2014年02月06日

給食で死ぬ!

こんにちは、ソノキニです。

ちょっととある本をご紹介します。




なかなか、ショッキングなタイトルがつけられています。
ですが、給食を食べたから、死んだとか、そういう話ではありません。

食品添加物等のせいで、給食の中身がよくないために、
非行や不登校が起こっているのではないか?と提言している書物です。

実際に、校長先生として取り組んだ形で書いてあり、
詳しい専門書というよりも、もっとマクロ的な目で、
食べモノが子どもたちに気づかない内に、大きな影響を与えていると
警告している本です。

私も食べモノが人間に影響を与えると思っており、
それは体調がどうとかいう範囲だけではなく、
精神的な部分にも影響があると考えています。

脳も臓器の一つですから、当然といえば、当然。

馬鹿にされるかもしれませんが、現在の日本の精神的な問題(鬱やその他)は、
人災だと考えています。それは、社会がどうこうというのではなく、

   1.食べモノの悪化(命あるものを食べない。人工的なものが多数身体に入る)
   2.病気をつくっている(新たな病気の開発。それに伴う、薬漬け)

という点です。もちろん、ストレスがあるというのはありますが、
ストレスがない時代なんて、そもそもありえませんし、
良いものをしっかり食べていたら、同じストレスに対しても、
対処方法が変わっていたかもしれません。

精神的なことは、精神的な解決が必要だと考えてしまいますが、
ひょっとしたら、食べモノや起床・就寝のタイミング、
「ケータイ教」とでも言うべき、モバイルとの密接な関係(異常なまでの情報との関わりあい)。

そういった要素がメインの場合があるかもしれません。

精神系の薬は、アメリカでは一部で見直しが始められています。
どうなるかはわかりませんが、日本ではまだまだ薬漬け医療が続くでしょう。
一瞬にして、評価が入れ替わった、ロボトミーの再来のように
なるかもしれません。

子どもの反抗期が、食べモノによるものだとしたら・・・。

今、あなたが食べている、飲んでいるものが、
あなたの心臓や腎臓や、ホルモンや皮膚を作っていることを忘れないでください。
そして、周りにも伝えてください。

浅間山荘事件の犯人の食生活もインスタント食品中心の
それは人工的なものばかりでした。

「味」を食べるのか、「栄養」を食べるのか、
さあ、どっち?


banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:薬も人工的なものですね。長期服用はダメですよ。鎮痛剤も、便秘薬も。

追伸2:この中で、給食を変えたら、アトピー性皮膚炎の生徒が減っていったそうです。
    そして、その子が転校したら、その学校ではまた再発。お父さんを単身赴任にして、
    戻ったところ、アトピー性皮膚炎が改善されたという話が載っていました。

    皮膚炎はわかりやすいですが、そうじゃないところで、自分で気づかない症状が
    出ているのかもしれませんね。
posted by ソノキニ at 18:12| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

フットガン コーワ(液・クリーム)【指定第2類医薬品】水虫薬

こんにちは、ソノキニです。

今回は、水虫薬の新製品紹介です。
フットガンコーワ(液・クリーム)です。

20120319231149c63.jpg

成分は、液とクリームで若干違います。割と皮膚病薬ではあったりするので、
知っておいてください。

   【液剤】
ラノコナゾール       10mg 抗真菌剤。
ジフェンヒドラミン塩酸塩 20mg かゆみどめ。
クロタミトン    50mg かゆみどめ。
l-メントール    20mg 清涼感で、かゆみをやわらげる。
[添加物] エタノール、マクロゴール

【クリーム剤】
ラノコナゾール       10mg 抗真菌剤。
ジフェンヒドラミン塩酸塩 20mg かゆみどめ。
クロタミトン    50mg かゆみどめ。
アラントイン    10mg 組織修復剤。患部の改善。
[添加物] セタノール、ステアリルアルコール、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸イソプロピル、
ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、タルク、水酸化Na

