2013年12月17日

見た目に出づらい「サルコペニア肥満」

こんにちは、ソノキニです。
足の筋肉が大事という話です。

見た目に出づらい「サルコペニア肥満」 危険度をチェック〈AERA〉
ソースは、こちら
⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131217-00000007-sasahi-life

>「ギリシャ語の『サルコ=筋肉』と『ペニア=減少・不足』を合わせた造語で、
>見た目はポッチャリ程度でも筋肉が減少し、脂肪が蓄積した肥満症のことです」

ザックリ言うと、筋肉が減って、脂肪が多い肥満の状態です。
例えば、相撲取りというのは、太っていますが、身体の中は、筋肉の塊で、
これには該当されません。

日本は、都会よりも地方の方が歩かなくなっている現状がありますので、
むしろ、車に乗ることが多い。外出する機会が少ない方に注意して欲しい病気です。

>女性の場合、健康な人に比べて高血圧のリスクは2.3倍、
>糖尿病のリスクは19倍も上がります。

こういったリスクもあります。
人間の筋肉の割合で見ると、下半身に集中していますので、
下半身を動かしたり、脚の筋肉を鍛えることは、サルコペニア肥満防止だけでなく、
代謝アップや血行促進、冷え防止にも有効です。

冷静に考えると、足のつま先から、心臓まで血液を上げることを
考えたら、かなりの労力であることはご理解いただけると思います。
つまり、それだけの労力をきちんとやることができたら、肥満にはなりづらいですよね。
(脚の静脈瘤とかは、血液を上に上げれていない)

以下、記事より抜粋↓
=====================================
<サルコペニア肥満 危険度チェック>(久野譜也氏の話をもとに編集部で作成)
 四つ以上該当するようなら、あなたもサルコペニア肥満予備軍かも…

・体格指数BMI(※)が25以上である
・駅の階段を下りるとき、つい手すりにつかまってしまう
・片足立ちで靴下をはけない
・片足立ちで60秒キープできない
・何もないところでつまずいたり、転んだりする
・肉や魚を控えている
・ほぼ毎日、揚げ物などの油の多い料理を食べる
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
=====================================

私はちょっと前から、わざと片足立ちで、靴下を履くようにしています。
『ヨシヨシ、今日もいけるな』と思いながら(笑)

それと、このサルコペニア肥満に簡易判定方法は、海外でつくられたのですが、
日本人には当てはまりにくく、いろんな判定方法がつくられているようです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:黒柳徹子さんが、元気で歳をとるために、ジャイアント馬場さんから、
   『スクワットを毎日50回すればいい』と言われて、それからずっとやってらっしゃるようです。
   あの元気に源の一つかもしれませんね。毎日やれるのがすごい。
   (スクワット50回って、割とハードですからね)
posted by ソノキニ at 19:35| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

光を浴びての早起きは、不眠に効果あります。

こんにちは、ソノキニです。

長期使用で「不眠症」にも 市販「睡眠改善薬」に潜む危険性〈週刊朝日〉
ソースは、こちら
⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131111-00000001-sasahi-hlth

こういった記事は、ちょくちょく出てきます。

そして、内容は全て同じです。


「市販薬だけを使っているとかえって悪化することがあるよ。病院に行きなさい」


というものです。今回も同じ内容です。

そして、こういった場合、全てにおいて、「市販薬販売者のレベルアップ」に
触れないのが、笑えます。

『ああ、こういったのがいわゆる提灯記事なのか』

最近、すごく気になるのが、

   「不眠」
   「うつ病」
   「ストレス」
   「精神薬」

このあたりのマーケティング、プロモーションがすごく多い気がします。
何でもない人にも、「病気なんじゃない?」と脅している感じです。

「その気に」なったら、ダメですよ。
「病は気から」は本当です。


banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:睡眠改善薬が値段が高いとお思いの方、成分は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」です。
ラベル:不眠 睡眠改善薬
posted by ソノキニ at 11:17| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども

こんにちは、ソノキニです。

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども
ソースはこちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121031-00000003-asahi-soci

マイコプラズマ肺炎が流行しているようです。

マイコプラズマ肺炎は、発熱が続き、熱が下がった後で、
咳が1ヶ月ほどこじれたりするのが特徴です。

咳がやたら続く場合は、肺炎を疑うのも重要なことです。

このポイントは、当然、風邪と同じように感染しないようにすることですが、
マイコプラズマは、風邪のようなウイルス感染ではなく、細菌感染であることを
理解しておいてください。

