2012年06月09日

ライオン バファリンルナi 【第2類医薬品】

こんにちは、ソノキニです。
商品紹介になります。

ライオンさんの「バファリンルナi」です。

4903301169710_7.jpg

イブプロフェン  ・・・65mg
アセトアミノフェン  ・・・65mg
無水カフェイン  ・・・40mg
乾燥水酸化アルミニウムゲル・・・35mg

これは、バファリンルナからのリニューアル商品になります。
バファリンルナがなくなって、バファリンルナiに変わるということです。

パッケージも変わりましたね。個人的には、前の方が良かった気がしますが、
パッケージ変更の本来の狙いは、飽きさせないことや商品が変わったことを
知らせることにもあるので、しょうがない部分もあります。
(優れたパッケージから変えると、相対的には悪く感じてしまう。)

ちなみにバファリンルナは、
bfluna_pic_01ルナ.jpg

  イブプロフェン   ・・・65mg
  アセトアミノフェン   ・・・65mg
  無水カフェイン   ・・・40mg
  アリルイソプロピルアセチル尿素 ・・・30mg

でした。処方の違いは、「乾燥水酸化アルミニウムゲル」と「アリルイソプロピルアセチル尿素」
になっており、

今回のリニューアルで、胃に負担が少ないことと、効き目がちょっと早くなることが期待できます。
また、眠気が出にくい処方にもなります。(イブプロフェンに眠気がという論文があるにはある。)

逆にマイナス面としては、鎮静剤がないため、痛み自体を抑える力は、弱まっているかもしれません。
脳は、痛みを感じる機関ですが、単純にここの興奮が抑えられると、感じ方を弱まるので、
鎮静剤が入っていると、特に頭痛等には、効き目が良くなります。
(興奮を抑えるから⇒眠くなる)

まとめると、今回のリニューアルでは、

  (長所)・効き目が早くなっている
      ・胃を荒らしにくい
      ・眠気が出にくい
      ・常習性が以前よりは出にくくなった

  (短所)・痛みを抑える(感じ方を)効果が弱まっている
      ・ストレス性のものの対処が弱まっている

ということが言えそうです。総じて、良い変化だとは、思いますが、
薬の商品化も、売れているものに「右へ倣え」という感じになりますので、
ちょっとつまらなくなります。

各社の特徴がなくなってくると、微妙なサジ加減の商品案内がしにくくなります。
私は痛みの強弱や、常習具合、患部の位置、服用のタイミング等々で、
それぞれに対応するものを選んでいました。

メーカーやお店など合理化がすすみ、これからどんどん差がある商品が減り、
選択の幅が少なくなるかもしれません。あまり好ましくない状況になりそうですね。

banner_02.gif

  
にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

追伸:こういった時は、大体、『聞かなくなった』というお客さんが出ます(笑)
posted by ソノキニ at 12:00| Comment(2) | 鎮痛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

ロキソニンがついに発売

過去ログを見たいということで、過去ログを右側に設置したら、
記事のアップ数の多少がわかり、すこし恥ずかしい思いをしている

ソノキニです。(前置きが長い、笑)

さて、ついに待望の新製品が出ました。それは、

ロキソニン.jpg

   「ロキソニン」です。


この薬は、病院に行って、痛み止めとして、処方されたことがある方も多いはずです。

商品名がすごく有名で、いつOTC薬になるかと、とても楽しみにしていました。
できれば、現役の時に売ってみたかったです。

え、なぜかって?

それは、効き目が良い割には、副作用が少ない薬だからです。

ヤフーでも記事になっており、コメント欄もあったので、見ていたのですが、
「あーあ、こりゃひどい」と思いました。

同じ体験をしたい変わり者のアナタはコチラ
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000000-jct-soci

インターネット上では、事実とは別に、考えや思想も出回るので、それが情報過多・混乱
に拍車をかけていると思います。
だから、事実だけでなく、考え方も伝えないといけないなぁと思いますが、
中には、面白い意見もありました。

「病院では、必ず胃薬が一緒にでるから、胃に負担のかかる鎮痛剤です」
(プライバシーの観点から、言葉はいじっています)

そういう風に考えることもできるのか?と思いました。

言っておきますが、ロキソニンは、過去の鎮痛剤と比べて、胃があれにくい鎮痛剤です。
従って、医者が金儲けの色気を出さなければ、そんなに出す必要はありません。
(当然、ロキソニンも例外なく、胃に負担はありますし、胃薬が本当に必要な人もいるでしょう)

もし、本当に必要ならば、OTC薬になることもないですし、注意書きに、
「胃が荒れやすいので、胃薬と一緒にお飲みください」とか書いてあるかもしれません(笑)

一応、知識として、知っておいてほしいのが、国はOTC薬にするときの考えの基本は、
効き目重視ではなく、副作用が出にくいかどうかを重視します。

それはそうですよね。簡単に買えるわけですから。

ですから、OTC薬に選ばれる時点で、副作用が高いことは、考えにくいです。
飲むときは、あまり楽観的でも困りますが、緊張せずに普通に飲んでください。

第一類医薬品として、発売されますので、薬剤師登録のお店でしか、購入できません。

この薬は売れそうですが、第一類というのがネックです。
薬店の店舗数は、登録販売者制度に移行してから、薬剤師登録のお店が
減っています。(経営上しょうがない部分があります)

従って、販売店舗が少ないので、それほど売れ方は大きくならないような気はします。

しかし、病院でわざわざもらっている人には、朗報ですね。便利です。

それと、服用は1回1錠で、12回分。値段は680円。
う〜ん、買いやすい(笑)

良い値段設定です。

薬の作用等は、メルマガで説明しますね。
プロドラックの利点と、ロキソニンが効く人、効かない人がわかります。

お楽しみに。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。
posted by ソノキニ at 19:48| Comment(4) | 鎮痛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。