ほとんど処方は同じですが、相違点が、「液剤:メントール」で、
「クリーム剤:アラントイン」を使用しているところです。

この意図は、明らかに患部による違いをあらわしています。
刺激のあるメントールを使っているので、指の間などのジュクジュクしている患部や、
割れている患部には向きません。かかと等の乾燥しているところに使うタイプということを
色濃くしています。

逆にクリーム剤にはアラントインという組織修復剤を使用することで、
ジュクジュクや、割れている患部を治そうとする意図があります。

液剤は、添加物が少なく好印象です(笑)
また、特殊なマルチタッチバーがミソで、割と使いやすそうです。

bsc1205110500001-p2.jpg

水虫薬の液剤は、ただ出るだけという感じですので、なかなか狙ってつけることが
難しいものでした。これだと、指の間などの狭い部分にも的確につけれそうです。

水虫薬は、割と値段が高かったりもするので、チビチビ使いがちですが、
けちらずにしっかりとつかってくださいね。(液剤は調子にのると、消費が激しくなりますが)

それと、抗真菌剤のラノコナゾールは、効く菌の幅(スペクトル)が広いので、
初めて使う方にもおすすめです。(白癬菌にも種類がある)

水虫は治せる病気です。安心してください。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:指定第2類医薬品ですので、どこのドラッグストアでも、品揃えしてあれば、買えます。
posted by ソノキニ at 17:49| Comment(4) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

メンソレータム エクシブ ディープ10クリーム

こんにちは、ソノキニです。
今回は、新商品紹介です。

会苦支部.jpg


ロート製薬さんの水虫薬、
「メンソレータム エクシブ ディープ10クリーム」
です。

テレビCMもあっていますが、女性をターゲットにしたような感じですね。
メンソレータムブランドを使っているところが、そういった配慮を感じさせます。

処方はと言いますと、

  ・テルビナフィン塩酸塩(抗真菌剤)1.0g
  ・尿素(角質柔軟剤)10g
  ・リドカイン(局所麻酔剤)2.0g
  ・ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)1.0g
  ・グリチルレチン酸(消炎剤)0.1g

という風になっています。

抗真菌剤は、お馴染となってきたテルビナフィンという薬剤です。
この薬剤は、抗真菌剤というものの、どちらかというと白癬菌専用になります。
(抗真菌剤でも、ラノコナゾールとか、ミコナゾールは、もう少し幅広い菌に効く)

テレビCMでは、かかとの水虫というのを意識したものになっているのですが、
それはこの中に、「尿素」を入れているからです。

病院でも、かかとの部分の水虫には、抗真菌剤と一緒に尿素を処方します。
つまり、抗真菌剤の浸透をよくするために、角質軟化剤を用いるというわけです。

かかとのガザガザは、冬場は乾燥でおこりますが、それが夏場になっても改善しなければ、
水虫の場合もあります。夏場はあまり乾燥しませんからね。

そして、リドカイン・ジフェンヒドラミン・グリチルレチン酸は、
かなりザックリ言うと、かゆみ対策になります。

かかとの水虫というのは、基本はかゆみが出ません。
ですので、入れる必要はないような気がしますが、
OTC薬は「大は小を兼ねる」的な発想もあったりするので、


   『別の水虫にもいいですよ』


という形にしたいんだと思います。
効能効果が「水虫、いんきんたむし、ぜにたむし」になっていますから。

ただ、皮膚が割れていたり、皮がめくれていたりなどしている箇所には、
尿素やリドカインは、刺激になって、あまり良くないかもしれません。

そのことは、しっておいてください。

この薬を使う場合は、基本、かかと専用で使ってください。
キレイにサンダルを履きたい女性は、いろいろな準備が必要ですね。

最後まで、お読みいただいてありがとうございます。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ




posted by ソノキニ at 11:37| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

水虫・たむしの原因

こんにちは、ソノキニです。

ようやく梅雨入りの地域も増えてきましたね。

この時期になってくると出てくるのが、
「水虫」です。

非常に活発化してきます。

というのも、ご存知だとは思いますが、
水虫は、高温と湿度が大好きです。

おあつられむきな季節ということです。

それで、水虫の感染ルートというと、
スーパー銭湯だったり、温泉だったり、
家庭のバスマットだったり、
温水プールだったり、さまざまですが、

今は、それ以外もあります。

何だと思いますか?

