩酸塩で、血管収縮力が強く、愛用者も多いです。
2本まとめ買いも多い商品です。ですが、すぐに効きにくくなったり、
粘膜が分厚くなったり、血管収縮のリバウンドで拡張したりしやすいので、
あまり使ってほしくはないです。

1本分ぐらいでしたら、それほど心配はありませんが。

短期間で便利に使いたいのであれば、下手に安い点鼻薬よりも、
ステロイドの点鼻薬の方がおすすめです。

あ、点鼻薬をお持ちの方は、モーニングアタックという症状を抑えるために、
枕元において、なるべく朝一で点鼻薬を使ってみてください。
朝一のくしゃみは、アレルギー症状を強くしますので。

花粉ももう少しです。お大事に。

追伸:アレルギーでお悩みの方におすすめ本です。
   ⇒ アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!

   この本のポイントは、体内ステロイドを大事にすることで、アレルギーを抑えると
   いう観点があるということです。これは本当に参考になります。
   ぜひ、読んでみてください。アマゾンレヴューも高めです。
posted by ソノキニ at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

抗炎症作用とはどういうものか?

こんにちは、ソノキニです。

数日前に、こういったニュースがありました。

ロキソニンに「重大な副作用」 実際のリスクは? 厚労省に聞いた
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00010000-bfj-soci

>解熱鎮痛剤として広く使われている「ロキソニン」の使用上の注意に、
>「重大な副作用」として小腸・大腸の閉塞・狭窄などが追記されることになった

割と深刻に受け止めた方もおられるでしょうが、
記事本文にあるように、頻発する副作用ではなく、重たい副作用として、
起こることがあるという意味です。

だから、飲んだら腸の閉塞や狭窄が起こるということではありません。

用語の使われ方が一般と業界では違うので、勘違いが起こりやすいですので、
注意してください。


さて、ロキソニンというのは、成分名がロキソプロフェンといいます。
イブプロフェンと同じ非ステロイド抗炎症剤というものに分類されます。
(略号として、NSAIDを使ったりもする)
鎮痛、解熱、抗炎症が作用としてあります。


さて、この抗炎症剤というのは、文字通り炎症を抑える薬なのですが、
このことがどういうことなのかを、「ザックリ」知っておく必要があります。
そのザックリは何かというと、



     「身体を冷やす」



これは、同じ抗炎症作用を持つステロイド剤でも同じことが言えます。
ステロイドは、血管収縮作用もありますからね。

このことを知っておいてください。
私の知り合いも、痛みを抑えるために、痛み止めを長い期間飲み続けてたら、
冷えの症状が出ていました。

「抗炎症」なので、冷やすイメージは理解できますよね。

日本は鎮痛剤でも、「アセトアミノフェン」ではなく、アスピリン(バファリン)や
イブプロフェン(イブA錠、リングルアイビー等)がよく飲まれています。

ですから、常用している人は、冷えのリスクが常につきまといます。
常用や、長期使用は止めてくださいね。

アセトアミノフェンは鎮痛剤ですが、抗炎症作用がないので、
冷えという意味ではリスクが少ないです。


人間は、恒温動物で、大体、36.5度ぐらいで身体がうまく機能するように
できています。ですから、冷えというのは、機能不全を招きやすくなります。
(もちろん、体内の温度は38度とか、もっと高いです)

細かい知識はともかくとして、抗炎症剤は冷えの元になりうることを
知っておいてください。

特に、

   冷たいものを飲食する
   運動不足
   デスクワークなど同じ姿勢のことが多い

などが普段からある人はリスクが高まりますからね。

この薬がアセトアミノフェン製剤です。
世界的にはすごく売れているんですが、日本ではサッパリです(笑)



追伸:強い薬を使いたくなる気持ちはわかります。
   でも、常用はダメです。私も店頭で、何回も止めたことがあるんですが、難しいですね。
   あ、低体温は細胞のガン化を助けますからね。ちょっと脅しておきます。

posted by ソノキニ at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

2016年の健康診断の結果出る!

こんにちは、ソノキニです。
健康診断の結果が出ました。どの項目も異常なしでしたが、
変化を気にしていた脂質だけ、表記したいと思います。

MEC食をはじめて、半年ほど経ったあとですので、反映していると思います。

中性脂肪 34(前年35)
 基準値:30〜149
HDLコレステロール 109(前年92)
 基準値:40〜119
LDLコレステロール 119(前年79)
 基準値:60〜119

おおっ!コレステロール値が上がりまくっている。
しかも、悪玉の方が特に。
肉の比率が上がっているので、それが影響しているのと、
チーズの補給が影響している気もします。

それと、中性脂肪の値が低くて、自分に突っ込みをいれました。
「基準値が30〜149という風に広いのに、34って何だよ(笑)」

これの面白いところは、コレステロール値がすごくあがっているのに、
中性脂肪値があまり変わっていないということです。

やはり糖質が中性脂肪の値に影響を与えているのだと思います。

LDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールが基準値ギリギリですが、
その基準値は意味がないと思っているので、無視します。
私も40代ですので、それなりにコレステロールを持っておこうと思います。

血圧が少し下がっているので、運動不足による筋肉不足もあるのかなぁとも
思います。温かくなってくるので、身体を動かす機会を増やして行こうと
思います。

そして、MEC食の取り組みとしては、少し変えようと思います。

   肉は気にせずにガンガン食べる。
   卵は1日3個ほど。
   チーズは食べる回数を減らす。

   小麦は減らしたままで、米の摂取を少し増やす。
   果物を摂る。

これはMEC食ではありません。
MEC食は、糖質除去を目指していますからね。

どちらかというと、
ジョコビッチの生まれ変わる食事
の方に近いですね。

この本に書かれている「食事は情報」という考え方が好きです。
あなたは、身体に対して、どんな情報を送ってますか?

コーラ、ハンバーガー、スナック菓子・・・。
身体はどんな情報を受け取っているんでしょうね?(笑)


追伸:糖質制限よりも、グルテンフリーの考えはぜひとも知っておいて欲しいです。
   ⇒ ジョコビッチの生まれ変わる食事
ラベル:健康診断
posted by ソノキニ at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。