つまり、抗生物質が効くということ。

尚、元々すごく酷い悪化がみられる病気ではないため、
逆に見過ごされやすくなります。

肺炎は共通ですが、「熱」と「咳」が特に留意ポイントです。

     「長く続く」

     「長く続く」

     「長く続く」

     「長く続く」

     「長く続く」

場合は要注意です。

感染予防の基本は、のどの保湿と、手洗いです。
すごく軽視されますが、すごく重要です。

寒くて乾燥しているのに、頑張っている「のど」と「手」を
労ってあげてくださいね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ





posted by ソノキニ at 10:03| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

メタボは治療もままなりません。

こんばんは、ソノキニです。

ちょっと面白い記事を見つけました。
特大MRIに長い注射針、丈夫なベッド―肥満に悩む米国の新たな問題

ソースは、こちら↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000001-wsj-int

記事元は、ウォールストリートジャーナルですが、
この記事に登場するワシントンさんは、1年近く、
MRI(磁気共鳴画像装置。体内を調べる機械)を探しているそうです(笑)

医療関係のドラマをみたことがある方には、なじみのある機械ですが、
要は、病気を詳しく調べる際に、この中に入って調べるのですが、
太りすぎて、入れる機械がないそうなんです。
(ドクターハウスという海外のドラマだと、よく登場します)

痩せることを選ばずに、探し続けたワシントンさんも面白いですが、

治療面での肥満によるリスクは、笑えない部分もあります。
たとえば、手術においても、失敗リスクが高まるだけではなく、
そもそも手術できないということも起こりえます。

(マイクロダイエットは、手術するために痩せさせる手段として、
用いられたりもしている)

治せる病気なのに、肥満のためにすぐに治療出来ないというのは、
本当にもったいないですよね。
(鶏と卵のような関係性も感じますが)

アメリカは確かに規模が違いますが、日本もところどころ、
アメリカの後追いをしているので、今後同じ問題がでることが
あるかもしれません。
(肥満者用の長い注射針は、嫌ですね)

日本も食の変化、食べ物自体の劣化、経済的格差、社会構造の変化、
いろいろ相まって、より肥満の問題がいろんなところに
広がっていくと思います。

基本的に肥満は食べすぎが原因ですが、今は売られている食品自体が
あまりにも身体のことを考えていない気もします。

有機野菜の量が世界的に比べてみても非常に少ない日本。
ジャンクフード、甘いものの氾濫が著しい日本。
添加物の規制が甘く、安くて見栄えの良いものが売れる日本。

これでもかというぐらい食べ物の話題ばかりのテレビ。
ダイエットという宗教があるかのように痩せることを美化しすぎるテレビ。
ちょっと問題があると病気にしてしまう精神病関連界。

情報の混乱とか言われていますが、単に金儲けのための広告が
あふれているだけのような気もしますね。

くれぐれも、「甘い」ものには、ご注意くださいね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ




posted by ソノキニ at 20:36| Comment(10) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

「わきが」制菌物質、抽出に成功

こんにちは、ソノキニです。

割と期待できそうな記事を見つけました。

「わきが」制菌物質、抽出に成功 NPO・仙台の三浦さん
ソースは、こちら
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120715-00000006-khks-l04

もう既に暑くなってきていますが、暑い時期は特に臭いが舞いやすいので、
いろんな対策を取られている方が多いです。

制汗剤も売れますし、今ではミョウバンタイプの制汗剤も多数も出ています。
わきがも、個人差がありますが、悩まれている方も多く、手術を行う方もおられます。

本も何冊か読みましたが、やはり臭いというのは、メンタルも非常に関係しており、
自分では気づきにくいという反面、異常に気にしすぎる場合も多いようです。

日本人は特に気にしすぎる面があるらしく、その原因の一つは、日本人の食事などからくる
元々の臭いが小さい点です。外国人は、日本人に比べて体臭が強いと言われており、
香水も必須アイテムの一つですが、総じて日本人は体臭が弱い分、体臭がある人がいると、
ちょっと目立つ傾向になるそうです。

今回の制菌物質が、直接使用することはないでしょうが、より詳細なメカニズムが
わかれば、商品化も容易ですし、期待できます。

それと個人的に嬉しかったのは、NPO法人の人が携わっていたりなどしていることです。

日本の強さはこういったところにあるのではないでしょうか?
「表に出ない強さ」です。

世界有数の自国言語の識字率を持つ国ですし(確かダントツのトップ)、
世界の名著が安く買える環境、本を買ったら、無料でカバーをしてくれるところ(笑)、

割といろんなものを翻訳しているので、自国言語で思考できる環境などなど。

ある特定の人間が何かをやったということの裏には、すごく細かいいろんな人の努力が
つまっていると思います。そして、公に賞賛されなくても、何かに取り組むという姿勢は
自然と豊かにしてくれる気がします。

もし、数年後に商品化されて、手術もしなくてよくなり、「わきが」に関するネガティブイメージが
なくなるのを楽しみにしています。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:わきが臭は、フェロモンとの関与もあるので、逆にその臭いが好きな人も当然います。
   単純に、善悪の問題ではありませんので。
posted by ソノキニ at 11:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。