それは、ペットです。
(主に犬・猫)

水虫の原因菌である「白癬菌」は、
人と獣と土に主に存在します。
(獣って表現がいいでしょ?笑)

ですから、ペットにも当然存在するのです。

大体は、獣専用だったりするんですが、
獣にいる白癬菌は、人間にもうつるようです。

感染経路としては、接触感染もありますし、
身体の老廃物が床に落ちて、
それからの感染というのもあります。

ちょっと気をつけておいて、欲しいことが一つ。

先ほども言った通り、触って感染ということが
あるので、水虫だけではなく、たむしも
出るみたいです。

<ポイント!>
白癬菌の感染場所で、呼び名が変わります。
ただし、原因菌は同じです。

  しらくも・・・頭
  はたけ ・・・顔
  たむし ・・・体部
  水虫  ・・・足

それで、たむしというのは、別名ぜにたむしと
言ったりもするので、丸くお金の形をすることが
多いです。
 
  「銭たむし」

そして、ふちがしっしんがあったりして
皮膚が荒れるのに対して、中心部分は意外と
きれいというのが、特徴です。

意外でしたか?

気をつけてくださいね。

じゃあ、抱っこできないの?どうすればいいの?
とちょっと不安になったあなた、

  大丈夫です。

白癬菌の感染は、24時間かかりますから、
ペットを抱いたとしても、24時間以内に
ちゃんと洗うことができれば、感染は防げます。

毎日、キレイにしてますよね?(笑)

慌てないでも大丈夫です。


最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

追伸:一番上の記事のメルマガ良かったら、
   無料ですので、登録してみてください。濃いです(笑)
posted by ソノキニ at 11:28| Comment(0) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ありがたいコメントみつけました。

ゼスパートの検索が多いです。

ただ、この商品は単品にも関わらず、契約が必要な商材なので、
どこにでも並ぶ商品ではないです。

しつこいようですが、

「ウインダム」と同じ成分です。

製造元は「日本農薬」さんです。

本題ですが、いつもお世話になっている未宇緒さんのブログ
「未宇緒の深層昭和帯」にお邪魔して、いろいろな方のコメントを見ていたのですが、

ある方が、「毎年いろいろ新製品出ているけど、効くのか?」
というコメントをされていました。

その疑問、当然ですね。

裏事情というほどの事情ではありませんが、この事を聞くとさらに
「ウインダム」か「ゼスパート」が魅力的に思えるはずです。

水虫薬はいろんなものが、国より新成分として、承認されていたのですが、
「ブテナロック」や「ラミシール」、「ダマリンエース」等の世代の水虫薬は、
同じ年、もしくは、1年毎に国からの承認がおりて、発売されていました。

しかし、さすがに国も、

毎年、毎年、いろんな成分が出すぎる!そんなに効き目も変わらないのに!
もう、かなり上回らないと、承認しないもんね!と

すねてしまいました。(笑)

それから、4年後に満を持して、承認された薬が

「ラノコナゾール」なのです。

つまり、承認が下りている時点で、かなり上回っているという証拠なんです。

ちなみに、現在、医療用(病院用)は「ラノコナゾール」から発展したものが、2種類出ていますが、それぞれ3年〜5年ぐらい承認に有しています。つまり、新成分が市販で出るのは、大体4年後ぐらいになりそうです。

ちなみに医療用の最新の水虫薬も、製造元は「日本農薬」さんです。

というわけで、ラノコナゾールは自信を持って使ってください!

質問、疑問、感想、意見ありましたら、ドンドンコメントください。


追伸:未宇緒さんところのブログのコメントを勝手に使ってごめんなさい。
posted by ソノキニ at 01:04| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

これも大事なことです。

今日も少しだけ水虫薬が売れていました。

今日は薬剤の選び方について書いてみます。

液剤、クリーム剤、軟膏剤、スプレー剤、ゲル剤

大体これぐらいで、網羅していると思います。

早速、それぞれの特徴についてですが、

 【液剤】
これはですね、かかとや足の外側にできやすく、あまりかゆみがでない、いわゆる角化型によく用います。液剤は浸透が良いため、あんまり浸透しにくい場所に用いるのが良いです。

しかし、注意して欲しいことが、

指の間が割れていたり、皮膚の中が見えているような場合においては、

使わないでください!

悪化する恐れがありますから。

 【クリーム剤】
比較的いろいろ使えますが、どちらかというと、小水疱型という白い泡もしくは、しっしんっぽくなっている患部に向いています。使用感もよく、若干ですが、乾燥傾向の薬剤です。
1番人気があります。

 【軟膏剤】
オールマイティに使える便利な薬剤です。これは、水虫薬に関わらず、すべての軟膏剤は場所を選ばないので、常備薬にするときには、軟膏を買っておくと安心です。しかし、ちょっとべたつきます。使用感が苦手な方も多く、クリームにおとるのはこの点です。

 【スプレー剤】
スプレー剤に関しては、吸い込まないようにする事を気をつけてください。それと、使用感が良く、手を汚さないというのが特徴です。スーッとするのが気持ち良いという方も多く、それが購入条件になる場合もあります。

 【ゲル剤】
ゲル剤は、あんまりないですが、表面で膜をつくり、しっかり入っていくので、前述の角化型などの固い部分とかに向いています。

個人的には、軟膏かクリームタイプがおすすめです。

手が汚れますが、狙ってつけれるのが良いと思います。
それと、患部の状態を適切に判断するのもちょっと難しいので、
この2つであれば、ほとんど間違いがないからです。

それと、ちょっと話がずれますが、

角化型で、女性に多いのですが、かかとのガサガサが「ケラチナミンクリーム」などの
尿素系で全く治らない方、

ひょっとしたら、

「水虫」かもしれませんよ?

お父さんの分の薬を買う振りして、コッソリ買ってみましょう(笑)

最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

質問、疑問、ここは間違っているんじゃないか?感想、意見等
ございましたら、ドンドンください。
posted by ソノキニ at 00:28| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

早くも検索されていました。

ゼスパート
だんだん店頭でも、水虫薬をごらんになってらっしゃる方が増えてきてます。

現在は、特に女性も、ブーツ履きが目立つようになり、寒い季節でも水虫になる方が増えてきており、季節感がだんだんなくなりつつあります。

水虫の大半は長年もっている人が多く、

日本人の4人に1人は水虫

と言われています。

それでは、薬をつけた時の基本的な白癬菌の動きを説明してみようと思います。

@まず、薬をつけます。そうすると、白癬菌は皮膚奥に逃げ込みます。
Aそれで、奥から様子をうかがう形になるので、この時、皮膚の症状が
 治まったようになります。
Bでも、死んではいないんです。そして、「あーよくなった」と思った人間が
 薬をつけるのをやめる。
Cそうすると、また上がってきます。また症状が出る。

長年、水虫をお持ちの方はこの@〜Cを

エンドレスで繰り返しているんです。

では、薬はどんな働きなのか?というと、

続きを読む
ラベル:水虫
posted by ソノキニ at 00:38| Comment(29) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

僕らも一生懸命戦っている

? 073.jpg
昨日、書きました「ウインダム」ですが、
こんな感じです。

TVでもよく宣伝が流れています。

これのすごいところをちょっと語りますね。

まず、貯留性が
非常に高い。


ちょっと面白い実験結果があります。

薬を4日前に塗って、4日後に白癬菌をつけて感染するかどうか
という内容の実験です。

すごいでしょ?この実験。
でも、もっとすごいのが、

感染率4%

えっ!だって、4日前につけたのが、残っているわけないじゃない!
と思ったアナタ

そう思うのが普通です。

でも、
4日前につけたのが、
効いているんです。


(ちなみに4日前から何もつけてない時の感染率は98%です)

ちょっと感覚的にわかりづらいかもしれませんが、
貯留時間が長いと、しつこく効くんです。
つまり、効き目がほぼ変わらずに1日効く。

やるでしょ?

ラノコナゾールはあきらめないんです。

製薬メーカーの水虫の方へのアンケートで
僅差ながら水虫での一番の悩みは、

患部が見苦しいのが嫌。

人に見られたくないから、温泉いけない。

というアナタ、皮膚の修復もしてくれます。

前述の知り合いは、「皮ボロボロで足が汚い」
「汁が出て、靴下汚れてた」と言うほどひどかったんです。

それが、あの結果。恐るべし。

でも、皮膚の周期が約1ヶ月周期(諸説あります)
ですので、2サイクル、要するに、

「治った」「よくなった」と思ってから、

2ヶ月つけてみてください。

おそらく、治ってしまいます。

こちらの薬は「指定医薬品」ですので、薬剤師登録のお店でしか
販売できません。

全薬工業のゼスパートでもオッケーですよ!

質問、疑問、取り上げてほしい内容、何でもお待ちしております。
ラベル:水虫
posted by ソノキニ at 00:13| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

彼らも一生懸命生きています

そろそろ水虫薬の季節です。
水虫でお悩みの方、今年はかなりお力になれると思います。

今年は、「ラノコナゾール」という成分配合の

「ウインダム」 「ゼスパート」

という商品がおすすめです。

「ウインダム」はゼファーマという会社から出ていたのですが、
今は、第一三共という会社になっています。
(この会社は、第一製薬、三共製薬、藤沢薬品、山之内製薬という4社が
くっついた会社です。薬業界も大変です。)

「ゼスパート」は全薬工業という会社から出ています。

どちらとも中身が一緒なので、安い「ウインダム」がおすすめです。(笑)

さて、水虫薬と言えば、「ダマリン」「ブテナロック」「タムチンキ」「ラミシール」等が有名ですが、

今回のこの薬は、はっきりいってダントツに中身が良くなっています。
(詳しい中身はまた今度)

私の知っている人が、ずっと「ブテナロック」を使っていたのですが、
あんまり改善が見られませんでした。

その人に、「ゼスパート」を使ってもらったら、

ナ、ナント・・・1週間で、

「かなり治ってきている」

というコメントをいただきました。

そして、2週間後・・・

「もう治ったみたいだから、
つけてません」


す、すごい。
(でも、治ってないよ。笑)


それぐらい劇的でした。
だから、来る人、来る人にすすめています。


これだけだと、あんまり中身のない回になりそうなので、
知っておくと、水虫予防が簡単にできることを一つ。

水虫の菌は、白癬菌という菌です。

この菌は、感染するのに、
24時間かかるのです。


従って、菌が皮膚にいても、24時間以内にしっかり洗えば、
感染しません。
だから、不潔にしてはいけないということなんです。
(注意:しっかり洗うのが大事ということと、環境によっては早まります)

また、温泉センターのマットのように、風呂上りに触る場合は、
次回洗うまで、時間がかかるので、感染リスクが高まります。
ご注意を!

質問・疑問・感想・意見お待ちしております。

追伸:手塚先生、漫画「ブラックジャック」で水虫を治せたら
   ノーベル賞って書いていたのを私は、生涯忘れません。(笑)
posted by ソノキニ at 00:29| Comment(2) | 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。